CRAFT BEER BASE MOTHER TREE

【大阪・梅田】パブ・醸造所・販売店が1つになった「CRAFT BEER BASE MOTHER TREE」でクラフトビールを味わい尽くす

大阪府 食・グルメ ビール クラフトビール 世界のビール お酒
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

梅田スカイビルからほど近い大阪市北区大淀に、クラフトビールのワンストップショップである「CRAFT BEER BASE MOTHER TREE(クラフト ビア ベース マザー ツリー)」が、2021年10月にグランドオープンしました。ビアパブ、醸造所、ビアショップが1店舗にまとまる、世界的にも珍しいお店です。オリジナルクラフトビールだけでなく、国内外のさまざまなクラフトビールも飲めるので、ビギナーにもぴったり!

Summary

クラフトビールが飲める・知れる!「CRAFT BEER BASE MOTHER TREE」

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE

「CRAFT BEER BASE MOTHER TREE」は、JR大阪駅から徒歩10分の場所に位置します。オリジナルクラフトビールの醸造所、樽生を味わえるパブ、そして国内外のクラフトビールが数多く並ぶボトルショップが入る、クラフトビールの専門店です。

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE

「数が多いし、何を飲んだらいいの変わらない」という人でも、専門知識が豊富なスタッフが基本から丁寧に教えてくれます。2022年3月からは、クラフトビールについてのセミナーを行うスペースが店舗2階に開設予定。
店内はカウンター席とテーブル席、そしてスタンディング席があるので、気分やシーンに合わせて選べます。テーブル席からは、クラフトビールの醸造所がガラス越しに見られるのもポイント。

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE

醸造タンクの数は現在5機ですが、2022年春以降はさらに増設され、よりたくさんのオリジナルクラフトビールが作られるようになるそう。ビールの味を審査する能力を認める資格・ビアジャッジを所有しているスタッフが数名常駐しており、質の高いクラフトビールを醸造できます。

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE

樽生で味わえるクラフトビールは、最大15種類。その内、自社で醸造するオリジナルクラフトビールは4、5種類。売り切れる場合もあるので、その日のラインナップは公式サイトをチェックしましょう。毎週水曜日は自家製ビールのリリース日で、出来たてのビールに出合えるチャンスです。
樽生はパイント(473mL)とハーフ(284mL)の2つのサイズから選べ、価格はクラフトビールの種類によって変わります。専用の容器(対炭酸仕様の水筒)を持参すればテイクアウトも可能。

個性あふれる3つのシリーズのオリジナルクラフトビールを楽しもう

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE

店内醸造のクラフトビールは、3つのシリーズがあります。
1つ目は、"この町に最も浸透しやすい味わい"を導き出した「定番シリーズ」。2つ目は、原材料や醸造過程によってビールにどのような違いが生まれるかを研究する「Brewing Labシリーズ」。3つ目は、モルトとホップにハーブやスパイスをプラスし、枠に囚われないクラフトビールを作る「ハーブ&スパイスシリーズ」です。

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE
左から「CPA」700円、「Pyotr 1」850円、「Lavender & Chamomile」700円(すべてハーフサイズ)

「定番シリーズ」は、柑橘のようなホップと香ばしいモルトが調和したアメリカンペールエールの「CPA」、アルコール度数が高くパワフルな「Pyotr 1」、ラベンダーとカモミールを麦汁に加えた「Lavender & Chamomile」の3種類を提供。それぞれが全く違うスタイルですが、どれもデイリーで飲めみたくなる味を計算して醸造されています。

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE
左から「CPA」750円、「Pyotr 1」900円、「Lavender & Chamomile」750円(持ち帰り価格)

「定番シリーズ」のみ、ボトルタイプも販売しています。イラストレーターの大志さんがデザインを手がけたスタイリッシュなラベルが印象的です。まず店内で樽生を飲んで、気に入ればボトルを購入して自宅で楽しむこともできます。

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE
「Hop Schema 026 バーボンの香りとは?試験栽培品種HBC472」パイントサイズ1000円

樽生で味わう場合、「定番シリーズ」以外のオリジナルクラフトビールは、1週間毎に新しいビールがリリースされます。この日はバーボンのような香りがするホップを使った「Brewing Labシリーズ」の新作、「Hop Schema 026 バーボンの香りとは?試験栽培品種HBC472」がメニューに加わりました。そのほか「ハーブ&スパイスシリーズ」ではバレンタイン限定の「Heart of Holunder」などが登場。一期一会の味を楽しんで。

約500種類ものクラフトビールが揃うボトルショップで運命の出合いを

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE

日本はもちろん、ヨーロッパやアメリカなど、世界各国のクラフトビールが味わえるのも、「CRAFT BEER BASE MOTHER TREE」の魅力のひとつ。ドイツやイギリス、ベルギーで生産されている伝統的なスタイルのものから、アメリカの最先端のものまで、約500種類ものクラフトビールがエリアごとに並びます。持ち帰りだけでなく、店内で飲めるのもうれしいポイント。

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE

普段はなかなか出会えないスペシャルなビールが大集合。海外から取り寄せたものも、品質管理にこだわることで本来の味を壊さずに提供できます。フィーリングに任せて”ジャケ買い”したり、自分にぴったりな一本をスタッフさんにチョイスしてもらったり、楽しみ方は無限大。

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE

ウォークイン式のビールセラーの中にも、クラフトビールがずらり。バレル(木樽)で熟成されたバレルエイジドビール、ビール酵母以外に乳酸菌などを併用して発酵させるサワービールといった、珍しいタイプのクラフトビールがスタンバイしています。このセラー内には1本4000円ほどの高級クラフトビールもあるので、特別な日の一杯としてセレクトしてみては。

“ビールに合う”を追求したフードメニューも見逃せない

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE
「オリジナルソーセージ」4本1250円

提供しているフードメニューは、どれもビールに合うことを最優先に作られています。人気メニューである「オリジナルソーセージ」は、ペールエールなどに合う「王道粗挽き」、IPAの苦みにぴったりな「赤いチョリソ”辛”」、ボディ感のやさしいセゾンがおすすめの「THAIグリーン」、黒ビールと合わせてスイーツのように食べたい「旨甘フルーツソーセージ」の4種類を用意。2本650円、3本950円、4本1250円と本数が選べます。

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE
「豚肩ロースの低温調理ステーキ」1200円

「豚肩ロースの低温調理ステーキ」は、1皿でどんなビールにもアプローチできるよう、桃ミント・ウーシャン味噌・スイートチリの3種類のソースがついています。さわやかな桃ミントには濁りが特徴的なヘイジーIPAが、中国のスパイスをミックスしたウーシャン味噌には味わい深い黒ビールが合います。甘みの中にやさしい辛さが入るスイートチリソースはホップの味がしっかりと効いたIPAと相性抜群。

CRAFT BEER BASE MOTHER TREE

基本から発展まで、さまざまなクラフトビールが知れる「CRAFT BEER BASE MOTHER TREE」。週ごとに入れ替わるオリジナルクラフトビールや、世界各国から入荷される缶・ボトルタイプのクラフトビールなど、来店するたびに新たな楽しみがありますよ。自分だけの最高の一杯を見つけてみませんか。

■CRAFT BEER BASE MOTHER TREE(くらふと びあ べーす まざー つりー)
住所:大阪府大阪市北区大淀中1-13-13
TEL:06-7503-9795
営業時間:15時~21時30分LO(土・日曜、祝日は12時~)
定休日:火曜

text:杞山穂花
photo:能勢太郎

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください