大阪みやげの王道「551HORAI」 有名豚まんのおいしさのヒミツ&本店限定商品をチェック!

大阪みやげの王道「551HORAI」 有名豚まんのおいしさのヒミツ&本店限定商品をチェック!

大阪府 おみやげ 大阪みやげ 食・グルメ 中華まん 点心
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

大阪を代表するおみやげといえば、「551HORAI(ごーごーいちほうらい)」の豚まんはマスト!関西人なら知らない人はいない「551があるとき~!」のCMで知られる豚まんは、なんと1日約17万個も売れるという看板商品。2021年9月にリニューアルし、さらにパワーアップしたなんばの「551HORAI 本店」で、豚まんの秘伝の作り方や限定商品など、数々の魅力を発見してきました!

リニューアルでさらにパワーアップした「551HORAI」発祥の地・本店へ

「551HORAI 本店」があるのは、賑やかな看板でおなじみの大阪・道頓堀に近い戎橋筋商店街。1階はテイクアウト店で、人気の豚まんや焼売(しゅうまい)のほか、焼餃子10個入340円、甘酢団子10個入350円などの中国料理、定番6種のフレーバーが揃うアイスキャンデー1本130円なども販売しています。

1階には、「551HORAI」のこだわりでもある、ライブ感たっぷりの実演コーナーが。大規模改装で窓ガラスが大きくなり、豚まんなどを包む手つきや、調理の様子がすぐそばで見えるように!熟練の手つきで次々に包まれ、蒸しあげられていく“豚まん劇場”には、思わず見とれてしまいますよ。

テイクアウトが有名な「551HORAI」ですが、本店の2・3階はモダンな中国料理のレストラン。魚介たっぷりの名物・海鮮焼そば990円、できたての豚まんや春巻など多彩な味が楽しめる、551点心セット1500円といった本格中国料理が、半個室もあるゆったりした空間で味わえます。

昭和20年(1945)の創業時と同じ場所に立つ本店。当時はカレーライスなどを販売する食堂でしたが、豚まんが誕生し、名物になったそう。

看板メニュー・豚まんのおいしさのヒミツとは?

「豚まん」2個入380円~
「豚まん」2個入380円~

こちらが約75年愛され続ける豚まん!変わらぬ製法で、職人さんが1日約17万個を1つずつ手包みし、即時販売しています。ふっくらとしてボリューム満点!

豚まんの具は豚肉と玉ねぎ、調味料のみとシンプル。甘い玉ねぎとジューシーな豚肉を、ほんのり甘みのある生地が引き立てる絶妙な味わい。たまらず何度でも食べたくなるおいしさです。
ちなみに、関西では「肉」といえば牛肉を指すため、「肉まん」ではなく「豚まん」とよぶようになったそう。

豚まんの具と生地は、自社工場で作ったものを毎日数回配送し、各店の厨房で実演販売します。店舗ではまず、生地を切り分けて発酵。最適な温度管理により、もっちりした食感が生まれるそう。

豚肉と玉ねぎ、調味料を混ぜ合わせた具がこちら。豚肉と玉ねぎは、食感を出すため大きめのダイス状にカットしています。

発酵させた生地で具を包みます。約15秒に1個のペースで美しい豚まんがどんどん生み出されていきます。早い人では、1分に8個包む達人も!

最後は、セイロで蒸しあげれば、アツアツ豚まんの完成!

現在は本店をはじめ、約60店展開していますが、すべて関西エリア。生地の発酵状態を最適に保つことや、販売当日に無添加で具材を加工することなど、鮮度を一番に重視しているので、関西でしか販売ができないのだそう。当日作りたてなのも、「551HORAI」のおいしさの理由です。

豚まん以外にも人気の商品がたくさん!本店限定メニューも

「焼売」10個入700円、6個入420円
「焼売」10個入700円、6個入420円

豚まんに次ぐ人気商品が焼売。具材は豚肉&玉ねぎで、豚まんと似ています。大ぶりでふんわり軟らかな食感ながら、豚肉と玉ねぎのうま味がみっちり詰まって食べごたえたっぷり!

「叉焼まん」2個入400円(数量限定)※販売は11時~
「叉焼まん」2個入400円(数量限定)※販売は11時~

店舗限定商品にも注目です。叉焼(チャーシュー)まんは本店のほか、2021年10月に新しくなった百貨店「阪神梅田本店」と、通信販売のみの取り扱い。じっくり焼きあげたチャーシューに椎茸、タケノコ、玉ねぎを合わせた具を、生地で手包みする手間暇かけた一品です。角切りの叉焼とあっさりめのタレがマッチ。

「あんまん」2個入360円(数量限定)
「あんまん」2個入360円(数量限定)

本店と通信販売のみでしか買えないあんまんは、丹念に炊き上げた粒餡(あん)に黒ゴマペーストと黒ゴマを混ぜ合わせた中華あんがぎっしり。黒ゴマの豊かな風味と生地のフワフワ食感がグッド。

チルド商品は日持ち5日間!

関西の百貨店や駅・空港などにも販売店があり、どこでも気軽に買えるのもうれしいポイント。新大阪駅や空港などの一部店舗では、5日持つチルドの豚まんや焼売の販売も。大阪にお出かけしたあとは、自宅で「551HORAI」の豚まんなどを思う存分ほおばって、大阪旅の余韻を噛みしめてみて。

■551HORAI 本店(ごーごーいちほうらい ほんてん)
住所:大阪府大阪市中央区難波3-6-3
TEL:06-6641-0551
営業時間:販売10時~21時30分(レストランは11時~21時30分LO、弁当は11時~21時30分)
定休日:第1・3火曜
アクセス:大阪メトロ各線なんば駅11番出口からすぐ

text:林檎林
photo:松本朋也


●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください