絶景を知り尽くしたプロ厳選!関東近郊の絶景スポット5選|絶景写真の撮り方のコツも♪

絶景を知り尽くしたプロ厳選!関東近郊の絶景スポット5選|絶景写真の撮り方のコツも♪

おでかけ 絶景 自然 東京都 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

日常を忘れられるような癒しの絶景、実は近くにあるんです。今回は、週末の日帰り旅やちょっとしたおでかけにおすすめな関東近郊の絶景スポットを、旅が大好きで、SNSでの写真も大人気のaiaiさん(@aiai0311)に聞いてみました!日本中を旅したからこそ分かる春におすすめの絶景スポットと、aiaiさん流の絶景写真の撮り方をご紹介します。

Summary

大自然の中で非日常を味わう「HAKUBA IWATAKE MOUNTAIN RESORT」

長野県の白馬村にある「HAKUBA IWATAKE MOUNTAIN RESORT(ハクバ イワタケ マウンテンリゾート)」は、四季を通じた雄大な景色の中で、さまざまなアクティビティが楽しめるマウンテンリゾート。
白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)を最も美しく望める絶景スポットをはじめ、トレッキングやマウンテンバイクなど、自分だけの特別な時間が過ごせる場所なんです。

北アルプスの絶景を一望できる山頂テラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」では、絵はがきのような絶景がドーンと目の前に広がります。

<aiaiさんのおすすめポイント>
山の一片がリゾートスペースになっているので、壮大な北アルプスの中で非日常感を味わえるところ。 アクティビティやカフェも充実しているので、気分に合わせて楽しめますよ♩

テラスにはカフェも併設しています。大自然の中でほっとひと息♩
電源やWi-Fiもあるので、ちょっとしたお仕事もできちゃいます。なんてぜいたくな環境…!

アクティブ派へのおすすめは、美しい大自然の景色の中でライドする爽快感たっぷりのマウンテンバイク!
白馬の大自然を感じながら身体を動かしてリフレッシュ♪

山頂エリアには、雄大なアルプスに⾶び込むような感覚を楽しめる絶景大型ブランコが。まるでアニメの世界に入り込んだような体験ができます!

<aiaiさん流 絶景写真の撮り方>
上下のブランコ部分や地面を映さないのがポイント。
そうすることで浮いているような非現実感を出せて「なんだここは!?」な写真に♪


■HAKUBA IWATAKE MOUNTAIN RESORT(はくば いわたけ まうんてん りぞーと)
住所:長野県北安曇郡白馬村北城12056 白馬マウンテンリゾート
TEL:0261-72-2474
営業日:2022年4⽉28日(木)~11⽉13日(日)※2022年グリーンシーズン営業期間
営業時間:8時30分~16時20分
定休日:期間内無休 ※天候等の状況により営業内容変更の可能性あり

一面に広がる“青いじゅうたん”「国営ひたち海浜公園」

茨城県ひたちなか市の太平洋岸にある「国営ひたち海浜公園」では、彩り豊かな花々が四季を通じて楽しめます。
また、絶景を楽しんだ後は、併設された遊園地「プレジャーガーデン」での多彩なアトラクションや、林間アスレチック広場など、気分に合わせた過ごし方ができるのも魅力。

見渡す限りのネモフィラは圧巻です!どこまでも続きそうな花畑を一枚におさめて♪

<aiaiさんのおすすめポイント>
なかなかない青い絶景!一面に広がるネモフィラと青空の一体感も格別です。
景色の壮大さも楽しめて、お花もとってもかわいいので、遠くから見ても近くで見ても癒されます!

広大な敷地いっぱいのネモフィラブルーと青空は、思わず息をのむ光景。

<aiaiさん流 絶景写真の撮り方>
お花畑の中をぽつんと歩いている様子は、絶景感が伝わるのでおすすめです。
人気スポットでどうしても背景に人が入ってしまいがちなので、その場合は思い切って被写体の人物を近めにして、背景をぼかすのもおすすめ。ブルーがきれいなのでぼかしても印象的な一枚に仕上がります。

ネモフィラのアップもとってもかわいい♪

■国営ひたち海浜公園(こくえいひたちかいひんこうえん)
住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
TEL:029-265-9001
営業時間:9時30分~17時(季節によって変動あり)
定休日:毎週火曜(火曜が祝日の場合は翌平日、季節によって変動あり)

まるで海外!? エメラルドグリーンの絶景「鳩ノ巣渓谷」

東京都の西部に位置する奥多摩町にある「鳩ノ巣渓谷」。
奥多摩きっての渓谷美といわれ、約40mの断崖の下を流れる多摩川が、巨岩・奇岩の間を流れる姿はまさに壮大!
都内からは車や電車で2時間ほど。日々の疲れを癒やしたり、リフレッシュするにはうってつけの観光スポットです。

日本とは思えないエメラルドグリーンの湖に感動!夏には飛び込んで楽しむ人もいるそう。

<aiaiさんのおすすめポイント>
やはりとってもきれいなエメラルドグリーン!都内からもアクセスが良いのに海外のような気分を味わえます。
岩場でそのままゴロンとできるのも季節を問わず楽しめて◎

岩場で写真を撮るのはもちろん、お弁当を食べてピクニックするのもおすすめです。渓谷には橋がかかっていて、橋を入れた写真を撮るのも◎

橋の上からの景色もとってもきれいなんです!下に降りなくても橋を渡るだけで気軽に絶景を楽しめます。

<aiaiさん流 絶景写真の撮り方>
実物もちゃんとエメラルドで本当にきれいなので、加工で実際に見た色に調整します。
後ろ姿でさりげないおしゃれさを出すのがお気に入り♪


■鳩ノ巣渓谷(はとのすけいこく)
住所:東京都西多摩郡奥多摩町棚沢
TEL:0428-83-2152(一般社団法人奥多摩観光協会)
営業時間:終日開放 

都内で気軽に行ける♪癒しの竹林「等々力渓谷」

東京都世田谷区等々力にある「等々力渓谷」は、実は東京23区唯一の渓谷。東急大井町線等々力駅からは徒歩約3分という立地のよさながら、ここは東京?と都心にいることを思わず疑ってしまうほど自然豊かな観光スポットです。うっそうとした緑の中を流れる川のせせらぎ、澄んだ空気はまさに「都会のオアシス」!

<aiaiさんのおすすめポイント>
都内でありながら竹林があったり、緑がいっぱいの空間だったりと、散歩をしているだけで本当に気持ちいい場所です!リフレッシュしたいときに気軽に絶景が楽しめるって最高♪

<aiaiさん流 絶景写真の撮り方>
全部入れたいときは広角レンズもおすすめですが、いろいろ見えすぎるとリアル感が伝わって写真に現実感が出てしまうので、足元は見えないようにして絶景感、非現実感を出しています。
竹林の長い感じや緑がいっぱいある感じを出したくて、かなり下から煽って撮ってもらいました(笑)

渓谷には橋がかかっていて、まるで映画の世界にいるような絶景の中でお散歩を楽しめます。

■等々力渓谷公園(とどろきけいこくこうえん)
住所: 東京都世田谷区等々力1-22、2-37から38
TEL:03-3704-4972(玉川公園管理事務所)
営業時間:終日開放 ※一部日本庭園のみ9~17時(11~2月は~16時30分)

箱根の絶景をいろいろな角度から堪能「箱根元宮」

おすすめの社殿側からの一枚。箱根の絶景が一望できます。
おすすめの社殿側からの一枚。箱根の絶景が一望できます。

神奈川県・箱根山の中央火口丘のひとつ、駒ヶ岳の山頂にある「箱根元宮」。小田急箱根高速バス「箱根園」からロープウェーに乗り、頂上駅から徒歩8分で到着します。
1300mを超える標高から、芦ノ湖や相模湾、富士山などの絶景が楽しめ、運がよければ雲海を目にすることも…!

<aiaiさんのおすすめポイント>
見る方角によって、芦ノ湖や富士山など違った絶景を楽しめます。とても高いところにあり、ロープウェーで向かうので、ここに行く過程もずーっと絶景が続くんです!降りてからも、歩くだけでずっと絶景に囲まれていて癒やされました♪

社殿の周りの道も景色がとってもきれい。ずーっと歩いていたくなる道です♪

北西の方向には富士山が。ぐるっと反対側に回ると芦ノ湖の絶景も楽しめます。

<aiaiさん流 絶景写真の撮り方>
おすすめは社殿側からの絶景。上から撮れるので奥に広がる箱根の絶景感が伝わります。
箱根の大自然の中にある鳥居のポツンと感が、まるで異世界のような雰囲気を醸し出してくれます。


■箱根元宮(はこねもとつみや)
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根 駒ヶ岳山頂 
TEL:0460-83-7123(箱根神社社務所)
時間:9時~16時50分 ※ロープウェー営業時間
※神職のお務めは1・13・14・24日および土・日曜、祝日


気軽に行ける関東近郊の絶景スポットをご紹介しました。
心に残る絶景をおしゃれな写真に納めて、一生の思い出にしてみてはいかが?


【監修者プロフィール】

aiai
Instagram:@aiai0311
人生で大切にしているものはトキメキ、直感、笑顔。日本中や海外を旅してその魅力を発信するインフルエンサーとして幅広く活動中。やさしい色合いとほかにはないおおらかな雰囲気の写真がInstagramで大人気。


Photo:aiai
Text:高橋梨花(vivace)

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事の内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)などが変更になる場合があります。事前に店舗・施設へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。


Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください