• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 東京都
  • 昭和レトロな純喫茶で銅板焼きホットケーキとクリームソーダ「ブラウン喫茶デルコッファー」【ミスター黒猫の東京スイーツトレンドvol.58】
昭和レトロな純喫茶で銅板焼きホットケーキとクリームソーダ「ブラウン喫茶デルコッファー」【ミスター黒猫の東京スイーツトレンドvol.58】

昭和レトロな純喫茶で銅板焼きホットケーキとクリームソーダ「ブラウン喫茶デルコッファー」【ミスター黒猫の東京スイーツトレンドvol.58】

東京都 食・グルメ カフェ スイーツ ホットケーキ 純喫茶
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1,000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、毎回スイーツが美味しい素敵なお店を紹介しています。今回ご紹介するのは、36年の歴史ある「ブラウン喫茶デルコッファー」です。

Summary

昭和レトロな居心地良い喫茶店

都営浅草線本所吾妻橋駅すぐそばにある「ブラウン喫茶デルコッファー」。
地元の方を中心に多くの方に愛されながら36年の歴史ある喫茶店。
創業されたマスターもお店に顔を出されますが、現在は娘さんが2代目として営業されています。

2代目になって外観や装飾など新しくなりましたが、基本の雰囲気は創業時のまま、昭和の喫茶店の良い雰囲気を引き継いでいます。

「さまざまなトーンの美しいブラウンがちりばめられた店内。大切な父親から受け継いだ経年により日々変化し続ける店内のブラウンカラーをとても大切にしています。さらに美しく変化し続けるブラウンカラーを、2代目になっても表現し続けたいという情熱からブラウン喫茶とつけました」と店名の由来を娘さんが話してくださいました。

このブラウン喫茶の雰囲気が、なぜか居心地よく落ち着きます。
やっぱり黒猫は、昭和レトロな喫茶店が大好きにゃー♪

看板メニューの銅板焼きホットケーキ

自家製銅板焼きホットケーキ700円。
自家製銅板焼きホットケーキ700円。

お店の看板メニューのホットケーキ。
先代から引き継がれる銅板で、丁寧にじっくりと焼き上げるホットケーキ。
銅板手焼きならではの焼き色の美しさに、黒猫テンションMAXひゃっほー!

実は、2代目になってホットケーキが進化しています。
ホットケーキ愛が強い2代目が、先代のマスターと衝突しながらも試行錯誤を重ねリニューアルしたホットケーキ。
まず見た目。生地が厚くなり少しぷっくらしました。
そして、シンプルに味わうホットケーキなので、バターは北海道産の四つ葉バターに、メープルシロップもカナダ産オーガニックメープルシロップにグレードアップ。
2代目の素材へこだわる気持ちが伝わってきます。

その美しいホットケーキを、必殺!黒猫カッターで“ぱっかーん!”。
生地自体も今までよりベーキングパウダーと砂糖を大幅に減らし、生地の本来の味わいを引き出し、卵の撹拌と焼き方もひと工夫して改良。
実は黒猫、以前のホットケーキも味わっていて十分美味しかったのですが、リニューアル後は、さらに美味しさアップ!
以前は、表面サクッと中みっちりといった感じでしたが、リニューアル後は、表面サクッと中ふっくらで、しっとり感もアップしています。
この美味しさは、ぜひ味わって欲しいにゃー♪

グラスもかわいいクリームソーダ

クリームソーダ700円。
クリームソーダ700円。

昭和な純喫茶で欠かせないドリンクと言えばクリームソーダ。
こちらのクリームソーダが、またかわいくておすすめ!
グラスの上に綺麗にのるバニラアイスとチェリーが悶絶級の美しさ。
クリームソーダは、写真のグリーン(メロン)の他に、ブラウン(コーラ)、ローズ(イチゴ)、ベージュ(ジンジャエール)があります。

そしてグラスが、最高にかわいい♪
昭和レトロ気分MAX!なグラスは、アデリアレトロさんのもの。
2代目がこちらのグラスに惚れ込んで、少しずつ種類が増えています。
かわいいアデリアレトロさんのグラスで飲みたい場合は、注文の時にお願いしてくださいね。

自家製珈琲ゼリー650円。
自家製珈琲ゼリー650円。

喫茶店の正統派珈琲ゼリー。
珈琲が美味しいお店の珈琲ゼリーは、間違いなく美味しい。

バニラアイスがのり、甘さ控えめの珈琲ゼリー。
自家製ガムシロップが添えられますが、そのままでも大満足な美味しさでした。


ブラウンな世界に広がるこだわりのメニュー。
素敵なひとときを、ぜひ過ごしてくださいね。

■ブラウン喫茶デルコッファー(ぶらうんきっさでるこっふぁー)
住所:東京都墨田区吾妻橋3-1-10ローヤルジュン1F
TEL:03-3829-2070
営業時間:月~金曜は、8~17時(土・日曜、祝日は9時~)
定休日:無休


●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください