神戸_プラトン装飾美術館

【神戸】北野異人館屈指の美邸「プラトン装飾美術館」はインスタ映えスポットだらけ♪

兵庫県 神戸観光 洋館 美術館 カフェ るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

北野異人館街のなかでも装飾性の高い美術品や家具、調度品が見られる美邸として知られ、ヨーロピアンな撮影スポットとしてSNSでも人気が高い「プラトン装飾美術館(イタリア館)」。メイドさんの丁寧な案内やお嬢様気分で優雅なティータイムが楽しめる、スペシャルな異人館なんです♪

Summary

北野で唯一!今もオーナー家族が居住する公開異人館

神戸_プラトン装飾美術館

明治時代から昭和初期にかけて、浜側の居留地で働く外国人のための住宅として建てられた建物が集まる北野異人館街。「プラトン装飾美術館(イタリア館)」は大正初期の歴史的伝統建造物で、オーナーがイタリアを中心に欧州で収集した18〜19世紀の骨董美術品が展示されています。今もオーナー家族が実際に住みながら公開している、唯一の神戸異人館です。館内はメイドさんがアテンドしてくれます。

貴重な絵画や彫刻があちこちに!

神戸_プラトン装飾美術館
神戸_プラトン装飾美術館

玄関から入ってすぐの場所にあるのはザ・サロン(応接間)。ジャン=フランソワ・ミレー、カミーユ・コロー、テオドール・ルソーなど錚々たる画家の絵画が、所狭しと飾られています。「ミレーは貧困と戦いながら絵を描き続け、人々の共感を集めていったんです」とメイドさん。彫刻作品も多く、たとえばオーギュスト・ロダン作のラッセル夫人の胸像は、うっとりと穏やかな表情が印象的。「オーナーは『ロダンはラッセル夫人に恋していた』と言っているのよ」と、気持ちのこもったメイドさんの説明を聞くと、一つひとつの作品に興味を惹かれます。

神戸_プラトン装飾美術館
神戸_プラトン装飾美術館

ザ・サロンの隣、ダイニングルーム(食堂)では、ルネッサンス様式の彫刻が施された家具や暖炉が目を引きます。これらはイタリア人彫刻家、ビクター・エモーヌが手がけたもので、19世紀の貴族たちに好まれたそう。テーブルには食器がセットされ、繊細な模様入りの銀製のカトラリーも。今もゲストを招いてここで晩餐を行っているとのことで、その華麗な光景が目に浮かぶようです。

オーナー夫人のお茶目な趣味にもご注目!

神戸_プラトン装飾美術館

階段を上って2階へと進むとパウダールーム(化粧室)。棚には大きな香水瓶がズラリ、え?なんだかサイズ感がおかしくない?これ、実はお店のディスプレイ用に作られた特大サイズの香水で、オーナーの奥様がわざわざメーカーから取り寄せたコレクションなのだとか。まるで『不思議の国のアリス』のような奇妙な感覚に包まれる、館内きっての人気フォトスポットでもあります。オーナー夫人もきっと心踊らせながら集めたのでしょうね。

昔のヨーロッパ人の生活が垣間見られる

神戸_プラトン装飾美術館
神戸_プラトン装飾美術館

寝室に置かれたベッドは、昔のヨーロッパの上流階級が使用していた、手足を伸ばせない小型のもの。かつてヨーロッパに住む貴族のあいだでは、ゆっくり就寝するという考え方があまりなかったそうです。メイドさんが取り出したのはベッドウォーマー。「この容器の中に暖炉の火種を入れてベッドを温めていたんですよ」と教えてくれました。

神戸_プラトン装飾美術館

1階のダイニングルーム(食堂)でディナーを取ったあと、お茶を飲む場所として利用されていたリビング。ここにはヨーロッパ製の台座に中国製の棚が取り付けられた、中国から買い付けたという珍しい家具があります。異国への憧れから、ヨーロッパの人たちも中国の装飾品などを集めていたそう。建築当初に借家としてここに住んでいた外国人も、もしかしたら洋風のインテリアの中にアジアのテイストを取り入れていたかもしれません。

手作りスイーツが味わえるテラスも!

神戸_プラトン装飾美術館

見学後の休憩には、プールサイドのガーデンテラスへ。ここは土・日曜、祝日限定でカフェ営業をしており、手作りのケーキをはじめ、香り高い発酵バターやオーガニック食材を使ったクッキー、美しい銀食器で提供するイタリアンデザートのアフォガードなどが楽しめます。

神戸_プラトン装飾美術館
ケーキセット1200円

洋酒に漬け込んだドライフルーツを生地に練り込んで焼くイギリス風のフルーツケーキや、ベルギーチョコレートにこだわったガナッシュショコラなどが登場するケーキセット。内容はその日によって変わりますが、どのケーキもしっとりとしていて、やさしい甘みが口に広がります。

異国の貴族になったような錯覚に!

神戸_プラトン装飾美術館

館の名前は、ルネサンス期にイタリアで誕生し、のちに教育機関のようにとらえられたプラトン・アカデミーが由来。ここで古代ギリシア哲学を学んだ人々の姿勢に共感したオーナーが、「すぐれた美術品を後世に伝えたい」という強い意思でプラトン装飾美術館を誕生させました。招かれたゲストのようにメイドさんに案内され、絵や彫刻を間近に見ながら解説を聞き、感想を話し合ったりアートな写真を撮影したり…。ヨーロッパの貴族のような気分で、アカデミックなひと時を楽しんでみませんか?

■プラトン装飾美術館(イタリア館)
住所:兵庫県神戸市中央区北野町1-6-15
TEL:078-271-3346
開館時間:10〜17時 ※カフェの営業は土・日曜、祝日のみ11〜17時(15時30分LO)
入館料:大人800円、中学生・高校生500円
定休日:火曜(祝日の場合は開館)、要問合せ
※見学・カフェ利用とも予約不可

text:木元優子
photo:坂田 謙

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください