• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 静岡県
  • 熱海のおすすめ観光スポット43選|外せない定番の観光スポットから人気グルメ、温泉&体験レジャー、熱海ならではのお土産も!
熱海のおすすめ観光スポット43選|外せない定番の観光スポットから人気グルメ、温泉&体験レジャー、熱海ならではのお土産も!

熱海のおすすめ観光スポット43選|外せない定番の観光スポットから人気グルメ、温泉&体験レジャー、熱海ならではのお土産も!

静岡県 おでかけ 食・グルメ ショッピング 温泉 おみやげ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

日本を代表する人気観光地・熱海。今回は、最近若い女性観光客も増えてきているという熱海の、おすすめ観光スポットをご紹介します!熱海観光で押さえておきたい定番の人気スポットから、熱海ならではのグルメスポット、そして温泉はもちろん、熱海の自然に触れられる体験レジャーまで、見どころ盛りだくさんの熱海情報が満載です!

Summary

押さえておきたい!
熱海の定番人気観光スポット15選

Spot.1
【来宮】樹齢2100年以上の大楠がシンボル!熱海のパワースポット/來宮神社

鎮守の森に囲まれて重厚な社殿が立つ「來宮神社」。社殿の裏手にある推定樹齢2100年以上の大楠(天然記念物)は、樹高約26m、幹の周囲が24mと、本州1位の巨樹。1周すると寿命が1年延びるという言い伝えもあり、最近では熱海のパワースポットとしても大人気です。オープン茶寮「報鼓」など、おしゃれなカフェもあり、若い女性観光客も多く訪れています。

Spot.2
【熱海】鎌倉殿と政子が結ばれた神木のある古社/伊豆山神社

伊豆山大権現とよばれ、平安時代の延喜式にも載る古社。“鎌倉殿”こと源頼朝が源氏再興を祈願し、鎌倉時代には関八州総鎮守となって深く崇敬されています。頼朝と政子が逢瀬を重ねた場所といわれていて、境内にある梛の木の葉は、男女の仲を結ぶお守りとなりました(神木保護のため、現在は奉製終了)。

Spot.3
【熱海】相模湾越しの熱海市街を眼下に!/アタミロープウエイ

熱海市街と、熱海城や熱海秘宝館などがあるあいじょう岬展望台を約3分間で結ぶ「アタミロープウエイ」。全面ガラス張りのゴンドラからは、熱海湾越しに熱海市街が望めます。

Spot.4
【熱海】天守閣展望台から相模湾を一望!/熱海城

熱海の名勝・錦ケ浦山頂にそびえ立つ「熱海城」。海抜160mの天守閣展望台からは熱海市街や、晴れた日には大島・初島までが一望できます。城内には鎧興や刀剣などを展示した武家文化資料館や城郭資料館などがあり、武家文化に関する資料が充実しています。城内は見学のみならず、ほら貝・手裏剣などの体験や昔のおもちゃを集めたコーナーのほか、入場料のみで利用できる無料の足湯、マッサージチェア、ゲームコーナーなども。

Spot.5
【来宮】1〜2月が見頃!梅の香りに癒される/熱海梅園

明治19年(1886)に、横浜の資産家が出資してつくられた「熱海梅園」。初川沿いに広がる約4万4000平方メートル園内に、冬至梅・八重寒紅など各種の梅が469本植えられ、1~3月にかけて次々と見頃を迎えます。毎年1月上・中旬~3月初旬には梅まつりを開催。多くの花見客で賑わいます。

Spot.6
【熱海】季節の花々が咲き乱れる、海を望む庭/ACAO FOREST

海と空を見晴らすカフェ「COEDA HOUSE(コエダ ハウス)」
海と空を見晴らすカフェ「COEDA HOUSE(コエダ ハウス)」

季節の花々とハーブが咲くお庭「ACAO FOREST(アカオ フォレスト)」では、散策はもちろん、手作り体験、喫茶、レストランやショップも楽しめます。ベストシーズンは、約600種4000株ものバラが園内を彩る5月中旬~6月上旬。

園内にある体験工房「ハーブ工房」では自然素材を使用した手作り工作を体験でき、中でもハーブの石鹸作りは子供から大人まで楽しめる人気メニュー。日本を代表する建築家、隈研吾氏が設計を手がける絶景カフェ「COEDA HOUSE(コエダ ハウス)」でゆったりした時間を過ごすのもおすすめです。

Spot.7
【熱海】クルーザーを眺めながらお散歩♪/親水公園

熱海名物「熱海海上花火大会」の打ち上げ会場の目の前に位置する「親水公園」。停泊するクルーザーを眺めながらヨーロッパ調のデッキを歩ける憩いの公園として人気です。夜はヨットハーバーがライトアップされ、さらにロマンチックな雰囲気に!

Spot.8
【熱海】観光客に大人気!都市型ビーチ/熱海サンビーチ

約400m続く、観光客に大人気の都市型のビーチ。周囲にはヤシの木が林立し、ムーンテラスやサンテラスなどの遊歩道が整備されています。夜はビーチ全体がライトアップされ、幻想的な雰囲気に!(日没~22時)。夏には、海上アスレチックである熱海サンビーチウォーターパークが登場します。(高校生以上1時間1500円、小中学生1時間1000円)。※海水浴期間中は人数制限あり。

Spot.9
【熱海】子どもも大人も楽しめる!/アカオビーチリゾート

大小2つのプール、更衣室、売店、プールサイドバーなどの要素を備えたリゾート施設「アカオビーチリゾート」。子ども向けのイベントを開催している他、ライフガードが常駐し、安全にも細心の注意を払っているので、子ども連れの旅行でも安心して楽しめますね。

Spot.10
【熱海】国宝・重要文化財も多数所蔵/MOA美術館

総檜造りの能舞台
総檜造りの能舞台
館内のカフェからは相模湾を一望
館内のカフェからは相模湾を一望

絵画・書跡・工芸など東洋美術を中心に、約3500点の収蔵品をもつ「MOA美術館」。所蔵品は、尾形光琳筆「紅白梅図屏風」(毎年2月公開)、野々村仁清作「色絵藤花文茶壺」、手鑑「翰墨城」の国宝3点、重要文化財67点などがあります。豊臣秀吉ゆかりの黄金の茶室、能楽堂では能や狂言、各種イベントも開催。建物は熱海市街や相模灘を見下ろす眺めのよい高台に立ち、美術館の下には瑞雲郷と呼ばれる約23万平方メートルの庭園が広がります。

Spot.11
【熱海】文豪たちにも愛された美しき別荘建築/起雲閣

非公開の岩崎邸、現存しない住友邸と並び、「熱海の三大別荘」といわれた名邸。日本家屋の母屋と離れは大正後期、洋館と広大な庭園は昭和初期に造られたもので、熱海市有形文化財に指定されています。戦後は旅館として賑わい、太宰治ら多くの文化人も宿泊したそう。館内にはゆかりの文豪たちの資料展示室や喫茶室もあります。

Spot.12
【熱海】古きよき昭和の面影たっぷり/熱海銀座

「熱海銀座」は、昭和の面影を色濃く残す商店街。干物店やレトロな遊技場、カフェなども店を構えているので、お土産を探したり食べ歩きを楽しんだりするのはもちろん、ぶらぶらと散策するだけでも楽しそう!

Spot.13
小説『金色夜叉』ゆかりの地のシンボル/お宮の松

尾崎紅葉の小説『金色夜叉』の舞台となり、主人公の間貫一と鴫沢宮が散歩したのが熱海の海岸。熱海サンビーチ沿いに立つお宮の松は、小説ゆかりの地のシンボルに。現在の松は2代目で、近くに初代の幹の輪切りと「貫一・お宮の像」があります。

Spot.14
【熱海】伊豆山温泉発祥の湯/走り湯

発見は養老年間(717~724年)にさかのぼり、走り湯権現ともよばれた「走り湯」。伊豆山温泉の発祥となった湯で、長さ5mほどの洞窟の奥に、いまも毎分170リットル、約70度の湯が湧いています。

Spot.15
【熱海】見て、触って、撮って楽しめる!/熱海トリックアート迷宮館 熱海城

©2020(株)エス・デー
©2020(株)エス・デー

平面画が立体的に見える等、目の錯覚を利用した不思議なトリックアートが楽しめる人気スポット「熱海トリックアート迷宮館 熱海城」。見て、触って、撮って楽しめるアート作品を約50点展示しています。作品に入り込んで、面白い写真を撮ることも可能。また、隣の熱海城では、地上約43mの天守閣展望台から大パノラマの眺望を楽しむことも!



 

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください