【箱根・小田原】どこに行けばいい?迷う人必見!箱根・小田原満喫スポット7選

【箱根・小田原】どこに行けばいい?迷う人必見!箱根・小田原満喫スポット7選

るるぶ情報版(国内)編集部 るるぶ情報版(国内)編集部
箱根ランチ 日帰り温泉 美術館 ミュージアム ミュージアムカフェ カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

箱根といえば一大温泉郷であり、観光地としても大人気のエリア。華やかな最旬スポットもたくさんありますが、そこまでミーハーでなくとも箱根や小田原っぽさは堪能したい。そんな人におすすめしたい施設や体験を7つご紹介します!

Sammary

【仙石原】自然に囲まれた庭園で優雅にヴェネチアン・グラスを堪能『箱根ガラスの森美術館』

正面は大涌谷。庭園にはなんと、16万粒のクリスタルガラスを使ったアーチも
正面は大涌谷。まるでヨーロッパ貴族の館のよう!
2021年に開館25周年を迎えた日本初!のヴェネチアン・グラス専門美術館です。大涌谷を望む庭園には四季折々の花が咲き、クリスタルガラスのオブジェが並ぶ光景は圧巻です。ミュージアム・ショップでは5000種類・10万点のアクセサリーやガラス製品が揃うので、お土産選びも楽しめますよ。カフェレストランでは、旬食材を使ったイタリア料理や特製スイーツを味わうことができます。
 
◆箱根ガラスの森美術館
TEL:0460-86-3111
住所:箱根町仙石原940-48
時間:10~17時30分(最終入館17時)
休み:毎年1月の成人の日の翌日から11日間
料金:入館料 大人1,800円、大高生1,300円、小中生600円


【箱根湯本】オリジナルの燻製チップと独自の冷燻製法で作った『燻製工房 然』

袋から取り出してお皿に並べるだけで、上質なオードブルが出現!
袋から取り出してお皿に並べるだけで、上質なオードブルが出現!
オリジナルの燻製チップを使い、20度以下の燻煙でじっくりいぶした、香り豊かでしっとりした燻製のお店。小田原や沼津など近隣の港で獲れた魚介を中心に、小田原かまぼこや半熟卵、さらにオリーブオイルや醤油の燻製など、多彩なラインナップが揃っています。

◆燻製工房 然
TEL:0460-85-5110
住所:箱根町湯本71-5
営業:11時~17時(季節により異なる場合がある)
休み:不定休


【箱根湯本】日帰りで楽しめる和の温泉庭園!『湯遊び処 箱根の湯』

2つの自家源泉を持ち、豊富な湯量が自慢の温泉です
2つの自家源泉を持ち、豊富な湯量が自慢の温泉です
庭園風の大浴場には、打たせ湯や寝湯以外にも多彩なお風呂が揃います。通常の休憩ルーム以外に、レンタル料のみで何人でも入室OKの有料個室なら、友達同士でゆっくりできそう。ワンちゃん専用のひょうたん露天風呂や、ワンちゃんと一緒に休憩できる個室もありますよ(要予約)。

◆湯遊び処 箱根の湯
TEL:0460-85-8080
住所:箱根町湯本茶屋100-1
時間:10~22時(最終受付21時)
休み:不定休
料金:大人(中学生以上)1,100円、小人(4歳以上小学生以下)550円


【箱根湯本】人力車で箱根湯本を観光案内してもらいましょ!『人力車 海風屋』

10分3000円のお試しコースもあります!
10分3000円のお試しコースもあります!
道中は明るく元気な俥夫さんとの会話も楽しいですよ。早川沿いの小道を通り、四季を散策する早川コース、川沿い+古い温泉街を散策する湯場コース、早川・湯場コース+玉簾の滝を散策する玉簾コースなどがあります。

◆人力車 海風屋
TEL:090-3930-1895
時間:9~17時(あじさい橋で待機)※時間外は要予約
料金:早川コース(20分)4,000円、湯場コース(40分)8,000円、玉簾コース(60分)1万1,000円(いずれも2名様)


【仙石原】フランス風の街並みと庭園広がる『星の王子さまミュージアム』

作者が幼少期を過ごしたサン=モーリス・ド・レマンス城も再現
作者が幼少期を過ごしたサン₌モーリス・ド・レマンス城も再現

個性豊かなミュージアムが点在する、箱根きってのアートなエリア仙石原にある『星の王子さまミュージアム』。童話「星の王子さま」の作者サン=テグジュペリの生涯をたどりながら、物語の世界観にどっぷり浸かることができるミュージアムです。

◆星の王子さまミュージアム
TEL:0460-86-3700
住所:箱根町仙石原909
時間:10時~18時(最終入園17時)
休み:第2水曜(3月と8月は無休)
料金:大人1,600円、小中学生700円、高校生・大学生・専門学校生など(要学生証提示)1,100円、65歳以上1,100円、未就学児は無料


【小田原】老舗あぶらあげ店の至高のいなりずし『いなり寿司 相模屋 ミナカ小田原店』

かんぴょう巻きといなりにガリ昆布が添えられた助六(0,000円)
かんぴょう巻きといなりにガリ昆布が添えられた助六(0,000円)
2021年にオープンしたミナカ小田原内にあるお店。創業明治2年の老舗あぶらあげ卸専門店が満を持して2020年暮れに開業。すっきりした上品な甘さが特徴のあぶらあげが絶品と人気を集めています。助六、いなりともに売り切れ必至なので早めの購入がおすすめ。


◆いなり寿司 相模屋
TEL:0465-20-4620
住所:小田原市栄町1-1-15
営業:10時~18時(売り切れ次第終了)
休み:ミナカ小田原に準ずる


【箱根湯本】変わらぬ味の箱根銘菓“湯もち”『ちもと 滝通り本店』

竹皮の包装の中から姿を現す“湯もち”
竹皮の包装の中から姿を現す“湯もち”
箱根湯本で約70年の歴史ある和菓子舗。看板商品の“湯もち”は白玉粉を練った餅の中に、地元早川の岩石になぞらえた本練り羊羹を切り入れ、柚子の香りを含ませたもの。箱根八里の馬子衆の鈴をかたどった最中「八里」なども可愛らしくて人気があります。

◆ちもと 滝通り本店
TEL:0460-85-5632
住所:箱根町湯本509
営業:9時~16時
休み:元日ほか年数日程度
料金:湯もち260円(1個)、わらび餅1200円(4個入り)ほか


今回は、派手さはなくとも箱根や小田原っぽさを十分に堪能できる施設や体験を7つご紹介しました。色々ありすぎて、どこに行くか迷ったときはぜひ思い出してくださいね。

『るるぶFREE 箱根・小田原 ロマンスカー』は小田急線全駅、小田急グループホテル、小田急グループ商業施設などに設置されています。また旅の本棚から全ページ試し読みOKです。箱根・小田原に行く際の参考にしてみてくださいね。
●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●この記事は『るるぶFREE 箱根・小田原 ロマンスカー21-22冬春』に掲載した記事をもとに作成しています。

Sponsored:デイリー・インフォメーション東京

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください