大阪スパイスカレーの名店4選!大阪のホットな新定番を召し上がれ

大阪スパイスカレーの名店4選!大阪のホットな新定番を召し上がれ

るるぶ&more.編集部 スパイス カレー キーマカレー チキンカレー ランチ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

大阪は、全国に広まっているスパイスカレーブームの総本山。ファンがこぞって訪れる名店があちこちに点在しています。その中で特におすすめしたい4つの名店を、関西在住『るるぶ&more.』編集部きってのカレー好きライターがピックアップしました!

Summary

まず、「大阪スパイスカレー」って?

知らない人向けに、まずは簡単な説明を。スパイスカレーにはっきりとした定義はありませんが、共通点は「多彩なスパイスや食材を駆使した、店ごとにオリジナルな創作カレー」であること。スパイスのブレンドにこだわったり、海外テイストにしたり、和だしを合わせたり…。一般的な欧風カレーにとらわれないフリーダムな発想のスパイスカレー専門店が、近年日本各地で増加しているんです。

そんなスパイスカレーブームがイチ早く巻き起こった大阪は、いわば「聖地」ともいえる場所。今回は、大阪のスパイスカレー好きなら誰もが知っている4店をピックアップしてみました。

名店①大阪駅で名店の味を気軽に!「旧ヤム鐵道」(梅田)

あいがけカレー(2種) 1012円 ※カレーは月替わり
あいがけカレー(2種) 1045円 ※カレーは月替わり

まず紹介するのは「旧ヤム鐵道(きゅうやむてつどう)」。大阪市内を拠点に、小麦粉を一切使わない薬膳カレーを提供する「旧ヤム」グループの支店です。「旧ヤム鐵道」では、旬の野菜や魚介、肉類などの具材を大胆に使った月替わりのカレーが常時4種スタンバイ。一皿に2種以上のルゥを盛り付ける“あいがけ”のスタイルでいただくことができます。

大ぶりな具材がゴロゴロと入ったカレーそのものの味を楽しんだら、別添えのルゥポッドに入ったヤムカレーの出番です。ヤムカレーは和だしがベースのカレースープ。カレーにかけると味に奥ゆきとスパイスの風味をプラスしてくれるので、味変させながら最後までペロリと食べることができます。
ショッピングビル・ルクア大阪地下2階の飲食ゾーン「バルチカ」にあり、JR大阪駅の中央口改札からは徒歩1~2分程度。観光で大阪に来た人でも、楽にアクセスすることができます。下北沢や鎌倉など、近年は関東にも勢力を広げている「旧ヤム」グループの味を体験するなら「旧ヤム鐵道」がうってつけですよ!

■旧ヤム鐵道(きゅうやむてつどう)

住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア大阪地下2階バルチカ内
TEL:06-6151-1544
営業時間:11~23時
定休日:ルクア大阪に準ずる

名店②完成度抜群なブームの火付け役「コロンビア8」(北浜)

キーマカレー 900円(グレープフルーツジュース付き)
キーマカレー 900円(グレープフルーツジュース付き)

2008年オープンの「コロンビア8」は、大阪にスパイスカレーを広めた有名店。看板メニューのキーマカレーは、大阪のスパイスカレーで初めて『ミシュランガイド』のビブグルマンに選ばれた逸品です。
ルゥを盛り付けた後にも仕上げのスパイスが振りかけられ、香りも味もかなり刺激的!塩漬けインゲンやレーズンをアクセントに、一口ごとに微妙に異なる味を楽しめます。

ピクルスの上に飾り付けたシシトウの素揚げもこのカレーに欠かせません。シシトウの苦味が、口の中の辛味をマイルドにしてくれるんです。「右手にスプーン、左手にシシトウ」という合言葉の通り、カレーとシシトウを交互に食べましょう。
シンプルな見た目ながら、辛味を中心に一皿でさまざまな味覚が楽しめる「コロンビア8」のキーマカレー。美食として評価されるのも納得の、完成されたおいしさです!

北浜エリアに立つ本店は、カウンターのみの小ぢんまりとした店。ランチタイムはいつも行列が絶えませんが、北新地をはじめ大阪市内に3つの支店があるので、行きやすい店舗を訪れてみては?

■Columbia8 北浜本店(ころんびあえいと きたはまほんてん)
住所:大阪府大阪市中央区道修町1-3-3エビス道修町ビル2階
TEL:06-6203-7788
営業時間:11~15時
定休日:土・日曜、祝日

名店③副菜たっぷりのミクスチャー系「大陸」(福島)

大陸カレー 1100円
大陸カレー 1100円

カレー自体のおいしさはもちろん、副菜とのペアリングもスパイスカレーを食べる時の楽しみの一つ。「スパイスカリー 大陸」の看板メニュー「大陸カレー」は、まさにカレーと副菜の組み合わせが楽しめる代表的なスパイスカレーです。
中央のスパイシーキーマカレー、濃い茶色のトマトチキンバターカレー(写真右)、明るめな鰹節とひよこ豆のスリランカカレーと、スパイス度高めなカレー3種をあいがけ。その上には9種もの副菜がトッピングされ、鮮やかなビジュアルも人気の理由です。

トッピングのクスクス
トッピングのクスクス

副菜はパクチーやえびせんべいといったおなじみの食べ物もあれば、クスクス(小麦をツブツブに固めた“世界最小のパスタ”)など珍しい品も。世界中を旅した店主が旅の先々で出会った、各国の郷土料理が一皿にまとめられています。
辛口のカレーをマイルドにしたり、食感にアクセントを付けたり。いろんな組み合わせを楽しみながら、最後まで飽きずに完食できますよ!

福島エリアの路地裏に立つ「スパイスカリー 大陸」。趣ある町家をリノベーションした店舗は、カフェやゲストハウスとしても営業しています。カレーとドリンクセットは100円引きなので、カレーを食べた後はドリップコーヒーや自家製のチャイでほっと一息つくのもおすすめです。

スパイスカリー 大陸(すぱいすかりー たいりく)
住所:大阪府大阪市福島区福島2-9-23
TEL:06-7508-1508
営業時間:11~21時LO ※なくなり次第終了
定休日:不定休

名店④アジアンテイストの王道カレー「ボタ」(心斎橋)

夜の日替わり2種がけプレート 1200円(昼は1000円~で内容が異なる)
夜の日替わり2種がけプレート 1200円(昼は1000円~で内容が異なる)

創業約20年の「カフェ&カレー Buttah(ボタ)」では、インドカレーやタイカレーをベースにしたスパイスカレーが食べられます。定番のキーマカレー(写真右)はスパイスの辛味とひき肉の旨みでガツンと力強い味わい!バターのリッチなコクを利かせたバターチキンカレーとのコンビが人気です。
スパイス&ハーブが香るピクルスや、レンズ豆やムング豆の甘みを生かしたダルカレーなど、インドテイストの強い副菜も食べごたえあり。バランスの取れたカレープレートは、まさに王道的なおいしさです!

ナス入りキーマカレー 930円
ナス入りキーマカレー 930円

「ナス入りキーマカレー」も大人気のメニュー。辛くて旨いキーマカレーと、ジューシーで甘い揚げナスは相性バツグン!
ほかにエビトマトカレーやベジタブルタイカレーなど、8種前後のカレーを日替わりでラインナップ。どのカレーも食欲をそそります。

飲み屋が集まり夜も賑やかな東心斎橋に佇む「カフェ&カレー ボタ」。カレンダーをはじめカレーにちなんださまざまなアイテムを手掛けており、大阪のスパイスカレーカルチャーを発信する店としても親しまれています。レトロな長屋をいかした店内も居心地バツグンですよ!

■カフェ&カリー Buttah(かふぇあんどかりー ぼた)
住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-8-20
TEL:06-6241-5273
営業時間:12時~15時30分LO、18~22時LO
定休日:不定休

Text:小倉山とーすと
Photo:沖本明、酒井羊一、小倉山とーすと

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください