パンダに会いにアドベンチャーワールドへ!楽しみ方徹底ガイド

パンダに会いにアドベンチャーワールドへ!楽しみ方徹底ガイド

和歌山県 テーマパーク 動物園 パンダ イルカ ホッキョクグマ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

和歌山県白浜町にある「アドベンチャーワールド」は太平洋を望む緑豊かな大自然の中で、7頭のジャイアントパンダファミリーや世界各地の動物たちがのんびりと暮らす姿に癒やされる大人気の体験型テーマパーク。その多彩な魅力と、おすすめのみどころ、ぜひチェックしておきたい楽しみ方をご紹介します。

Summary

まずは入園情報をチェック♪

アドベンチャーワールドエントランス

現在7頭のパンダが暮らすアドベンチャーワールドは、ジャイアントパンダの飼育頭数日本一!約80万平方メートルの広大な敷地に、肉食動物や草食動物が暮らすサファリワールドやイルカやクジラのライブパフォーマンスが見られるマリンワールド、観覧車やジェットコースターのあるプレイゾーンもあり、ツアーやアトラクションも満載です。
当日、エントランスではアトラクション情報が記載されたパンフレット類が配布されるのでぜひ入手しましょう。

大人気のパンダファミリーに会いに行こう!

アドベンチャーワールドのパンダラブ
アドベンチャーワールドで生まれた4頭のパンダ姉妹が暮らす「パンダラブ」

入園したら、まず会いに行きたいのがパンダ。午前中は動きが活発で、エサの笹を食べたり、遊具で遊んだり、愛くるしい様子を見ることができます。
園内には2カ所のパンダ施設があり、入り口に近いのが「パンダラブ」。ここにはアドベンチャーワールドで生まれた4頭のパンダ、桜浜(おうひん)、桃浜(とうひん)、結浜(ゆいひん)姉妹と、末っ子の楓浜(ふうひん)が暮らしています。

アドベンチャーワールドのパンダ桜浜
【桜浜(おうひん)】メス、2014年12月2日、アドベンチャーワールド生まれ

桜浜は、桃浜とともに双子として生まれました。耳が大きく、目の周りの模様の目尻が少し吊り上がっているのがチャームポイントです。

アドベンチャーワールドのパンダ桃浜
【桃浜(とうひん)】メス、2014年12月2日、アドベンチャーワールド生まれ

一方の桃浜は耳が小さく、顔を横から見たときに鼻が長いのが見分け方のポイントです。

アドベンチャーワールドのパンダ結浜
【結浜(ゆいひん)】メス、2016年9月18日、アドベンチャーワールド生まれ

結浜の特徴は、母・良浜(らうひん)に似たおてんばな性格と、父・永明(えいめい)に似てスラリと伸びた長めの手足。チャームポイントは頭の上のとんがり。出生時には体重が197gあり、アドベンチャーワールドで一番大きなパンダの赤ちゃんとして誕生しました。

アドベンチャーワールドのパンダ楓浜
【楓浜(ふうひん)】メス、2020年11月22日、アドベンチャーワールド生まれ

楓浜は、2020年の「いい夫婦の日」に生まれた末っ子パンダ。2022年4月から母・良浜のもとを離れて独り立ち!お姉ちゃんパンダたちが暮らす、広々とした運動場のある「パンダラブ」で元気いっぱいの姿を公開中です。

アドベンチャーワールドのパンダ施設ブリーディングセンター
パンダファミリーの父・永明(えいめい)と、母・良浜(らうひん)、娘の彩浜(さいひん)が暮らす「ブリーディングセンター」

マリンワールドやサファリワールドに近い、施設の奥にある「ブリーディングセンター」はお父さんパンダの永明と、お母さんパンダの良浜、そして娘の彩浜(さいひん)がのびのびと暮らしています。

アドベンチャーワールドのパンダ永明
【永明(えいめい)】オス、1992年9月14日、中国生まれ

どっしりとして貫禄たっぷりの永明は、中国で生まれ、2歳のときにアドベンチャーワールドに来園しました。アドベンチャーワールドで生まれた16頭のパンダのお父さんです。「現在の飼育下で自然交配し繁殖した世界最高齢のジャイアントパンダ」として世界記録を更新中!

アドベンチャーワールドのパンダ良浜
【良浜(らうひん)】メス、2000年9月6日、アドベンチャーワールド生まれ

良浜は日本国内で12年ぶりに生まれた赤ちゃんとして、子育て上手だった母パンダ、梅梅(めいめい)から誕生。立派なメスのパンダに成長し、永明との間に7回の出産で10頭の赤ちゃんを生み育ててきたベテランお母さんです。

アドベンチャーワールドのパンダ彩浜
【彩浜(さいひん)】メス、2018年8月14日、アドベンチャーワールド生まれ

彩浜は出生時には体重が75gしかなく、アドベンチャーワールドで最も小さく生まれて周囲を心配させたパンダですが、母・良浜の愛情を受けて育ち、現在は体重90kgを超えるまでに成長しました。

海のアイドルたちのライブパフォーマンスと、動物たちが暮らすサファリワールドは必見!

マリンライブSmiles
マリンライブSmiles(見学無料、1日2〜3回開催)
アニマルアクション
アニマルアクション(見学無料、1日2〜3回開催)

アドベンチャーワールドを訪れたら、ぜひ見ておきたいのが「マリンワールド」のライブパフォーマンス。イルカやクジラによる大迫力のライブやアシカたちの愉快なライブなど、みどころ満載です。

サファリワールドのケニア号
サファリワールドのケニア号(乗車無料、随時運行)

キリンやシマウマが暮らす草食動物エリアと、ライオンやチーターが棲む肉食動物エリアの2つのゾーンで構成される「サファリワールド」へは、ケニア号に乗るのがおすすめです。両ゾーンを車窓から見学できます。

動物たちとふれあうツアーに参加しよう♪

「サファリワールド」「マリンワールド」では動物たちとのふれあいを楽しめる各種のツアーも開催されているのでチェックしましょう。それぞれ公式サイトのWEBチケットストアで事前予約、チケット購入をしておくのがおすすめです。

サファリWOW!ツアー
サファリWOW!ツアー(所要時間60分、料金3000円/カップ、定員40カップ)

●サファリWOW!ツアー
「サファリワールド」を徒歩でゆっくりと巡り、動物たちを観察して、においをかいで、おやつを与えるツアーです。アフリカゾウやアミメキリン、シロサイなどに、ふれられる距離に大接近!写真撮影もできてその迫力に思わずWOW!

ドルフィンフィーディング
ドルフィンフィーディング[所要時間約3分/組、料金2000円/カップ、定員15組(1組5名まで)]

●ドルフィンフィーディング
マリンワールドで、イルカにサインを出したり魚を与えて握手をしたり、ふれあえるツアー。

アシカおやつタイム
アシカおやつタイム[所要時間約2分、料金500円/カップ、定員30カップ(1人最大5カップまで購入可能)]

●アシカおやつタイム
アニマルアクションで活躍しているアシカに魚を与えることができるツアー。大きな口を開けてアシカがおやつを上手にキャッチ。リアクションもかわいくて癒やされます。

マリンワールドWish!
マリンワールドWish![所要時間90分、料金6000円/名、定員10名(4歳以上有料)]※当日空きがあればイルカふれあいプールにて受付を実施、先着順

●マリンワールド「Wish!」
イルカへのフィーディングやアザラシのトレーニング体験、ペンギンとのふれあいなど、間近で動物を観察しながら、さまざまな体験ができます。動物たちの生活環境を観察したり、イルカの食事準備などの飼育体験を通して、環境問題について一緒に考える「体験型学習ツアー」です。

ペンギンやホッキョクグマに会いに海獣館へ

レストランやショップが並ぶセンタードームに隣接する「海獣館」には、北極や南極の動物たちが生き生きと暮らしています。毎日2回「ホッキョクグマのお食事タイム」を開催。ガラス越しに、目の前で水しぶきを上げてダイブする迫力満点のお食事風景が見られます。

ペンギン食事タイム

「海獣館」では、ペンギンたちが自然界で暮らす様子を再現して、現在8種類約450羽を飼育中で、種の保存のための繁殖研究を行っています。
「ペンギンの食事タイム」は1日2回の開催。スタッフの解説を聞きながら、食事風景を観察することができます。

フェアリーペンギンの赤ちゃん

葛西臨海水族園とも協力して遺伝的多様性を維持し繁殖実績を積むペンギンプロジェクトが進行中!2022年6月には、世界最小のペンギン、フェアリーペンギンの赤ちゃんが4羽誕生しました!今後の公開が楽しみです!

ランチタイムはパンダグルメを楽しもう!

アドベンチャーワールド
「シーフードとゴロゴロ野菜のアヒージョ(ドリンク付き)」1720円

お楽しみのランチタイムは、園内のレストランやテイクアウトのショップで。「ふれあいの里」にあるパン工房にはパンダの顔をモチーフにしたパンが愛らしいランチプレートが充実しています。ほかにも「パンダ肉まん」1個350円などの軽食もあるのでお試しを。

愛らしいパンダモチーフのおみやげをゲット!

カタヌキバウム
「カタヌキバウム」1箱650円
カタヌキバウム
食べるのがもったいないくらいかわいい「カタヌキバウム」

アドベンチャーワールドのおみやげはパンダデザインのお菓子やグッズを。 人気のカタヌキバウムはしっとりとしたバウムクーヘンの表面をパンダモチーフでコーティング。シルエットに型抜きすると可愛いすぎて、食べるのが惜しくなるほどです。園内のショップ、AWとシンビオーシスで限定販売しています。

お散歩パンダバケット
「お散歩パンダバケット」2000円

ポップコーンが入った手提げ付きのパンダの形の容器は、おいしく食べた後は小物入れとしても使えそうです。

パンダバンブーピアス
「パンダバンブーピアス」4300円

竹細工の愛らしいアクセサリー。これ実は、パンダが食べ残した竹を有効利用して社会課題解決に貢献する「パンダバンブープロジェクト」の活動の一環なのだどか。里山を荒廃させる竹を伐採、パンダの食事として活用、またパンダが食べない竹の幹の部分や食べ残した竹もこのように有効活用することで里山の環境を守ることにもつながっています。ぜひおみやげに買ってみてはいかがでしょうか。

※2022年9月現在、アドベンチャーワールドでは、新型コロナウイルス感染症予防対策を実施中です。1日あたりの入園者数の制限を行っているため、公式WEBチケットストアで「1日入園券(日付指定券)」を事前購入しておくのがベターです。

■アドベンチャーワールド
住所:和歌山県白浜町堅田2399
TEL:0570-06-4481
営業時間:10〜17時(季節により異なる)
定休日:不定休(公式サイトで要確認)
入園料:4800円、65歳以上4300円、12〜17歳3800円、4〜11歳2800円
アクセス:JR白浜駅から明光バスアドベンチャーワールド行きで10分

Text:杏編集工房・中島彰子

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください