• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 新潟県
  • 米粉ロールケーキのレシピも!米粉を使った甘くて優しいスイーツ♪洋菓子店「リリアン」のとっておきの米粉スイーツをご紹介
ケーキ

米粉ロールケーキのレシピも!米粉を使った甘くて優しいスイーツ♪洋菓子店「リリアン」のとっておきの米粉スイーツをご紹介

新潟県 るるぶ&more.編集部 米粉 スイーツ ケーキ 食・グルメ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

可愛らしい外観が目を引く吉祥寺の洋菓子店「リリアン」。新潟県産の米粉を中心に使用した、愛らしい見た目の米粉スイーツはどれも絶品です。「リリアン」の人気スイーツの一つ、「ロールケーキ」のレシピも公開!サクサクふわふわ、優しい甘さの米粉スイーツの世界をご紹介します。

Summary

吉祥寺駅から徒歩10分、成蹊大学近くの洋菓子店

店内内観

吉祥寺駅北口から徒歩約10分、五日市街道沿いにある洋菓子店「リリアン」。お店の外からは、ガラス越しに可愛い店内が伺えます。これから出会う、甘くてふわふわな米粉スイーツたちに心がときめきます。

内観

お店に入るとすぐ、ショーケースには生菓子のスイーツがずらり。反対側の棚には、手作りの焼き菓子が可愛らしいインテリアとともに並べられています。

店内

お店奥の喫茶スペースでは、買ったケーキをいれたてのコーヒーやドリンクとともにその場で楽しむことができます。金曜日と土曜日の夜には、「夜喫茶」としてお菓子にぴったりなコーヒーや紅茶、ミルクなどとリキュールを組み合わせたカクテルやブランデーなど、アルコールの提供も。仕事や学校終わりに、恋人や友人と気軽に立ち寄ることができるのも魅力の一つです。

店内

こだわりの内装にも注目。店内にはアンティークの雑貨がたくさんちりばめられています。ウィリアム・モリスの壁紙など、店主のご趣味が反映されているそう。可愛らしいお店の雰囲気は甘くて可愛らしいスイーツにぴったりで、乙女心をくすぐる空間です。

甘くてふんわり!フランス仕込みのこだわりの米粉スイーツたち

ショーケース
季節限定スイーツなどバリエーション豊富なスイーツがずらり!

「リリアン」は、2021年に移転する前から地元、吉祥寺をはじめ、多くの人に愛される洋菓子店です。生菓子は8~12種類、焼き菓子は23~26種類が揃っています。オーナーパティシエの鬼塚さんによると、「リリアン」の名前の由来はフランス語でお米を意味する“Riz”と「ニコニコ」という意味の“riant”を組み合わせた造語。「リリアンのお菓子を食べて、多くの人に満足してもらいたい」という気持ちが込められています。米粉スイーツを始めたのは、鬼塚さんご自身が小麦アレルギーになったことがきっかけでした。小麦アレルギーの方にも美味しくスイーツを食べてもらいたいという気持ちから、心を込めて作っているそう。

ショートケーキ

おすすめスイーツは「季節のフルーツのショートケーキ」。普通のショートケーキとはひと味違う、ふわふわの米粉スポンジと、やさしい甘さの生クリーム、季節のフルーツをサンドしたショートケーキです。無花果フルーツの控えめな甘さとクリームのまろやかさが口の中でとろけます。

すべてのスイーツには新潟県産米粉が、100%使用されています。新潟県産が選ばれた理由は、「新潟=米粉」という信頼と安心感。いろいろ試した結果、新潟県産の米を使用しています。また、米粉は小麦粉に比べて油の吸収率が低いため、血糖値の上昇の仕方も小麦粉に比べてゆるやかで健康にも良いそうです。

日本ではまだまだグルテンフリー文化が進んでおらず、小麦粉を食べられない方にとっては少し大変だそう。鬼塚さんがフランスで修業をしていたのは約20年前。4、5年前に再度フランスを訪れた際は、さらにグルテンフリー文化が進んでいて、米粉グルメの買物や外食も比較的スムーズだったそうです。多くの人に寄り添う洋菓子店を目指し、日々お菓子作りを続けています。

シュークリーム
「リリアン シュークリーム」

人気商品の一つ、「シュークリーム」!砂糖を振って香ばしく焼き上げたシュー生地と、ほんのりラム酒の香るカスタードクリームと生クリームがマッチしたこだわりのシュークリームです。

ガトーショコラ
「しっとりガトーショコラ」

フランス・ヴァローナ社のチョコレートとココアパウダーを使用した濃厚なしっとりチョコレートケーキ。上に乗った控えめな甘さのクリームと、しっとりとしたチョコレートが絶妙にマッチしています。

地方発送でも人気の焼き菓子たち

店内様子

「リリアン」のスイーツの中でも焼き菓子は、オンライン販売もされているためお取り寄せが可能です。全国各地から注文がある中、実際に新幹線に乗って地方から来店した親子連れも。小麦アレルギーのお子さんは、生まれて初めて食べるケーキに心から喜んでいたそうです。オンラインでは、この後レシピを紹介するロールケーキや焼き菓子を中心に販売しています。

クッキー
「リリアン」の焼き菓子たち

バリエーション豊富な焼き菓子の中でも、人気は「マドレーヌ」、「フィナンシェ」、「フロランタン」。

吉祥寺で愛される甘くて優しい米粉スイーツの洋菓子店「リリアン」


■リリアン
住所:東京都武蔵野市吉祥寺北町1-30-2
TEL:0422-29-3082
時間:11〜18時(金・土曜は夜喫茶営業11〜21時)
定休日:火・水曜


オーナーパティシエ直伝!リリアンの「米粉のミルクシフォンロール」のレシピ!

ロールケーキ

「リリアン」の人気商品の一つ、「米粉のミルクシフォンロール」のお家でも簡単に作れるレシピを特別にご紹介!オーナーパティシエ鬼塚さん直伝の絶品ロールケーキ作りを楽しみませんか?作り方は動画でもチェック!ふわふわでしっとり、米粉特有のもちもち感たっぷりのロールケーキは卵の味もしっかり残っていてやみつきの甘さです。


リリアンの「米粉のミルクシフォンロール」レシピ
材料
[ロール生地]
卵黄(4個分)80g
グラニュー糖 10g
牛乳50g
米油 40g
米粉 65g

[メレンゲ]※1
卵白 150g
グラニュー糖 75g

[クリーム]※2
生クリーム 180g
グラニュー糖 20g


作り方
(1) 4個分の卵黄とグラニュー糖10gを合わせて、ボウルに入れてハンドミキサーでもったりするまで泡立てます。

(2)米油と人肌程度に温めた牛乳を加え、その都度泡立て器でよく混ぜます。牛乳は冷たすぎると卵黄がダマになってしまうので注意!米油がない場合はサラダ油でもOKです。

(3)米粉を入れてよく混ぜます。米粉は一気に入れてもダマにならないので大丈夫!粉っ気がなくなるまでしっかりと混ぜ合わせます。

(4)メレンゲ(※1)を2回に分けて混ぜ合わせます。1回目は3分の1を入れて、泡立て器でダマがなくなるまでしっかりと。2回目は残りのメレンゲを全部入れてゴムベラで混ぜ合わせます。

(5)クッキングシートを敷いた鉄板に生地を流し込み、なるべく同じ厚みになるようにヘラで伸ばします。

(6)170〜180度に予熱したオーブンで15分程度焼きます。

(7)焼き上がったら生地が乾かないように、ラップをかけて冷まします。冷めたロール生地に、クリーム(※2)を広げて巻きます。

(8)冷蔵庫で30分以上休ませてからカットしてできあがり!

※1 メレンゲは卵白150gにグラニュー糖75gを入れてツノが立つまで泡立てます。
※2 クリームは生クリーム180gにグラニュー糖20gをミキサーでしっかり泡立てます。

世界に比べると日本のグルテンフリー文化の浸透はまだまだこれから。どんな人でもスイーツを心から楽しめると素敵ですね。自分で試して、周りの人にも米粉の魅力をどんどんおすすめしてみてください。

\新潟県産米粉の魅力を発信/


●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Sponsored:新潟県農林水産部

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください