鎌倉・小町通りの甘味処「竹よし」で竹の器に入った豪華なクリームあんみつを!

鎌倉・小町通りの甘味処「竹よし」で竹の器に入った豪華なクリームあんみつを!

食・グルメ 和スイーツ・和菓子 甘味 抹茶 鎌倉のカフェ 専門店
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

昭和28年(1953)に和菓子屋として創業し、およそ70年の歴史をもつ鎌倉の甘味処「竹よし」。創業時から変わらぬ味の自家製つぶ餡を使った甘味をはじめ、上品な甘さの和スイーツが揃います。看板メニューの「あんみつ」は、竹型の器に入っていて色鮮やかな盛り付けもインパクト大!見てよし食べてよし!の甘味をとことん堪能しましょう♪

Summary

散策の小休止にぴったり。駅近な小町通りの甘味処

鎌倉駅東口から歩いて約3分。多くの人で賑わう小町通りなかほどの、二ツ目十字路角に立つ「甘味 竹よし」。創業以来この場所に店を構え、街の移り変わりを静かに見守ってきました。

“竹”のステンドグラスがポイントのショーウィンドウには、おすすめのメニューがずらり。サンプルを眺めているだけでも気分が高まります♪

ここに並んでいるのは、メニューのほんの一部。ほかにも「抹茶わらび餅白玉プリン」850円や「みつ豆」700円、「きな粉と白玉の二色アイス」750円など、30種類以上の甘味が揃います。「竹よし」では、餡子(あんこ)が楽しめる和スイーツだけでなく、実はきな粉を使ったものも一年を通して人気があるのだそう。

和洋の相まったモダンな店内は、木のぬくもりも感じる落ち着いた雰囲気。通りの喧騒から切り離されて、静かにくつろげます。

黒蜜をたっぷりかけて味わいたい!看板メニューの「あんみつ」たち

手前から「あんずクリームあんみつ」と「白玉クリームあんみつ」
手前から「あんずクリームあんみつ」と「白玉クリームあんみつ」

「あんみつ」は、屋号にちなみ竹をかたどった器に盛り付けて提供されます。自家製餡に白玉、バニラアイスやカラフルなフルーツなど、キュートな彩りで思わずカメラを向けたくなること間違いなし!

今回は「竹よし」の「あんみつ」メニューのなかで、特に人気のこちらの2品をご紹介します。

「あんずクリームあんみつ」850円 
「あんずクリームあんみつ」850円 
真横からのアングルもなかなかすごい!
真横からのアングルもなかなかすごい!

まずは、砂糖漬けにしたあんずをふんだんに入れた「あんずクリームあんみつ」です。濃縮された果実の甘みと自家製のつぶ餡が好相性!「あんみつ」に添えられている黒蜜も、もちろん自家製です。沖縄・西表島の黒糖から作る黒蜜は、コク深くて濃厚。それでいてさっぱりとした後味が特徴です。「あんみつ」のおいしさを存分に引き立ててくれる黒蜜をたっぷりと回しかけて、最後のひと口まで味わってみてください。

はずせない!王道の「白玉クリームあんみつ」

「白玉クリームあんみつ」830円 
「白玉クリームあんみつ」830円 

2品目は、安定の人気メニュー「白玉クリームあんみつ」。できたてもちもちの白玉、甘さ控えめのバニラアイスクリーム、そして季節のフルーツと自家製つぶ餡の幾重ものおいしさが楽しめるひと品です。

上品な甘さの“自家製つぶ餡”には、北海道の大納言小豆を使用。創業時から使い続けている銅鍋で丁寧に炊き上げたものです。小豆のつぶ感を絶妙のバランスで残した、こだわりの味をぜひどうぞ!つぶ餡はすべての「あんみつ」メニューにたっぷりと盛られていますよ!

通年味わえるものはもちろん、季節限定メニューも魅力的な「甘味 竹よし」。春から秋にかけては、つるんと喉越しのよい「くずきり」。夏には、つぶつぶ果実たっぷりのシロップを使った「かき氷」。寒い季節には、自家製餡を余すことなく味わえる「おしるこ」も人気なのだそう。次の鎌倉さんぽには、ほっと肩の力の抜けるやさしい甘味で、ひと休みしてみるのはいかがでしょうか。


Text:清沢奈央
Photo:櫻井めぐみ
Assistant:茨木幸子

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください