海辺に立つ環境に優しい一棟貸し宿「KAMOME SLOW HOTELL Sustainable Cottage」

海辺に立つ環境に優しい一棟貸し宿「KAMOME SLOW HOTELL Sustainable Cottage」

兵庫県 泊まる 一棟貸し 絶景ホテル 限定 絶景
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

兵庫県淡路島の海辺に立つ1日1組限定の宿。消費エネルギー量を正味ゼロに抑える「未来型ハウス」を採用し、環境に配慮した一棟貸し宿泊施設をご紹介! 2階のリビングからは海が見渡せ、水平線に沈みゆく夕日を眺めるひとときは贅沢そのもの。新鮮な魚介や野菜を使ったBBQで、淡路島グルメも満喫できます♪

Summary

人にも環境にも優しいサステナブルな一棟貸し宿

2階・一体となったダイニングとリビング
2階・一体となったダイニングとリビング

ダイニングとリビングが一体化した広くてスタイリッシュな内装。「Energy Saving House(エナジーセービングハウス)」と呼ばれる高性能住宅体幹モデルハウスで、太陽光エネルギーを利用した発電や蓄電など、サステナブルな新しい省エネの家を体感できます。機能的なキッチンも完備されているので、地元食材を仕入れて自炊を楽しんでみるのもいいでしょう。

2階・北欧風のリビングダイニング
2階・北欧風のリビングダイニング

足ざわりのよい自然木のフロアと白い壁、グレーの大きなソファ、スタイリッシュなストーブが北欧風の明るい空間をつくりだしています。暮らすように滞在したくなる、そんな一棟貸しの宿なのです。

朝食イメージ
朝食イメージ

朝食は自家製の淡路もち豚のソーセージ、平岡農園のみかんジュース、淡路野菜の採れたてサラダなど淡路島の食材をふんだんに楽しめます。バスケットスタイルで提供してくれるので、室内でもテラスでもお好きなところで召し上がれ。

落ち着いたブルーと白でまとめられた寝室。寝室は1階に3部屋あります。地震の揺れを吸収して、熱エネルギーに変換する、最新の制振システム「KブレースⅡ」で耐震管理もサステナブルなんです。

瀬戸内海を一望!絶景テラスで海ビューを独り占め

海岸沿いに面し、広くとられた1階のデッキテラス。デッキチェアでのんびり過ごすのもよし、サンセットタイムに地元食材をBBQで楽しむのもおすすめ。
事前予約で手ぶらでOKなオーシャンフロントBBQプラン(別料金)もあるので、お手軽派にはこちらもおすすめです!

2階のリビングダイニングにもデッキチェアが置かれたテラスがあるのもうれしい!キッチンからドリンクを片手にテラスへ出て、海ビューを独り占め。何もしない時間を楽しみましょう。

信楽焼の露天とサウナで“整う”を体験!

信楽焼で造られた露天風呂からも海やサンセットを楽しめます。信楽焼の陶土に含まれる微量のラジウム鉱石は、遠赤外線の保温効果やマイナスイオンのリラクゼーション効果も。

1階のデッキテラス横には薪焚きサウナ小屋もあります。日本初のコンパクト・サウナトレーラーで知られる「METOS ASEMA(メトス アセマ)」では、いま人気の本格野外サウナが楽しめちゃいます。薪式サウナヒーターや木製ベンチを完備しているので、ロウリュ体験ができるのもうれしい。

サウナのあとは、サウナ横のジャクジー風呂で汗を流しデッキチェアでゆっくりくつろぐ。海を眺めながら最高の”整う”を体験できます。

夕日を眺めロマンチックなひとときを

淡路サンセットライン(県道31号)で知られるようにサンセットビューもお忘れなく!サンセットラインの名の通り、淡路島を代表するロマンチックな光景が目の前に広がります。そして夜になれば満天の星空が出迎えてくれます。

■KAMOME SLOW HOTEL Sustainable Cottage(かもめ すろー ほてる さすてぃなぶる こてーじ)

料金:1泊朝食付(4名利用時)1棟9万3500円~
電話番号:0799-85-1900
チェックイン:15:00  チェックアウト:11:00
住所:兵庫県淡路市郡家大谷北1108-1
アクセス:神戸淡路島鳴門自動車道北淡ICから6㎞
室数:1棟
駐車場:1台(無料)

宿泊ポイント

エアコン○ Wi-Fi○ テレビ○ 電話× シャワー○ 浴室○ キッチン○ 冷蔵庫○ タオル○ 洗浄機付きトイレ○ 洗濯機○ BBQ○ 食材予約○

Text: K&Bパブリッシャーズ
Photo: 施設

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください