北上展勝地の桜並木

【岩手/北上展勝地さくらまつり】名所・桜並木を120%楽しむコツ

桜祭り 桜ライトアップ 週末おでかけ 東北観光 岩手県 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

みちのく三大桜名所のひとつに数えられる岩手県の「北上展勝地」。約2kmにわたって桜並木が続き、小高い丘から桜を望む絶景が楽しめます。4月中旬からの桜期間中はさくらまつりも開催。オススメのビュースポットや混雑必至のアクセスのコツなどもご紹介します♪

Summary

長い冬を終え、東北にも春がやってきました!東北の桜は、4月中旬〜5月上旬が見ごろ。今回は「みちのく三大桜名所」のひとつにも数えられる岩手県の北上展勝地さくらまつりをご紹介します。

北上展勝地さくらまつりってどんなイベント?

北上展勝地さくらまつり

岩手県の中央部を流れる北上川の河畔にある北上展勝地。北上川にかかる珊瑚橋から2kmにもわたって桜並木が続く、東北有数の桜の名所です。

293ヘクタールもの敷地内には、約1万本・約150種類のさまざまな桜が咲き誇り、4月中旬のソメイヨシノ、5月上旬のカスミザクラまでたっぷりと春を楽しむことができます。

北上展勝地は大正9(1920)年に、のちの黒沢尻町長が設立した和賀展勝会が桜の植栽事業を計画したことにはじまり、翌10年に開園。2021年には100周年を迎えた歴史ある市立公園です。

「展望のきいた名勝・景勝の地」という意味で名付けられた北上展勝地はスケールの大きい桜の風景を楽しめ、県外からも多くの花見客が訪れます。

2022年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一部中止となった催しもありますが、例年は北上川の鯉のぼり掲揚、観光馬車、観光遊覧船、夜桜ライトアップなどが行われます。

ではさっそく、オススメのビュースポットをご紹介しましょう♪

ビュースポット①陣ヶ丘から見下ろす桜並木

陣ヶ丘からの風景
陣ヶ丘からの風景

北上展勝地から道路を挟んだ向かいにある陣ヶ丘は、源頼義・義家、源頼朝など数多くの武将が陣を取ったと伝えられる小高い丘。この高台から約2kmの桜並木を見下ろすことができます。

桜並木の景色を望めるのはもちろん、陣ヶ丘にも花びらが黄色い桜や香りの強い桜などさまざまな珍しい種類の桜が植えられていて、4月中旬から5月上旬まで花見を楽しむことができます。

「展勝地」の名前の由来にもなった絶景に出会うことができる必訪のスポットです。

ビュースポット②馬車で進む桜のトンネル

赤い屋根の観光馬車が映える桜並木(観光馬車の運行時間:10〜16時、料金:中学生以上500円※2022年度は中止)
赤い屋根の観光馬車が映える桜並木(観光馬車の運行時間:10〜16時、料金:中学生以上500円※2022年は中止)/写真提供:岩手県観光協会

北上展勝地の最大のみどころは約2km続く桜並木。遊歩道の両側には満開の桜が咲き誇り、まるで桜のトンネルのようにアーチを描きます。

2022年は中止となりましたが例年は観光馬車も登場。約20分ほど揺られながらゆっくりと進み、歩いて見るのとはまた違うノスタルジックな雰囲気に包まれます。

軽快なリズムの蹄音を聴きながら、のんびりめぐってみてはいかがでしょうか。

ビュースポット③北上川を優雅に泳ぐ鯉のぼり

北上川上空を泳ぐ鯉のぼりと渡し舟
北上川上空を泳ぐ鯉のぼりと渡し舟 /写真提供:岩手県観光協会

桜並木に沿うように流れる北上川では約300匹の鯉のぼりが上空を泳ぎます(2022年は中止)。川を横断するようにずらりと並ぶ鯉のぼりは圧巻で、風を受けて気持ちよさそうな姿に癒されます。

また例年は観光遊覧船や渡し舟も運行されます(※2022年は中止 運航期間:4月15日〜5月5日、運航時間:【観光遊覧船】9〜17時【渡し舟】9時〜16時30分、料金:【観光遊覧船】大人1300円【渡し舟】大人400円)。

鯉のぼりの真下を通り、横には満開の桜がどこまでも続き、どこを切り取ってもステキな風景に出会えますよ♪

ライトアップイベントも開催♪(※2022年は中止)

夜桜ライトアップ
写真提供:北上市

夜間は桜並木がライトアップされ、幻想的な夜桜が浮かび上がります(2022年は中止)。ライトが桜を照らし、北上川には明かりが反射してキラキラ!昼間とは違った光景に花見客も酔いしれます。

ライトアップの開催時間は18〜20時となっており、まだ夜は肌寒い季節でもあるので暖かい格好で訪れるのがオススメです。

さくらまつりを120%楽しむコツ

みちのく三大桜名所のひとつにも数えられる北上展勝地は、期間中多くの花見客で賑わい混雑必至。

アクセスは最寄駅から車で10分、最寄りのICから車で15分ですが、一般車両の通行が禁止されている区間もあるため、以下の方法で訪れるのがオススメです。

  • 徒歩(JR北上駅東口から珊瑚橋側の桜並木入口まで徒歩20分)
  • 有料シャトルバス(市内〜会場 運行日:4月16日〜19日、料金:片道200円)
  • タクシー

※シャトルバスの乗り場等詳細は公式サイトきたぶら(https://kitakami-kanko.jp/post-8043/)へ

名物・展勝地もち。写真はミックス(あずき、ごま、くるみ、きな粉)600円
名物・展勝地もち®。写真はミックス(あずき、ごま、くるみ、きな粉)600円

また敷地内にはレストハウスもあり、地元でとれる新鮮な野菜や山菜を使った季節料理など郷土の味が揃います。とくにオススメなのが、毎日つきたての「展勝地もち®」。シンプルな素材のみで作られた手作りの味わいは絶品です♪

ほかにも北上周辺の工芸品やおみやげも豊富なので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。



■北上展勝地さくらまつり
きたかみてんしょうちさくらまつり

期間:2022年4月9日(土)~4月30日(土)
会場:北上市立公園展勝地(岩手県北上市立花)
交通:JR北上駅から車で10分、東北道北上江釣子ICから15分
TEL:0197-65-0300 (北上観光コンベンション協会)0197-64-2110(展勝地レストハウス)
営業時間:散策自由(展勝地レストハウスは10〜17時、期間中は無休)
料金:無料(車の場合、駐車協力金として1台500円)


\ たびのびで動画をチェック! /


Text :ジェンティーレ恵 Photo:北村美和子


●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください