東京ジャーミイ

まるでトルコ!『東京ジャーミイ・トルコ文化センター』で1day文化体験【まるで海外な絶景旅トルコ編】

東京都 トルコ モスク 文化体験 トルコ料理 カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

海外旅行をするのが難しい今ですが、日本国内にもまるで海外にいるかのような絶景が楽しめるスポットがあります。今回は、『東京ジャーミイ・トルコ文化センター』をご紹介。華やかなイスラムのアートがちりばめられた日本最大のモスクをはじめ、本場の食が味わえるカフェやマーケットを巡り、トルコを旅している気分になれます♪

Summary

トルコの伝統が息づくモスク『東京ジャーミイ』

東京ジャーミイ

『東京ジャーミイ』は代々木上原駅から歩いて5分程の場所にあります。開設は2000年。1938年にこの地につくられた初代モスク「東京回教礼拝堂」が老朽化により取り壊された後、モスク再建のためにトルコ全土から集まった寄付金により建設されました。

東京ジャーミイ

異国情緒あふれる建物はオスマン朝最盛期のモスクのデザインを踏襲。水とコンクリート以外の建築資材はすべてトルコから運んできたというので驚きです!多い時には100人を超えるトルコの職人が建設に従事したといいます。

東京ジャーミイ
東京ジャーミイ

1階は多目的ホールや書店などを備えた『トルコ文化センター』となっています。装飾タイルでできた暖炉が華を添えるゲストルームで、無料でふるまわれるデーツ(ナツメヤシ)の実と熱々のチャイをいただきながら、ゆったりくつろぐこともできますよ。

東京ジャーミイ

礼拝堂があるのは2階。モスクはイスラム教の礼拝所ですが、『東京ジャーミイ』は誰でも自由に見学可能。気軽にイスラム教の文化に触れられる貴重な場所です。幾何学模様の彫刻が施された美しい扉を開けて、いざ堂内へ!

一歩入れば別世界!礼拝堂は時を忘れる美しさ

東京ジャーミイ
東京ジャーミイ

陽の光を受けてきらめくステンドグラスに流麗なアラビア文字や幾何学模様、植物模様……ドーム型の天井をもつ祈りの空間は、見渡す限りため息が出るほどの美しさ。華麗でありながら荘厳な雰囲気が漂います。

東京ジャーミイ

中央に吊り下げられたシャンデリアを真下から見上げると雪の結晶の模様に。首が痛くなるまでうっとり見とれてしまいます。

東京ジャーミイ
東京ジャーミイ
東京ジャーミイ

色鮮やかなステンドグラスやコーランのアラビア文字をデザインしたカリグラフィなど、装飾は職人の手仕事によるもの。ひとつ一つに引き込まれ、時間を忘れてしまいそう。絨毯に落ちる窓の影までアートのようです。

東京ジャーミイ
東京ジャーミイ

3階には女性専用の礼拝所があります。シャンデリアやステンドグラスが目の高さに。天井も近くで見ることができて感動!

東京ジャーミイ

集団礼拝は1日5回行われ、見学が可能。礼拝では、聖地・メッカの方角に向かい、横一列になって祈りを捧げます。皮膚の色、民族、貧富、社会的地位などに関わらず、人は皆平等だという教えに基づいているのだといいます。

東京ジャーミイ

礼拝堂内を堪能したら、建物の外側のユニークな意匠にも注目を。1階入り口の脇にある水道は、動物たちに水を与えるための泉なのだとか。

東京ジャーミイ

壁の屋根に近い辺りには、「鳥の宮殿」と呼ばれる、鳥が羽を休めるための巣が全部で4つあります。これらは、すべての命を慈しみなさいという教えを表しているのだそう。そのやさしさに、心がじんわりしますね。

東京ジャーミイ

毎週土・日曜には、14時30分からガイド付きの見学ツアーが開催されています。約1時間で東京ジャーミイの歴史やアート、イスラム教のことなどを知れるとあって人気です。予約不要なので気軽に参加できますよ。

見学時のマナーをチェック

東京ジャーミイ

『東京ジャーミイ』は宗教施設。ミニスカートやノースリーブなど、肌を露出する服装はNGです。礼拝堂に入る際は、女性は髪の毛をスカーフなどで覆ってください。礼拝堂の入り口には、貸し出し用のスカーフとガウンも用意されています。また、礼拝の間は静かにし、写真撮影も控えて。礼拝をしている人の前を横切ることも禁止されているので注意してくださいね。

モスクのお隣カフェでトルコのグルメを満喫♪

トルコ文化センター
トルコ文化センター

『東京ジャーミイ』に隣接する、ひと昔前のトルコの民家を再現した建物は、トルコ文化センター別館『ユヌス・エムレ』です。トルコのさまざまな文化を学べる講座やワークショップが行われているこちらの2階に、本格的なトルコの料理とスイーツが味わえるカフェがあります。

トルコ文化センター
トルコ文化センター

2階に上がると、通路沿いに細密画やトルコの伝統楽器が展示されていて、トルコの文化にムクムク興味が湧いてきます!

トルコ文化センター
トルコ文化センター

カフェは昨年1月にオープン。肩ひじ張らないカジュアルな雰囲気です。本棚にはトルコ語の書籍がズラリ。

トルコ文化センター

「ランチプレート」1500円は、肉料理にピラフ、サラダ、スープが付きます。この日のメインは「イスケンデルケバブ」。ピデという薄いパンに肉を乗せ、トマトソースとヨーグルト、溶かしたバターをかけたトルコ料理を代表するメニューのひとつです。サラダにはザクロのドレッシングがかかっていたり、初めて出合う味にワクワク!

トルコ文化センター

デザートはすべて400円。ローズウォーターを使用したバラとチョコレートのマーブルケーキやピスタチオを練りこんだケーキなど、トルコらしいスイーツが日替わりでラインナップ。ボリュームもたっぷりです。

トルコ文化センター

こちらの「トルココーヒー」300円や「チャイ」200円は無糖なので、甘いデザートにベストマッチ。トルコらしい絵柄のカップもステキです。

『ハラールマーケット』でおみやげ探しも楽しい!

トルコ文化センター

最後に訪れたいのが、1階にある『ハラールマーケット』。イスラム教徒のための食材を扱うお店です。

トルコ文化センター

お菓子、紅茶・コーヒー、ジャム、調味料、精肉まで、幅広い品揃え。あれこれ気になるものがあり、見るだけでも楽しめます。

トルコ文化センター
トルコ文化センター

食品だけでなく、トルコの雑貨や食器、アクセサリーなども販売。女性が頭髪を覆うための「ヒジャーブ」や礼拝用マットなど、礼拝のグッズも並んでいます。

トルコ文化センター

おすすめはトルコの伝統的なお菓子「バクラヴァ」。何層にも重なった薄いパイ生地と間に挟まれたナッツ、中まで染み込んだ甘いシロップの組み合わせが病みつきになると評判です。おみやげにいかがでしょう。

まるで異国にいるような非日常感に浸れる『東京ジャーミイ・トルコ文化センター』。アートや宗教、グルメなど、トルコの多彩な文化に触れて、発見や感動がいっぱいです。皆さんも、ひとときのトルコ旅行を体験してみませんか?

【ユヌス・エムレ カフェ】
営業時間:11~18時
定休日:金曜

【ハラールマーケット】
営業時間:10~19時
定休日:無休

『日本で見つける まるで海外な絶景旅』は12月17日(金)発売です!

国内にいながら"まるで海外"に訪れたような気分が味わえる、日本全国のフォトジェニックな絶景スポットを紹介しています。全国の主な書店やネット書店で予約受付中です。

まるで海外な絶景旅

Text:城台晴美
Photo:斉藤純平

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。 ●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください