くるまって寝るキツネ

【宮城蔵王キツネ村】モフモフがたまらない!日本で唯一のキツネの動物園

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
見ているだけで癒される動物たち 動物園 動物写真 東北観光 週末おでかけ 宮城県
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

宮城県蔵王にある日本で唯一のキツネの動物園「宮城蔵王キツネ村」。園内には100匹以上のキツネが放し飼いにされており、めずらしい種類のキツネなどを間近で見ることができます♪モフモフの毛を蓄えてかわいさ抜群の冬に取材に行ってきました!

Summary

「宮城蔵王キツネ村」ってどんなところ?

入口の大きなゴリラ(!?)が目印
入口の大きなゴリラ(!?)が目印

日本でもめずらしいキツネ専門の動物園があると聞き、宮城県の蔵王へ行ってきました!

南蔵王の標高590mほどに位置する「宮城蔵王キツネ村」は、見渡す限り山・山・山!の自然豊かなエリア。空気がとってもおいしく感じられます。

広大な敷地内に100匹以上のキツネが放し飼いにされており、間近で野生味あふれるキツネの生態を見られるとあって、日本人だけでなく外国人観光客にも人気の施設です。

野生のキツネは“エキノコックス”という寄生虫による感染症が心配されることもありますが、この施設では徹底した感染症対策により開園以来感染はゼロ。

抱っこ体験も催されているので、安心してキツネと触れあうことができます♪

春は子ぎつねも生まれ、春夏秋冬楽しめますがオススメの季節は冬!モフモフとした冬毛でぬいぐるみのようにかわいいキツネに出会えます。

早速、園内に入ってみました!

広大な敷地で放し飼いされているキツネたち
広大な敷地で放し飼いされているキツネたち

まずキツネたちを見る前に注意しておきたいことがいくつかあります。

  1. キツネに勝手に触らない
  2. 落とし物はしない
  3. 至近距離でしゃがんで撮影しない
  4. 紐など揺れるものをぶら下げない
  5. 黒いタイツやひらひらのスカートを履かない

などなど、これ以外にもルールはたくさんあります。

キツネは牙が鋭く、動くものに興味津々。噛みついてしまうこともあるので、入場の際には係員の説明をよく聞いてから入りましょう。

中に入ってみると早速いました!取材時は1月の真冬。ふかふかの雪の絨毯にモフモフのキツネたちがたくさん♪

丸まって気持ちよさそうに寝ているキツネや…

丸まって寝るキツネ

なにやらケンカ中のキツネも(意外と激しい…)

ケンカ中のキツネ

園内は自由に歩いてまわることができ、30分~1時間ほど滞在できるほどの広さ。森に囲まれているのでいいおさんぽにもなります♪

園内では6種類のキツネを見られる

モフモフの毛に包まれるキタキツネ
モフモフの毛に包まれるキタキツネ

キツネというと思い浮かべるのは黄金色をした「キタキツネ」ではないでしょうか?

このキツネ村にはキタキツネはもちろん、北極キツネ(白・青)や銀キツネ、プラチナキツネ、十字キツネなどめずらしい種類もいます。

黒とシルバーが特徴の銀キツネ
黒とシルバーが特徴の銀キツネ
透き通るような見た目のプラチナキツネ
透き通るような見た目のプラチナキツネ

放し飼いされているキツネのほかにも、育成舎とよばれる小屋でも飼われているのでゲージの外からゆっくり眺めることもできます。

キツネは生まれて1ヵ月で人間の1歳くらい。20年で人間の96歳くらいなんだそう。雑食性で人間が食べるものはほとんど食べられるんだとか。

日常生活ではあまり馴染みのない動物なので、パネルに書かれた説明などを読みながらキツネの生態を知ることができました。

エサやり体験(エサ代200円)や抱っこ体験(11時、14時の1日2回/600円 ※キツネの状態や天候によっては中止)などの催しもあるので、ぜひ参加してみてくださいね。

神の使い・キツネが鎮座する稲荷神社も

稲荷神社からちょうど出てくるキツネをパチリ
稲荷神社からちょうど出てくるキツネをパチリ

園内を自由に歩いていると、朱塗りの鳥居に導かれるようにこぢんまりとたたずむ稲荷神社を発見。

稲荷神社といえばそう、キツネ。稲荷大神の使いであるキツネの、リアルなコラボレーションを見ることができました!

ウサギ小屋なども見学できる
ウサギ小屋なども見学できる

また園内にはキツネのほかにも、実はウサギやヤギ、ポニーなども飼育されており、見学することができます。

キツネの放し飼いとは別のエリアで見学できるので、小さな子ども連れでも安心して見られますね。

かわいいおみやげもチェック♪

施設内にあるショップではキツネモチーフのお菓子やキーホルダーなどかわいいおみやげも勢揃い。

キーホルダー400円
キーホルダー400円
 キツネリュック 小 2920円
 キツネリュック 小 2920円

メディアでも取り上げられることの多い人気の施設なので、店内には有名人のサインなども所狭しと飾られていました。

たっぷりキツネ村を堪能したあとは、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。


以上、キツネの魅力を間近で見られる「宮城蔵王キツネ村」をご紹介しました。

訪れるのにオススメな時期はモフモフのキツネが見られる冬ですが、お越しの際は狭い山道の運転になるので天候と相談して十分に気をつけましょう。

またJR白石蔵王駅や白石駅、薬師の湯からはバスも運行されているのでホームページをチェックしてみてくださいね。


■宮城蔵王キツネ村
みやぎざおうきつねむら

住所: 宮城県白石市福岡八宮川原子11-3
交通:東北自動車道白石ICから車で20分、または山形自動車道宮城川崎ICから車で35分
TEL:0224-24-8812
営業時間:9〜17時(12月1日〜3月15日は〜16時)※最終入園は閉園30分前
定休日:水曜(※祝日の場合は営業)、2・8・5月連休は無休
料金:大人(中学生以上)1000円、小学生以下無料


Text & Photo:ジェンティーレ恵


●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください