• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 東京都
  • 「福生ベースサイドストリート」でアメリカ旅行気分♪インスタ映えアメリカンハウスに本場のハンバーガー&アンティーク雑貨探し&レトロカフェなど!【まるで海外な絶景旅 アメリカ編】
「福生ベースサイドストリート」でアメリカ旅行気分♪インスタ映えアメリカンハウスに本場のハンバーガー&アンティーク雑貨探し&レトロカフェなど!【まるで海外な絶景旅 アメリカ編】

「福生ベースサイドストリート」でアメリカ旅行気分♪インスタ映えアメリカンハウスに本場のハンバーガー&アンティーク雑貨探し&レトロカフェなど!【まるで海外な絶景旅 アメリカ編】

東京都 カフェ 雑貨 ハンバーガー フォトジェニック まるで海外
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東京都福生市にある「福生ベースサイドストリート」。その名の通り、アメリカ空軍基地である横田基地沿いの国道16号にある商店街で、アンティークショップ、雑貨店、古着店、カフェ、レストランなど、アメリカンテイストの店が並びます。今回は、そんな「福生ベースサイドストリート」にあるおすすめスポットをご紹介します。

Summary

アメリカンな雰囲気漂うストリート

福生ベースサイドストリート
福生ベースサイドストリート

近隣の住民がアメリカ軍関係者を相手に店をオープンしたのが「福生ベースサイドストリート」の始まりです。約1km続く商店街には150店ほどの店が並び、なかには英字の看板も。英語メニューがあったり、ドルで支払いができる店もあるなど、まさにアメリカですね!

米軍ハウスがコミュニティスペースに!「福生アメリカンハウス」

福生アメリカンハウス
福生アメリカンハウス

1950年代からに在日米軍軍人とその家族のために建てられた一戸建て住宅・米軍ハウス。米軍が設計、日本の大工が建築した和洋折衷の建物は、平屋造りで当時の日本家屋よりも天井が10cmほど高いのが特徴。軍人の階級によって広さが異なり、さまざまな間取りがあったといいます。
最盛期には2000棟もの家が建てられましたが、1970年代に米兵が基地内に移り住むようになると、ミュージシャンやアーティストが住むように。そこから新たなカルチャーが生まれるようになりました。

福生アメリカンハウス
福生アメリカンハウス

今では150棟ほどになってしまった米軍ハウスをコミュニティスペースとして一般開放したのが「福生アメリカンハウス」です。3LDKの室内は、建てられた50年代の雰囲気が再現され、当時のキッチン、リビングルームの雰囲気を楽しむことができます。また、常に横田基地のラジオAFN Tokyoが流れているので、さらにアメリカ気分を盛り上げてくれますよ。

福生アメリカンハウス
福生アメリカンハウス

室内に置かれた家具や雑貨はどれも「福生ベースサイドストリート」にあるショップのもの。キッチンはミッドセンチュリーで統一され、とてもポップな印象です。クリスマスやハロウィンなどのイベント時にはきれいに飾り付けがされるので、季節ごとに訪れるのもいいですね。

福生アメリカンハウス

庭には自由の女神の像が置かれているので、こちらのチェックもお忘れなく。バスケットゴールやBBQグリルなども置かれているので、ここでもアメリカの家庭の雰囲気を感じてみてください。

■福生アメリカンハウス
住所:東京都福生市福生2476-1福生G-14
電話番号:042-513-0432
料金:入場無料
営業時間:11~17時
定休日:月〜木曜(祝日の場合は開館)
アクセス:JR牛浜駅から徒歩10分

50年代のレトロアメリカなカフェ「The MINT MOTEL」

The MINT MOTEL
The MINT MOTEL

モーテルとは「モーターホテル」の略で、自動車で旅行をする人向けのセルフサービスを基本とするホテルのこと。2019年にオープンした「The MINT MOTEL」は、そんなアメリカのモーテルの食堂を再現。1950年代のアメリカの家具でまとめられた店内で、ワッフルやシリアルなど、アメリカの定番朝食が一日中いただけます。ソーセージやベーコンはアメリカから直輸入。その本格的な味にアメリカ人のファンも多いそうです。

The MINT MOTEL
クリームソーダ(メロン)660円、カップケーキ(ミルクシェイク)528円
The MINT MOTEL
カップケーキ(アメリカンフラッグ)各550円

おいしくてかわいいとカップケーキも人気のメニュー。北海道産バターをたっぷり使ったバタークリームをのせたカップケーキは、ミルクシェイクやアメリカンフラッグといった定番のほかに毎月替わるメニューもあります。どれもカラフルで3種類のフレーバーがあるクリームソーダ(メロン、ストロベリー、ブルーハワイ)と合わせると、さらにフォトジェニックになりますよ。

■The MINT MOTEL
住所:東京都福生市福生2477
電話番号:042-513-3317
営業時間:10~17時(土・日曜、祝日は〜18:00)
定休日:無休
アクセス:JR牛浜駅から徒歩10分

アメリカ雑貨を探すならこちら!「BIG MAMA」

BIG MAMA
BIG MAMA
1940〜70年代の雑誌『LIFE』の広告は人気のアイテム各1000円。ヴィンテージのコカコーラの木箱1万6800円なども売っている

大きなコカコーラが目印の「BIG MAMA」には、アメリカ雑貨を中心に数々のアイテムが所狭しと並びます。年に3回、西海岸、中西部、東海岸とアメリカを回って買い付けてくるアイテムは、1950〜60年代の “これぞアメリカ”というデザイン。良質の素材を使っていること、凝った作りをしていることもセレクトのポイントだそう。

BIG MAMA
パイレックスのプレート3080円や花柄のボウル6380円など、1950〜70年代のキッチングッズが並ぶ
BIG MAMA
ファニーフェイスがかわいいベイリーズのカップ4370円
BIG MAMA
パーティーのチケットなどに使えるクーポン250円(S)、550円(L)など紙製品も
BIG MAMA
iPod、スマートフォン用スピーカー各1万7380円(大)、1万5180円(小)はオリジナルデザイン

家具から小物まで1000以上もあるアイテムは、かわいらしいもの、メンズライクのもの、3点1000円と手に取りやすいものからヴィンテージの高価な一点もものまでさまざま。デザインも価格帯もバランスよく取り揃えているので、どんな年代でもきっとお気に入りのものが見つかるはずです。

■BIG MAMA
住所:東京都福生市福生二宮2485-1
電話番号:042-513-7897
営業時間:11~17時(土・日曜、祝日は〜18:00)
定休日:木曜
アクセス:JR牛浜駅から徒歩10分

映画に登場しそうなアメリカンダイナー「デモデダイナー 福生店」

デモデダイナー 福生店
デモデダイナー 福生店

チェックのフロアやボックスシート、ダイナーチェアなど、1950~60年代のアメリカンダイナーをイメージした「デモデダイナー 福生店」。メインメニューはハンバーガー。ランチは17種類、ディナーは18種類から選ぶことができます。

デモデダイナー 福生店
人気のアボカドチーズバーガー1750円
デモデダイナー 福生店
7アップ(上)、ルートビア(下)各450円

パテに使用する肉は店でミンチにするというこだわりよう。コショウを効かせた粗挽き肉のパテは歯応えと肉肉しさが特徴で、ふんわりとやわらかいバンズと合わせるとおいしさを引き立ちます。アメリカンブランドのソフトドリンクと一緒に召し上がれ。

■デモデダイナー 福生店
住所:東京都福生市熊川1121
電話番号:042-530-6614
営業時間:11時30分~21時30分(金〜日曜、祝日は〜22時)
定休日:無休
アクセス:JR牛浜駅から徒歩13分

そのアメリカンな雰囲気に、歩いているだけでも楽しい「福生ベースサイドストリート」。歴史を学べるスポット、本場さながらの味やこだわりの雑貨に触れるとより深く東京にあるアメリカを感じることができますよ。

『日本で見つける まるで海外な絶景旅』発売中!

国内にいながら"まるで海外"を訪れたような気分が味わえる、日本全国のフォトジェニックな絶景スポットを紹介しています。全国の主な書店やネット書店で発売中です。

まるで海外な絶景旅

Text:河部紀子(editorial team Flone)
Photo:斉藤純平

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください