• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 東京都
  • 銅板手焼ホットケーキや固めのプリンに心癒される素敵なお店『珈琲日記』【ミスター黒猫の東京スイーツトレンドvol.54】
銅板手焼ホットケーキや固めのプリンに心癒される素敵なお店『珈琲日記』【ミスター黒猫の東京スイーツトレンドvol.54】

銅板手焼ホットケーキや固めのプリンに心癒される素敵なお店『珈琲日記』【ミスター黒猫の東京スイーツトレンドvol.54】

東京都 食・グルメ カフェ スイーツ ホットケーキ ティラミス
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1,000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、毎回スイーツが美味しい素敵なお店を紹介しています。今回ご紹介するのは、2021年6月にオープンした『珈琲日記』です。

Summary

素敵なスタッフが作り出す居心地のよいお店

四谷三丁目駅から徒歩7分ほどに、新しくオープンしたカフェ『珈琲日記』。
新オープンとは言っても『珈琲日記』は今まで表参道、代官山、神楽坂など、お店の拡大とともに移転してきました。
今度の店舗は、趣ある雰囲気で歴史あるフレンチやイタリアンの高級店のような佇まい。
懐かしい、以前の看板も掲げられていて嬉しくなります。

店内は、広くゆったりとした贅沢な空間。
現在お店はwebでの予約席とフリー席があるので、行列が出来にくく(人気のお店で以前の店舗は行列店でした)ありがたい。

自家焙煎の珈琲豆やスコーンなどの焼き菓子も大人気。
平日は予約なしでテイクアウトのみでもOKです。

ひげのマスターことオーナーの小林さん夫妻(写真中央と右隣)とスタッフの皆さん。
一度『珈琲日記』を訪れるとファンになり、リピーターになる方が多い魅力あるお店。
黒猫もそのひとりですが、理由としては自家焙煎豆を使った珈琲や、このあと紹介するスイーツが美味しいだけでなく、スタッフの方の力が大きい気がします。
マスターはもちろん、スタッフ皆さんが『珈琲日記』を愛し、お客様を大事にしていると毎回思っていました。
よく某人気テーマパークのキャストのように素敵な接客だと言われるそうですが納得です。

こだわりのホットケーキとプリン

お店の看板メニューのひとつが「珈琲屋さんのホットケーキ」。
マスターが「珈琲日記」の前に営まれていたお店から提供していた30年以上の歴史あるメニュー。
まずオーダーを受けてから、粉とこだわりの「那須御養卵」の赤玉をシャカシャカと混ぜます。
歴史あるメニューですが、こういった使う卵や配合は常に美味しくするために進化しているそうです。

シャカシャカした生地を銅板で丁寧に焼き上げていきます。
焼きながら途中で、有塩バターを表面に塗っていきます。この塩気で味わう時にウマウマが倍増するにゃー♪
カウンター席に座れば、銅板で焼いているのを見られてテンションMAXひゃっほー!

珈琲屋さんのホットケーキ 1枚焼き600円、2枚焼き1100円
珈琲屋さんのホットケーキ 1枚焼き600円、2枚焼き1100円

ホイップバターと、カナダのケベック州産のメープルシロップが添えられます。

2枚重ねて必殺!黒猫カッターで“ぱっかーん!”。
銅板で焼き上げた生地は、外サクッと中ふっくらでペロリの美味しさ。
このホットケーキは、ぜひ味わって欲しいにゃー♪

和三盆焼きプリン 770円
和三盆焼きプリン 770円

ホットケーキと同じくこだわりの「那須御養卵」と「和三盆糖」を使った贅沢なプリン。
エッジの効いた黒猫好みの固めのプリンは、ビジュアルも美しく人気のメニュー。
固めなのに滑らかな口どけのプリンと、ほろ苦カラメルが絡まり悶絶級の美味しさです。

すごいのは、カラメルも「和三盆糖」を使っていること。
普通の砂糖で作るよりも、タイミングが格段に難しいので、すべてにこだわる『珈琲日記』のレベルの高さを感じます。

シーズナルメニューも大人気!

珈琲日記のティラミス 1100円
珈琲日記のティラミス 1100円

マスターはティラミスの苦さ、べしゃべしゃとした感じが苦手なので、ティラミスを作ってみたと言う一見訳わからない期間限定メニュー(笑)。ティラミスの苦さを抑えるために、チョコレート感が強いココアパウダーを使ったとのこと。
なので、ティラミス好きはもちろんですが、ティラミス嫌いにも大人気になりました。
こちらのメニューは期間限定で、2021年11月末くらいまでの予定です(正確な時期はお店のSNSを随時確認してください)。
またweb予約時にあわせて予約が必要です。

こちらも必殺!黒猫カッターで“ぱっかーん!”。
するとこのティラミスの奥深さに驚愕。
オレンジ珈琲シロップが染みたチョコスポンジの間に、珈琲で炊いた粒あん生クリームをサンド。
上に乗るティラミスクリームの中には、珈琲ゼリーが入っています。
これらがすべてバラバラにならず、一体感ある滑らかな美味しさで絶品!
ぜひ販売期間中に一度味わってみてにゃー♪

ティラミスが終わり、2021年12月はじめぐらいからは「フルーツサンド」も始まります。
こちらは2021年8月頃までも提供していた人気の期間限定メニューで、またスタートすると大人気になりそうです。

趣ある店内、素敵なスタッフ、こだわりの美味しいスイーツ。
ぜひ一度訪れて、最高の時間を過ごしてくださいね。
あなたもきっと『珈琲日記』のファンになりますよ♪

■珈琲日記(こーひーにっき)
住所:東京都新宿区若葉2-7-1 ビデオフォーカスビル1階
TEL:03-5357-7238
※感染症対策のため、2021年11月現在、ご来店の際は、以下の4つのルールをお願いしています。
(1)ドレスコードはマスク着用(2)一組2名様まで
(3)90分制(4)小学生以下のお子様は入店不可


●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください