長居植物園

【大阪】なんとひまわり2万株!夏の絶景を楽しむなら「長居植物園」へ!2022年リニューアル

大阪府 植物園 るるぶ&more.編集部 おでかけ お花 ひまわり
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

大阪・東住吉にある「大阪市立長居植物園」は、季節の花を楽しめる都会のオアシス。これからの夏の時期は、ひまわりがちょうど見頃を迎えます。一面に鮮やかなひまわりが広がる様子はまさに絶景!緑あふれる都会のオアシスへお出かけしましょう。

Summary

なんばから電車で15分!一面のひまわり畑を楽しめる「長居植物園」

長居植物園

「長居植物園」があるのは、大阪を代表する総合公園「長居公園」の一角。大阪メトロ長居駅から徒歩10分の場所です。一面のひまわり畑を楽しめるスポットが、なんばから電車で約15分の距離に!大阪市のど真ん中で、夏の風景をたっぷり楽しめちゃうんです!

長居植物園

約24.2haの園内に、約1200種もの植物がある日本屈指の植物園には、ハートの立体花壇や、四季折々の植物など、映えスポットもたくさん!

長居植物園
昭和49年(1974)の開園以来、親しまれてきた「長居植物園」は、2022年4月にリニューアルしました。正門前に約30年立つラクウショウ並木は、青々とした枝ぶりで出迎えてくれます。
長居植物園
アジサイ園など全11ある専門園のうち、ツバキ園やボタン園などもリニューアル。バラ園は、新品種などが加わり、土も入れ替えて、一つ一つの花が美しく生育できる環境に。
長居植物園
園内に広がる大池に突き出た展望島には、園内に窮屈そうに植わっていたシダレザクラを1本移植。シンボルとして大きく成長し、咲き誇る日が楽しみです。
ほかにも、林や池など生まれ変わった箇所は多く、みどころいっぱいですよ。

ネモフィラやコスモスも!季節ごとのお花フェアが楽しみ!

長居植物園

「長居植物園」では、4~11月にかけ、多彩なフェアを実施しています。「ひまわりウィーク」の行われるライフガーデンでは、4月中旬~5月上旬に「ネモフィラフェア」を開催。園路の際まで花が植えられているため迫力があり、見ごたえたっぷり!

長居植物園
バラ園では、春と秋の2回、「ローズウィーク」を開催。春バラは4月下旬~5月下旬、秋バラは、10月上旬~11月中旬が見頃です。約240品種、約3500株が植わり、特に春バラは格別の華やかさ!
長居植物園
渓流が流れる山奥の谷をイメージしたアジサイ園では、緩やかな起伏のある小径沿いに、大阪市内最大級の約1万株のアジサイが、見事に咲き乱れます。見ごろの5月下旬~6月下旬には、フェアを開催します。
長居植物園
雨に打たれ、しっとりと輝きを増したアジサイはさらに魅力的。梅雨どきならではのお楽しみです。アジサイは、約45品種が咲くので、好みの花を見つけるのも楽しいですよ。
長居植物園
11月上旬~下旬に開催される「コスモスフェア」も評判です。秋風に揺れる愛らしいコスモスには癒やされますよ。ライフガーデンでは、春・夏・秋の3シーズンに、ボランティアの協力を得ながら、種や小さな苗から育てた花を植え付けているそうです。

名物植物がたくさんで、1年を通して見ごたえあり!

長居植物園
ほかではなかなか見られない風景や植物も見られます。植物園の北側にある歴史の森は、植物化石を調べて地質時代の森を再現。約6600万年~260万年前に大阪で栄えた樹林を育成した、古代三紀-新第三紀植物群などは、幻想的にも感じます。
長居植物園
園の南東では、世界三大花木に数えられる南米原産のジャカランダの紫の花と、アメリカデイゴの真っ赤な花が咲く様子も見られます。6月ごろ、同時期に花が咲くため、紫と赤の見事なコントラストが楽しめますよ。
長居植物園
シャクヤク園の中に格子状に植えられたシダレエンジュは、夏には枝垂れた枝先にかわいらしい白い花をたくさんつけます。やがて冬になり、葉が落ちると…
長居植物園
幹や枝がグルグルとねじれたシュールな姿に!季節が変わるごとに度々訪れて、植物の変化を楽しむのもおすすめです。

2022年「ひまわりウィーク」が開催!見頃はいつまで?

長居植物園
そんな「長居植物園」の夏の人気イベントといえば「ひまわりウィーク」。園内のライフガーデンにて毎年7月末~8月中旬に開催されます。2022年は【7月30日(土)~8月14日(日)】で、期間中は休園日はありません。
長居植物園
こちらが、ライフガーデンのひまわり畑。夏の太陽のもと、元気いっぱいに咲き誇るビタミンカラーのひまわりたちが一面に広がる様子は圧巻です!2020年から少しずつ面積を増やしていき、現在は約2,000㎡のもの広さに、なんと2万株ものひまわりが植えられているそうです。
長居植物園
ラーフガーデンには園路が延び、満開の花畑の真ん中に立っているような眺めが堪能できる

開催日まで待ちきれない!という人は、ちょっと早めのひまわりが楽しめる「プレひま」も、【7月22~29日(25日は休園)】 に開催されます。ひと足早い、ひまわり鑑賞に出かけてみてください。
大都会・大阪市内にありながら、自然を身近に感じられる「長居植物園」。夏の「ひまわりウィーク」をはじめ、四季折々の美しい植物を楽しみに訪れてみてはいかがでしょうか。


■大阪市立長居植物園(おおさかしりつながいしょくぶつえん)
住所:大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL:06-6696-7117
料金:入園200円、中学生以下・大阪市内在住の65歳以上・障がい者手帳所持の場合は無料(要証明書提示)※夜間イベントや特別開園は別料金の場合あり
営業時間:9時30分~17時(11~2月は~16時30分)※入園は閉園の30分前まで
定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)※臨時開園・休園あり
アクセス:公共交通/大阪メトロ御堂筋線長居駅3号出口から徒歩10分

Text:林檎林
Photo:酒井羊一、長居植物園

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください