神戸_ツバクロ雑貨店

【神戸】隠れ家のような「ツバクロ雑貨店」へ♪温かい気持ちになれるハンドメイド作品に出会う

兵庫県 手作り雑貨 相撲 神戸みやげ 神戸観光 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

旧居留地区と異人館を南北に結ぶトアロードの西側、トアウエストの外れを目指し、スマホ片手にキョロキョロする人たち。彼ら彼女らが目指すのは、知る人ぞ知る小さな雑貨店。ギャラリーやカフェが入るビルの階段を上がると、さりげなく個性的な手作り雑貨たちが!店主の作家への想いが詰まったほっこりできる空間を探検してきました。

Summary

愛らしくてユニークな相撲グッズの宝庫!

神戸_ツバクロ雑貨店

2022年3月で12周年を迎えた「ツバクロ雑貨店」は、クリエイターのハンドメイド作品を集めたお店。店主の佐藤美智子さんは、学生時代にディスプレイの勉強をし、卒業後は布製のモノづくりをする作家としてお友達と2人組で活動していましたが、お友達の引っ越しを機に独立。一人で製作した作品を卸していたお店からこの場所を譲り受け、アトリエ兼店舗としてクリエイター仲間の作品も置きはじめたのが、ツバクロ雑貨店の誕生のいきさつです。

神戸_ツバクロ雑貨店

常時約20人の作品が並ぶという店内はナチュラルテイストでまとめられ、いわゆる「個性派」の、アートが爆発するようなとんがった感じではありません。しかしよく見ると、茶碗に小さくお相撲さんの絵が描かれていたり、お相撲さんの絵や置き物があったり、番付表が…って、あれ?相撲多くない!?もちろん、相撲以外のモチーフもたくさんあるのですが、なぜ、こんなに相撲グッズが多いんですかー?

神戸_ツバクロ雑貨店

「それは、私が大の相撲好きだからです!(笑)」と佐藤さん。土俵から相手を押し出したら勝ち、手をついたら負けというわかりやすいルールと、ヒーロー的に人気があった力士に魅了され、なんと幼稚園児の頃から相撲ファンに。お店でも相撲グッズを取り扱いはじめたらどんどん増えていき、「両国国技館の売店では取り扱っていない商品に出会える」と相撲ファンのあいだでじわじわと話題になりました。面白みを感じさせる相撲グッズが多いため、相撲とは縁のなさそうな若い女性も「かわいい!」と買っていくとか。

ココでしか買えないモノや繊細な表現にも釘づけ

神戸_ツバクロ雑貨店
ツバメポット6600円、楕円鉢2530円、マグ2750円

陶芸作家の石山佳世子さんの作品。恰幅の良いお内裏様の頭が、お相撲さんのまげになってる(笑)!店主と話をしているうちに相撲の魅力を理解し、作品に表現してくれたそうです。ティーポットやマグカップには、店名の由来である「ツバメ」が描かれ、店主との温かい関係性が垣間見られます。ちなみに、店名の「ツバクロ」は、『男はつらいよ』シリーズで寅さんがツバメのことを「ツバクロ」と呼んでいたことから取ったそう。渋いモノを愛おしいと感じる店主のセンスが発揮されています。

神戸_ツバクロ雑貨店
ことわざブローチ各2860円

こちらは奈良県在住の木工作家・コナモクさんの、ことわざや神に仕える動物をモチーフにしたブローチ。木材を電動糸のこで部位ごとに小さくカットし、パズルのように組み合わせるという、見事な職人芸で完成する逸品です。お店では毎月、1人の作家をフィーチャーする展覧会を開催。毎年秋にはコナモクさんの展覧会を開催し、好評を得ているそうです。

作家の想いが伝わる作品をラインナップ

神戸_ツバクロ雑貨店
個人的通信新聞「PAPER SOLUNA」各330円

イラストレーターの小幡明さんが、国内外を巡った旅の記憶を絵と文章でまとめた新聞。台湾、フランス、スペイン、フィンランドなど、国や地域ごとに20紙以上発刊しているそうです。旅先で出会った人に鞄の中身を描いてもらった絵や、結婚式に出席したエピソードなど、ガイドブックには載っていない情報が得られますよ。佐藤さんは「どこかで見たことがあるような流行りものではなく、心から作りたいという想いが表れているモノ」という視点を大事に、扱う商品をセレクトしていると言います。

神戸_ツバクロ雑貨店
ピアス各1650円〜

「でも、作家さんの人柄がよければ置いちゃうことも多いですね」。タティングレースのアクセサリーを製作しているHouse of Aさんも、その1人だったとか。もともとは違う作風のモノを作っていたそうですが、佐藤さんが「もっとオリジナリティを出したら?」とアドバイスしたことで、シャトルと呼ばれる舟形の糸巻きを使うレース技法で作品づくりをするように。オシャレだし、軽くてつけ心地も良いんです。

作家のセンスが生かされ、男女問わず親しまれる

神戸_ツバクロ雑貨店

百貨店での催事にも出店し、忙しくしている佐藤さんですが、通販雑誌に掲載する雑貨のデザインをするなど、作家活動も継続中。鞄やブックカバー、ポーチなどに力士のモチーフを加えるなど、自分ならではの視点を大事にしています。クスッと笑えるようなモノが揃うお店には、女性はもちろん、男性1人のお客も多いそう。友達同士やカップルで訪れても十分に楽しめそうです。

■ツバクロ雑貨店
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通3-2-14 林ビル3F西
TEL:非公開
営業時間:12~19時(冬期は12時〜18時30分)
定休日:月・火曜(月曜が祝日の場合は火・水曜)

text:木元優子
photo:坂田 謙

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください