【静岡・熱海】フォトジェニックな相模湾の絶景と梅園も楽しめる「MOA美術館」で、⼼を豊かにするひとときを

【静岡・熱海】フォトジェニックな相模湾の絶景と梅園も楽しめる「MOA美術館」で、⼼を豊かにするひとときを

おでかけ 美術館 絶景 静岡県 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

静岡県熱海市は温泉やビーチ、レトロな街並みで人気。そんな熱海市の小高い丘の上にある「MOA美術館」では、美しく価値の高い芸術作品はもちろんのこと、相模湾を見下ろす展望、時期によって咲き誇る花々など、四季の魅力が盛りだくさん。心が豊かになるひとときを過ごすことができます。

Summary

圧巻のフォトジェニック!時間をかけて館内散策

「瑞雲郷」と呼ばれる広大な敷地内に建てられた「MOA(エムオーエー)美術館」は、創立者である岡田茂吉氏が収集したコレクションを展示しています。美術館までのアクセスは、熱海駅から「MOA美術館行き」バスで7分。市内に滞在して、少し足を伸ばすのにぴったりの距離です。

バスの発着は美術館入口の目の前。自家用車の駐車場は3階にあります。

入口付近には、使用後にコインが返却されるコインロッカーも完備。大きな旅の荷物を持っていても安心ですね。

入口から入館したら、約200m続くエスカレーター通路を通って2階の展示エリアへ。40年の歴史をまるで感じさせない、近未来的なデザインです。

照明の色が緩やかに変化する様子を眺めつつ、ワクワクしながら上って行くと、「円形ホール」が見えてきました。入口からわずか数百メートルで、好奇心をグワッと鷲掴みにされるよう。

少しずつ天井が見えてくると、さらにワクワク感が加速します。

円形ホールの天井に投影されているのは、7つのプロジェクターを使っているという万華鏡。10〜20年に一度しか同じ柄を見ることはできないそう。一瞬一瞬を、目に焼き付けたい!
来場した皆さんも、足を止めて天井で繰り広げられる幻想的な景色に見入っている様子でした。

相模灘を見下ろすシチュエーションで、美しい芸術の数々に触れる

長い長いトンネルのようなエスカレーターを抜けたら、20世紀イギリスを代表する彫刻家「ヘンリー・ムーア」の「王と王妃」のブロンズ像がある広場へと出ます。

「王と王妃」が見つめる視線の先に、何が見えるのかというと…。

左手に房総半島・三浦半島、中央に初島、奥に伊豆大島までを見渡す、相模灘の絶景が広がっていました!

3月下旬からは桜の季節。海抜250mの展望台の前に立ち並ぶソメイヨシノが、相模灘をバックに咲き誇ります。また、広場の芝生は4月中旬ぐらいから青みを増し、静かで力強い冬の雰囲気とはガラッと変わった表情を見せるそう。

「海が素敵に見える美術館を作りたかった」という創立者・岡田茂吉氏の想いをしっかりと受け取ったあとは、2階の入口から館内へ。重厚な漆黒と深紅が印象的な漆の扉は、高さ4m。桃山時代に流行した「片身替(かたみがわり)」と呼ばれるデザインをイメージしているそうです。

メインロビーにも絶景が広がっています。大きな窓の前に置かれた、光学ガラスを用いたベンチは、現代美術作家・杉本博司さんが手がけたもの。

MOA美術館に展示される作品は、約1ヵ月半のペースで入れ替わります。ゆったりと景色を楽しんだあとに、各展示室を訪れてみてください。展示室奥にある能楽堂では、コンサートやイベントも定期的に開催されていますよ。

メインロビーから階段で1階に降りて、カフェやショップ、パティスリーや茶室に行ってみましょう。

抹茶に洋菓子、魅惑の甘味処の梅園も見どころ!

敷地内の竹林へ散策する通路を横目に、館内から「茶の庭」へ移動します。雰囲気がまた変わり、まるで小京都のような空気感に!

抹茶と和菓子720円
抹茶と和菓子720円

「茶の庭」では、本格的な抹茶と和菓子がいただけます。少し肌寒い季節ではありますが、お外の席で水の音や鳥の囀りに耳を傾けながら、お茶と和菓子を楽しみました。

1月中旬からちらほらと開花をはじめる梅は、満開になるととても華やか。熱海市の梅というと熱海梅園が有名ですが、MOA美術館の下にある「瑞雲郷」の梅園も一見の価値あり!香りが良い梅を選んでいるそうで、目だけでなく、その香りも楽しむことができます。

4月には桜が、5月にはツツジが咲き誇る瑞雲峡。花と海と、芸術と。なんとも充実した時間と空気を堪能することができます。

ベルナール800円
ベルナール800円

MOA美術館に訪れた人のみ利用ができる「La Pâtisserie du musée par Toshi Yoroizuka」は、パティシエ・鎧塚俊彦さんが手がけたパティスリー。
人気のケーキ「ベルナール」は、幾重もの断面が美しい、濃厚で繊細なピスタチオのムースケーキです。神奈川で作られた柑橘・湘南ゴールド香るセイロンティー「一夜城」との相性が、抜群!一口ごとの幸せを噛みしめました。

丁寧に手が掛けられた華やかなケーキに、どれにしようかと目移りしちゃうのも楽しみの一つですね。人間国宝・室瀬和美さんがプロデュースした食器にも注目です。

鎧塚さんが監修したMOA美術館オリジナルの「ショコラパウンド(1850円)」や、2022年の新作アイテム「ボンボンショコラ」などをおみやげに。

帰る前に、館内のショップも覗いてみましょう。MOA美術館オリジナル商品をはじめ、人間国宝の職人の方の作品が購入できたり、マスキングテープやブローチ、陶器の排水口カバーなどのカジュアルなグッズも並べられています。

有田焼排水口カバー各1320円
有田焼排水口カバー各1320円

2022年に開館40周年を迎えるMOA美術館では、現在さまざまな展示が企画されています。芸術に精通していなくても、感覚的に「美しさ」を捉え、心が豊かになる時間を与えてくれるMOA美術館。季節の花咲く絶好の時期に、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

■MOA美術館
住所:静岡県熱海市桃山町26-2
TEL:0557-84-2567
営業時間:9時30分〜16時30分(最終入館16時)、茶の庭は10時30分~16時(LO)、La Pâtisserie du musée par Toshi Yoroizukaは11~16時(LO15時30分)
定休日:木曜

Text:横畠花歩
Photo:森島吉直(しずおかオンライン)

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください