西荻窪にコスパ最強のおにぎり専門店「粒」がオープン! お米のおいしさに感動♪

西荻窪にコスパ最強のおにぎり専門店「粒」がオープン! お米のおいしさに感動♪

東京都 和食 おにぎり お米大好き! るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

吉祥寺のお隣、住みたい街としても人気が高まる西荻窪に、おにぎりの専門店「粒(つぶ)」がオープン! 地域密着型でありながらも、プロが握ったおにぎりが食べられるお店の魅力をたっぷりお伝えします♪

Summary

西荻窪駅から徒歩3分! おにぎり職人が握る絶品おにぎり

JR西荻窪駅の南口から、商店街を3分ほど歩いた場所にある「粒」。かわいらしいお米の看板が目印のおにぎり屋さんです。

阿佐ヶ谷にある「沖縄そば 青(あお)」の姉妹店として2022年7月にオープン! プロが握った絶品おにぎりが食べられるんです♪
「粒」の店長は、おにぎり屋さんで修行を積み、いろいろなイベントでおにぎり屋さんを出店していた、まさに“おにぎり職人”。お米と具材はもちろん、炊き方や握り方などすべてに強いこだわりを持っています。
店内はシンプルでおしゃれな和の雰囲気。ショーケースにはズラリとおにぎりが並び、温かい雰囲気に心がホッと落ち着きます。
メニューは、定番から変わり種まで10種類以上! レアな具材は1日しか登場しないことも。

そんな「粒」で販売している、おすすめのおにぎりをご紹介!

塩おにぎりでお米のおいしさを堪能。変わり種のおにぎりも目白押し!

(左から)鮭茶漬け 230円、塩 200円
(左から)「鮭茶漬け」230円、「塩」200円
お店を訪れたら必ず食べてほしいのが、シンプルな「塩」おにぎり。強い粘り気と甘みが特徴の熊本の特別栽培米「森のくまさん」を使っています。

粒がしっかりとしているので食べごたえがあり、噛めば噛むほど甘みが引き立ちます。米のおいしさが最大限に楽しめるおにぎりです。塩は、にがり成分の少ない伊豆大島産を選ぶことで変色しにくく、うま味もプラス!

オレンジとグリーンが鮮やかな「鮭茶漬け」は、ほぐした鮭と茶葉、粒あられを混ぜ込んだ珍しい一品。茶葉は福岡の八女茶で、直接加えても苦みが少なくお茶の風味がしっかりと感じられます。

おにぎりでお茶漬けが楽しめるという、遊び心あふれるメニューです!
(左から)南高梅 200円、豚の生姜焼 300円
(左から)「南高梅」200円、「豚の生姜焼」300円
定番の「南高梅」は、昔ながらの塩分18%の梅を使用し、しっかりとした塩気と酸味が梅好きにはたまりません!

コロンとしたフォルムの「豚の生姜焼」は意外や意外、女性人気が高いわんぱくおにぎり。
中にはたっぷりの生姜焼き! お店一番のボリュームメニューです。

「塩」以外のおにぎりは、あっさりした味わいでしっかり粒の立った富山県のコシヒカリを使用。

また、米が潰れないよう、まとめるように握るのも「粒」のこだわり。食べるときにボロボロと崩れるわけではなく、ホロっとほどける絶妙な力加減。
とりしぐれ 200円
「とりしぐれ」200円
姉妹店「青」で、沖縄そばのだしを仕込む際に出る鷄ガラの身を甘辛く煮た「とりしぐれ」。良質な鶏を使っているので、だしを取った後でもうま味がたっぷり。リピーターも多く、ハマる人続出です。
「粒」では、日替わりのお総菜も販売しています。おふくろの味を思い出すやさしい味付けに、ほっとすること間違いなし。
豚肉と色どり野菜のカレー 300円(トッピングの野菜は日替わり)
「豚肉と色どり野菜のカレー」300円(トッピングの野菜は日替わり)
こちらは、ほぐした豚のだし骨の身と玉ねぎを具材に、カレー粉で味付けをしたスパイシーなトマトカレー。「雑穀米」200円との相性が抜群なので、ぜひ一緒に楽しんでみて♪

姉妹店の沖縄そば屋さんやおばんざい屋さんもおすすめ!

姉妹店の沖縄そば屋「青」やおばんざいとお酒のお店「豆」も、「粒」の近くで営業しています。本場さながらの沖縄そばやタコライスが食べられるので、近くに足を運んだ際は、ぜひ姉妹店にも立ち寄ってみてくださいね♪

■粒(つぶ)
住所:東京都杉並区西荻南3-7-3
TEL:03-5344-9992
営業時間:7~19時(土・日曜、祝日は10〜17時)
定休日:不定休

Text・Photo:久保田聡実(vivace)


●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください