仙台うみの杜水族館

東北最大級のパフォーマンスも!キュートな生きもの大集合【仙台うみの杜水族館】

水族館 見ているだけで癒される動物たち 動物写真 東北観光 週末おでかけ 宮城県
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

三陸の海を再現した大水槽など約100基の水槽や、東北最大級のスタジアムで行われるパフォーマンスなど、海のエンターテインメントが満載の「仙台うみの杜水族館」。みどころやイベント、グッズなど水族館の魅力をまるごとご紹介。

Summary

仙台うみの杜水族館の外観

国内外のさまざまな生きものを見学できる仙台の大人気スポット「仙台うみの杜水族館」へやってきました!

仙台の中心部から車で約30分、周辺には大型商業施設やフェリーターミナルもあり、1日中遊べるエンタメ性抜群のエリアにあります♪

みどころは東北最大級のスケールを誇るイルカやアシカのパフォーマンス、そして三陸の海や世界の海を表現した約100基の水槽展示。

魚たちと同じ目線で深海にいるような気分になり、愛くるしい動物たちの姿に大人たちもメロメロ!

そんな魅力あふれる水族館をまるっとご紹介します♪

【日本のうみ-東北のうみ-】三陸の美しさを体感

下からホヤを観察できる「マボヤのもり」
下からホヤを観察できる「マボヤのもり」

入場してすぐの場所にあるのは「マボヤのもり」。“海のパイナップル”ともよばれるホヤは東北では珍味として食べられている海の幸で、宮城が誇る特産品でもあります。

三陸の海で2年半~3年ほどゆっくりと時間をかけて成長するホヤは、5~8月が旬。ロープに吊るされた養殖の様子を下から眺められ、なかなか貴重な光景!東北の暮らしに根付いた展示は、この水族館の魅力のひとつなんです♪

この水族館を象徴する「いのちきらめくうみ」
この水族館を象徴する「いのちきらめくうみ」

マボヤのもりを抜けると、早くも最大の目玉「いのちきらめくうみ」の大水槽とご対面。この大水槽は幅14m、水深7.5m。仕切りも屋根もないので、太陽の光がそのまま降り注ぎ、まるでわたしたちも海のなかにいるような美しさに包まれます。

寒流と暖流が出合う潮目である三陸の海は、世界三大漁場にも数えられるほど多くの生きものに恵まれています。そんな豊かな海を表現したこの水槽には、約2万5000尾のマイワシや、カゴカキダイ、マアジ、ホシエイなどが気持ちよさそうに泳いでいます。

1日数回行われる「Sparkling of Life」
1日数回(各回5分)行われる「Sparkling of Life」

また大水槽では1日に数回、プレミアムショー「Sparkling of Life」が行われています。マイワシの大群が主役となり、音楽に合わせて水槽内を縦横無尽に泳ぎます。

キラキラと太陽の光が反射し、幻想的な世界のなか躍動感あふれる泳ぎは圧巻。ここに訪れたなら必見のショーなのでお見逃しなく。

(※コロナウイルス感染防止のためスケジュールが変更されることがあります。最新情報は公式ホームページでご確認ください)

2021年4月にリニューアルした「深海ラボ」
2021年4月にリニューアルした「深海ラボ」

またほかにもみどころはたくさん!2021年4月には「深海ラボ」がリニューアルされました。

従来の深海をイメージした環境展示ではなく、飼育員と同じ目線で深海の謎について考えられる研究室風の展示に変身。ダイオウグソクムシなどの生体展示や、世界で5例目の確認となるキタチョウチンアンコウなど貴重な標本も展示されています。

海藻が見られたり、漁師気分になれるコーナーも
海藻が見られたり、海女さんの文化を紹介するコーナーも

ただ鑑賞するのではなく、こうしていろんな切り口から学べる水族館はとても新感覚。わたしたちの暮らしとも結びついていて親近感も感じられました。

【STADIUM LIVE(スタジアムライブ)】イルカたちの圧巻のパフォーマンス!

イルカやアシカが登場する「スタジアムライブ」
イルカやアシカが登場する「スタジアムライブ」

続いてやってきたのは開放感あふれる「うみの杜スタジアム」。こちらは約1000人を収容できる東北最大級のスタジアムで、イルカやアシカたちのパフォーマンスが行われます。アクリル面の仕切りがなく、客席と生きものの距離が近いので迫力満点です!

空飛ぶルリコンゴウインコ
空飛ぶルリコンゴウインコ

まずは空飛ぶルリコンゴウインコから。客席の上空を旋回し、子どもたちは大興奮!待ち構えたトレーナーのもとへ合図とともに戻ると客席からは歓声が。まさかの上空からのパフォーマンスにワクワク度が一気に高まりました!

挨拶するアシカ

そして次はカリフォルニアアシカ。ボールを操ったり、コミカルにダンスをしたり、トレーナーとの息もぴったりで客席を沸かせます。

キュートなイルカたち

ラストはバンドウイルカ。ダイナミックなジャンプを見せると、水しぶきが観客席に届きそうなくらい大きく弾けます。最後には客席に近づいて顔を見せてくれ、その愛くるしい表情にトリコとなりました♪

スタジアムライブは各回約20分。1日に数回開催されていますのでスケジュールをチェックしてくださいね♪

(※コロナウイルス感染防止のためスケジュールが変更されることがあります。最新情報は公式ホームページでご確認ください)

【世界のうみ】世界各地のめずらしい生きものを発見!

2階にある「世界のうみ」エリアではアフリカやアマゾン、アジアなど世界中の生きものたちが集まります。

生きものたちを一気にご紹介します♪

アジアエリアのチンアナゴ

アジアエリアのチンアナゴとニシキアナゴは水族館の人気者♪温かい海の砂地で暮らしています。

アマゾンエリアのいきもの

アマゾンエリアではピラルクやナマズ、アカハナグマも!ちょっぴり顔が怖いけれど、これまた目を離せません…!

ミズクラゲが泳ぐ姿

クラゲのいやしエリアでは、幻想的なミズクラゲが。ゆっくりと舞うその姿はとてもきれいで時が止まったかのようでした。

【海獣ひろば】屋外に出て海獣を間近で観察!

階段をおりるペンギン
階段をジャンプしながら降りるフンボルトペンギン

最後はペンギンやオタリアなどを間近で観察できるゾーン「海獣ひろば」へ。

ペンギン水槽ではペンギンたちが元気にプールを泳ぐ姿や、階段をぴょんぴょん飛び跳ねるキュートな姿を見ることができます。

(かわいさは悶絶レベル…!動画でもその様子を激写したのでぜひご覧ください♪リンクは記事最後へ↓)

コロナウイルス感染防止のためこの日はイベントを行っていませんでしたが、通常はイルカやペンギンなどに会える「ふれあいプログラム」(有料)も開催されます。飼育展示室から観覧ゾーンに出てきて間近でふれあうこともできるようです♪

かわいすぎる!おみやげ&フードも充実♪

マシュマロマスコット各860円、ZooMee刺繍ポーチ1320円、ZooMee靴下1045円
マシュマロマスコット各860円、ZooMee刺繍ポーチ1320円、ZooMee靴下1045円

1階にはミュージアムショップ「umimori shop」とフードコート「wakuwaku ocean」も。かわいいアイテムが目白押しなのでチェックしましょう♪

ここでは女性向けのかわいらしいアイテムをチョイスしました。

奥から、マシュマロタッチがたまらない手ざわり抜群のぬいぐるみ。人気のカワウソとイルカのほかにも、カメやクマノミ、エイなど種類もたくさんあって大人買いしたくなります♪

右下、チンアナゴとニシキアナゴの刺繍がアクセントとなった小物入れ。しっかりとしたキャンバス生地で、使えば使うほど手に馴染みそう!

左はパステル調のカラーがかわいらしい靴下。写真のカワウソのほかにもペンギンやクラゲ、ビーバーなどもありました♪子どもっぽすぎず、ファッションのワンポイントになれそうです♪

ドルフィンカレー930円
ドルフィンカレー930円/写真提供:仙台うみの杜水族館

またフードコートではランチメニューのほか、ポテトなどの軽食類、ビールやソフトドリンク、パフェなどのデザート類も揃っています。フードコートにも水槽があるので食べながら生きものたちを眺めることもできますよ♪

(※フードの提供時間は営業時間と同じ。仕入れ状況により、メニューの販売を休止することがあります。最新情報は公式ホームページでご確認ください)


いのちきらめくうみ

以上、仙台の大人気スポット「仙台うみの杜水族館」をご紹介しました。

生きものたちと同じ目線で、息づかいをすぐそこで感じられるような展示に、日本・世界の海はこんなにも豊かなのだとあらためて気づかされました。

幻想的な世界にぜひみなさんも癒されてみてはいかがでしょうか?



■仙台うみの杜水族館
せんだいうみのもりすいぞくかん

住所: 宮城県仙台市宮城野区中野4-6
交通:仙台東部道路仙台港ICから車で5分
TEL:022-355-2222
営業時間:9時~17時30分(時期により変動あり)
定休日:無休
料金:大人2200円
公式HP:http://www.uminomori.jp/

\ たびのびで動画をチェック! /


Text & Photo:ジェンティーレ恵


●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください