【北海道】一生に一度は見てみたい!心が震える彩りのカラフル絶景5選

【北海道】一生に一度は見てみたい!心が震える彩りのカラフル絶景5選

北海道 絶景 自然 花畑 カラフル
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

北の大地で出合う風景は、想像をはるかに超えるスケール感と美しさ!今回は北海道で見られる、彩り美しい絶景をご紹介。紫が一面に広がるラベンダー畑や凍りついた白銀色の湖など、季節とともに移り変わる色とりどりの絶景をお楽しみください!

Summary

【中富良野町】王道絶景!「ファーム富田」のラベンダー畑

大地を紫一色に染める富良野のラベンダー畑は、北海道の初夏を代表する風景。晴れ渡った青空と風に揺れるラベンダーの、爽快感あふれる夏景色を楽しみましょう!7月中旬~下旬の見学がおすすめです。

■ファーム富田
住所:北海道中富良野町基線北15号
TEL:0167-39-3939
営業時間:8時30分~18時(季節・施設により変動あり)
定休日:無休(施設により変動あり)
料金:入園無料

【函館市】まるで星形の花束!春の絶景「五稜郭公園」の桜

西洋式城塞跡「五稜郭公園」は、桜の名所としても有名。春には約1530本の桜がお堀や城内を彩ります。五稜郭タワーから見下ろした並木は、まるで星形の大輪のよう!おすすめの時期は4月下旬~5月上旬。春に訪れたい桜色の絶景スポットです。

■五稜郭公園
住所:北海道函館市五稜郭町44
TEL:0138-31-5505(五稜郭公園管理事務所)
営業時間:5~19時(11~3月は~18時)
定休日:無休
料金:入園無料

【北竜町】圧巻のスケール!夏の絶景「北竜町ひまわりの里」のヒマワリ畑

のどかな田園風景に囲まれたヒマワリ畑は、約23万㎡と東京ドーム5個分に匹敵する広さ。その畑を埋め尽くすように、およそ200万本ものヒマワリが咲き誇ります。見渡す限りの黄金色の花畑に圧倒されること間違いなし!7月下旬~8月中旬に見ごろを迎える絶景です。

■北竜町ひまわりの里
住所:北海道北竜町板谷143-2
TEL:0164-34-2111(北竜町ひまわり観光協会)
営業時間:見学自由
定休日:見学自由
料金:見学自由

【網走市】真紅に染まる大地!秋の絶景「能取湖・卯原内」のサンゴ草群生地

汽水湖の湖岸に茂る「サンゴ草」が色づき、まるで真紅のじゅうたんを敷きつめたよう!能取湖には遊歩道が整備され、群生地の中ほどまで歩いていけます。おすすめの時期は9月上旬~下旬(天候による)。オホーツクの秋を感じられる絶景です。

■「能取湖・卯原内」のサンゴ草群生地
住所:北海道網走市卯原内60-3
TEL:0152-47-2301(能取の荘かがり屋/卯原内観光協会)/0152-44-5849(網走市観光協会)
営業時間:見学自由
定休日:見学自由
料金:見学自由

【釧路市】はかない霜の花!冬の絶景「阿寒湖」のフロストフラワー

-15℃前後、無風の早朝などさまざまな条件が揃ったときだけ見られる希少な現象。氷結した湖に付着した水蒸気が氷の結晶となり、少しずつ発達し花のような形になるのだそう。凍りついた白銀色の湖はとても神秘的!12月下旬~2月中旬の見学がおすすめです。

■阿寒湖
住所:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
TEL:0154-67-3200(阿寒観光協会まちづくり推進機構)
営業時間:見学自由
定休日:見学自由
料金:見学自由
※個人での湖上歩きは危険なため、見学はツアーへの参加がおすすめです

気になった方は動画もチェック!

いかがでしたか?旅動画投稿サイト「たびのび」では、北海道のカラフル絶景を動画で詳しくご紹介しています。もっと絶景を見たい方はぜひチェックしてみてください!

掲載している情報についてもっと詳しく知りたい方は、発売中の「るるぶ北海道'23 」をご覧ください。

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●この記事は「るるぶ北海道'23 」に掲載した記事を基に作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください