• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 静岡県
  • 【静岡・伊豆高原】「伊豆テディベア・ミュージアム」で物語の世界へ!テディベアを見て、作って、ティータイムをともに
【静岡・伊豆高原】「伊豆テディベア・ミュージアム」で物語の世界へ!テディベアを見て、作って、ティータイムをともに

【静岡・伊豆高原】「伊豆テディベア・ミュージアム」で物語の世界へ!テディベアを見て、作って、ティータイムをともに

おでかけ ミュージアム ぬいぐるみ ミュージアムカフェ ワークショップ 雨でもOK
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

都内から電車で約2時間と、アクセスのよい静岡県伊東市。伊豆高原の豊かな自然に囲まれた「伊豆テディベア・ミュージアム」には、さまざまなテディベアの展示をはじめ、特別展の開催やワークショップなど、1日を通して楽しみたい魅力が詰まっています。

Summary

動いたり、語ったり。テディベアたちが繰り広げるストーリー

1995年にオープンした伊豆テディベア・ミュージアムは、国内外のさまざまなコレクションを展示しているテディベア専門の博物館です。敷地内に入って目を凝らすと、看板や植木など、いろいろな姿のテディベアたちが出迎えてくれています。片手を上げる姿が、とってもキュート!

まずは、コレクションを展示している英国風の展示館へ向かいましょう。展示館では1階でテディベアの展示を、2階では「となりのトトロ ぬいぐるみ展」の特別展示を行っています。
入口では、大きなクマのぬいぐるみが出迎えてくれますよ。

1902年に誕生してからさまざまな歴史をたどってきた、世界各国のアンティークのテディベアたち。 中でも、1994年にテディベア・オークションで落札された、100年以上の歴史を持つテディベア「テディ・ガール」は必見!

通路を進むと現れるのは、立体的で動きのある大きな列車。小さなテディベアたちが「テディベア・エキスプレス」の中で繰り広げる、精密でドラマティックな世界を覗き見ることができます。

アメリカ開拓時代のテディベア工場を再現した「テディベア ファクトリー」や、メリーゴーラウンドを中心に遊園地を模したものなど、目が釘付けになる展示が続きます。

国内外のテディベア作家たちによる作品は、大人も子どもも楽しめるようにと見せ方に工夫が。1つ1つに足を止めて、じっくりとそのストーリーに潜り込んで。

ワークショップで、オリジナルのテディベアづくり

展示館の2階からテディベアの神社がある通路を通って、隣接する新館へと渡ります。
2階にあるのは、ワークショップルームと、スタッフがぬいぐるみを作る様子が見られるファクトリー。

ぬいぐるみを作るワークショップは、事前予約がおすすめ。ベースとなるテディベアと、ボタン、リボンなどが選べ、ベアの洋服には名前や日付なども入れられます。

早速、テディベアづくりに参加させていただくことに。色や表情が異なるテディベアの中からひとつを選び、綿とフェレットを詰めて形成していきます。

スタッフの方が親切に教えてくれるので、手先が不器用な人でも安心。テディベアの背中を縫い、飾りを付けて、1時間ほどで完成です。

生まれたばかりのテディベアを連れて、健康診断へ。綿の入れ具合などで変わる身長や体重を測り、「テディベアパスポート」の健康保険証に書き込みます。

最後にテディベアをMRI風のベッドに乗せると、性格診断が受けられます。この子は「のんびり屋さん」の診断結果が。身長や体重同様に、作った人によって、一体一体に個性が表れるのだそう。
自分だけのオリジナルテディベアを完成させ、性格まで知ってしまうと、まるで家族の一員を迎えたかのような愛着が生まれます。

かわいいテディベアたちと、庭を眺めてティータイム

ワークショップを終えたら、階段を降りて1階のミュージアムショップへ。見渡す限りにテディベアグッズが並ぶ様子に、思わず駆け寄ってしまいました。

「さくらベア」4400円
「さくらベア」4400円

伊豆テディベア・ミュージアム限定の「さくらベア」をはじめ、ぬいぐるみやトトログッズなど、この場所でしか買えないアイテムも。
海外には、大切な人にテディベアを贈るという習慣があるのだそう。ここで出会ったテディベアをプレゼントするのも素敵です。

ミュージアムショップの隣にはクッキーショップがあり、クッキーショップ奥の階段を降りると、緑鮮やかな中庭を眺めるティールームが広がっています。テーブルに先客のテディベアが座っている様子に、思わず胸がときめきます。

「デカプリン」550円、「ベア・ブラウニー」550円、「デンちゃんカフェラテ」660円
「デカプリン」550円、「ベア・ブラウニー」550円、「デンちゃんカフェラテ」660円

手づくりのスイーツは、どれもキュートで、素材の良さが伝わる贅沢な味わい。スプーンや食器など含め、至るところにクマちゃんがいるので、ぜひ探してみて。

カフェで一番人気の「デカプリン」は、誰もが頭に思い描く、まさに理想のプリン!たっぷりと注がれたカフェラテと合わせると、満足感でいっぱいに。ティールームでは、スコーンやシフォンケーキといった、さまざまな自家製スイーツを味わうことができますよ。

テディベアの歴史や文化だけでなく、目で見て、手を動かして感じる、テディベアの持つ温かみある魅力。「伊豆テディベア・ミュージアム」で、心満たされる休日を過ごしてみてはいかがでしょうか?

■伊豆テディベア・ミュージアム(いずてでぃべあみゅーじあむ)
住所:静岡県伊東市八幡野1064-2
TEL:0557-54-5001
時間:9時30分~17時(最終入館16時30分)
定休日:2・3・6・12月の第2火曜(6月は第2水曜も休)
料金:入館料大人1500円、ぬいぐるみワークショップ1人5500円

Text:横畠花歩
Photo:森島吉直(しずおかオンライン)

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください