東京駅まで新幹線で約50分!埼玉県本庄市でプチ移住体験

東京駅まで新幹線で約50分!埼玉県本庄市でプチ移住体験

埼玉県 おでかけ カフェ ランチ 居酒屋 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

ここ数年で一気に進んだリモートワーク化。それに伴い都心から少し離れたエリアに引っ越す人が増加したとか。「都心への通勤も可能だけれど、自然豊かで生活しやすい」。そんなエリアに人気が集まっている、ということで、今回は新幹線を使えば本庄早稲田駅から東京駅まで約50分と生活しやすい埼玉県本庄市にプチ移住体験しにきてみました!イラストレーター兼フードコーディネーターの私、小鳥遊しほがリアルな本庄市をお届けします!

Summary

本庄市ってどんなところ?まずは「terasuba本庄」で本庄市を知ろう♪

東京から新幹線で約50分、在来線で約1時間30分という、都心へも通勤圏内の埼玉県本庄市は、草津温泉や軽井沢などの観光地にもアクセスしやすい「レジャーベースタウン」としても有名で、移住に向いてる街らしい!そこで移住を本気で考えている私、小鳥遊しほがプチ移住を体験してきました!

まずは街の様子を知るために、JR本庄駅南口直結の「terasuba本庄」内にある「本庄市インフォメーションセンター」へ!こちらでは本庄市のパンフレットが無料でゲットできるので、本庄初心者は必見です。たくさん情報集めるぞ~!

パンフレットをゲットしたら、併設のグリーンをたくさん使ったおしゃれなカフェで、ほっと一息。ここでパンフレットを読むのもオススメです!

カフェではこんなカラフルなクリームソーダも飲めちゃいます。

そして「terasuba本庄」は、なんとスタジオも併設!お仕事帰りに駅で運動、なんてことも可能。鏡ばりの綺麗なスタジオで定期開催されているダンスやウォーキング教室に参加できるほか、こちらを会議室として利用することもOK。駅周りだけでもかなり便利~!

■terasuba本庄
(てらすばほんじょう)

住所:埼玉県本庄市駅南2-1-4
TEL:0495-37-3616
営業時間:9~21時(カフェは10~19時)
定休日:無休、カフェは日曜

古い蔵があちこちに。蔵をリノベした「NINOKURA」で体に優しいランチを

江戸時代、中山道最大の宿場町だった本庄宿。本庄駅周辺には古い蔵がたくさん残り、カフェや美容室などにリノベーションされて再活用されているんです!その一つ「NINOKURA」は、小森商店の味噌・醤油蔵を改造したカフェで、テレビにも取り上げられ、お邪魔した日も地元の人で賑わっていました。そんな人気のカフェに早速潜入~!

店内は蔵の雰囲気をそのままに、本や雑貨が飾られ、居心地のいいカフェになっています。

人気メニューの「豆ごぜん」をいただきます。日替わりの主菜にサラダ・お味噌汁・副菜がたっぷり付いて1080円!

ご飯は雑穀米と白米から選べます。具沢山な味噌汁の味噌は自家製。地元の野菜を使用した、地産地消の素敵なカフェごはんに身も心も癒やされること間違いなしです。

2階もあるということで、食後に拝見!土壁が味わい深い~!

蔵ならではの雰囲気に魅了されます。レジ横で売られている地元の野菜や手作り雑貨も必見です。

■NINOKURA
(にのくら)

住所:埼玉県本庄市千代田4-2-4 二の蔵
TEL:0495-24-7878
営業時間:11~16時(土・日曜、祝日は~17時)
定休日:水・木曜

リモート勤務も快適!「本庄デパートメント“WORK+PARLOR”」でお仕事

お腹を満たした後は、本庄市で築約100年の元料亭をリノベーションしたという「本庄デパートメント “WORK+PARLOR”」へ。こちらはカフェやコワーキングスペース、ショップなどが入った複合施設になっています。今日はこちらのコワーキングスペースでお仕事を!

おしゃれな空間で仕事をすると、気分もアップ。900~1000円(ドリンク込)ほどの料金でWi-Fiやコンセントなどを使えるコワーキングスペースとして利用可能です。

家で描くよりカフェで描く方がはかどる派の私。顔馴染みになって毎日通える、そんなお店にしたい空間です。

クリームソーダと焼き菓子を注文。取材時のクリームソーダは柿・南高梅・アップルジンジャーというちょっと変わったラインナップ!今日は「柿のクリームソーダ」700円を頼んだけど、季節ごとに内容が変わるそうなので、次はほかのクリームソーダも絶対飲みたい~!

焼き菓子も日によって違うとのこと。今日は「りんごキャラメルマーブルパウンドケーキ」350円で、クリームソーダに合う魅力的な逸品でした。

■本庄デパートメント “WORK+PARLOR
(ほんじょうでぱーとめんと “わーくぱーらー”
住所:埼玉県本庄市銀座2-2-1
営業時間:11時30分~17時
定休日: 月・木曜

本庄市は人口比率に対して飲み屋さんが多い!?「美佐古゛(みさご酒場)」でお疲れカンパイ!

本庄市には人口比率に対して飲み屋さんがたくさんあり、お酒好きにはたまらない街なんだとか。お仕事も終わり、がんばったご褒美に一杯飲みたいので、今日はアットホームな雰囲気の「美佐古゛(みさご酒場)」へ。こちらはご両親が和食を、息子さんがフレンチを提供しているというおもしろいお店なんです~!

早速、名物のおでんを注文します!(本当にフレンチもあるの?と思うほど和食屋さんの雰囲気)

たくさん揃えているという日本酒を注文。グラスが和じゃなく洋…!

味がしみしみの激旨おでんはほとんど100円というから驚き。

と、ここでフレンチきたーーーー!「鴨胸肉のソテー」1900円です。

おでんからの鴨。振り幅がすごすぎて口内もびっくり(笑)。しっとりジューシーな鴨にほっぺたが落ちそうです。

そしてフレンチといえば赤ワイン。日本酒からの赤ワイン。なんてこった!(最高です)

おしゃべり上手な息子さんが、お酒の説明も丁寧にしてくれます。こういうのも、飲食店の醍醐味だよね~!

家族経営のアットホームな「美佐古゛(みさご酒場)」で、仕事の疲れを吹き飛ばしましょう!

美佐古゛(みさご酒場)
((みさご゛(みさごさかば))

住所:埼玉県本庄市銀座 2-12-21
TEL:0495-22-3232
営業時間:17時30分~22時30分
定休日:日曜、祝日の月曜

早起きして「ベーカリーズキッチン オハナ 本庄本店」で焼きたてパンを味わう!

2日目は、朝早く起きて「ベーカリーズキッチン オハナ 本庄本店」へ。水色のドアがとってもかわいい、地元の人で賑わう大人気のパン屋さんです!

種類が豊富で選ぶのが大変(笑)。こちらのお店は都内にも店舗展開されているほどの有名店というだけあって、とにかくどれもおいしそう…!

デニッシュ系からハード系まで、なんでも揃っています。

こちらが不動の人気No.1の「塩堅焼きバター」129円。これは外せない逸品ですね。

イートインスペースもとっても素敵…!気持ちのいい陽が差し込むこちらのスペースでは、パンをトースターで温めてから食べることも可能ですよ。

■ベーカリーズキッチン オハナ 本庄本店
(べーかりーずきっちん おはな ほんじょうほんてん)
住所:埼玉県本庄市早稲田の杜4-2-30
TEL:0495-71-9087
営業時間:7~19時
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)

市民の憩いの場「マリーゴールドの丘公園」でピクニック

オハナさんで選んだのはこちらの6点!買いすぎ(笑)? 1番人気の「塩堅焼きバター」129円(写真左中央)はもちろん、2番目に人気の「十勝豊西牛カレーパン」313円(写真手前中央)、3番目に人気の「クラプフェン(ドーナツシュガー)」183円(写真右上)、そのほかマフィンやドッグなど食欲のままにゲットです!

たくさんのパンを片手にやってきたのは市民の憩いの場「マリーゴールドの丘公園」!秋には満開のマリーゴールドが楽しめるこちらの公園は、ベンチやトイレ、駐車場も完備していて、気軽に立ち寄ることができます。

こんな素敵な写真も撮れます。なんだかミュージックビデオのワンシーンかのよう?

(写真提供:マリーゴールドの丘公園)
(写真提供:本庄市

ちなみにこちらの公園、冬季はイルミネーションも開催!きっと青・白・ゴールドの綺麗な光に心が洗われる夜になることでしょう。

こんなかっこいい写真も撮れます!2023年は1月29日(日)までやっているのでぜひ。

■マリーゴールドの丘公園
(まりーごーるどのおかこうえん)

住所:埼玉県本庄市早稲田の杜1-13-1外
TEL:0495-25-1137
定休日:無休(駐車場は9〜17時、イルミネーション期間中は〜22時)
料金:入園無料

まだある!暮らした時にうれしいスポット

そのほかにも本庄市には素敵なお店やスポットがたくさん!住んだらきっと通うな〜という便利なお店や行きたい場所を紹介します!

ダイニング恩むすび

「ダイニング恩むすび」は朝食から夕食まで幅広く使えそうなお店!おむすびを中心としたほっこり系の和食メニューが食べられる温かなお店です。

お客さんの顔を見てから握る、というお母さんお手製のおむすび。雰囲気からしてもう絶対旨い…!(泣)

おにぎりは「明太子」230円、「高菜あぶり焼き豚」280円、「梅れんこんひじき」220円を注文。お米は本庄市でとれたものを使用!

温かいご飯、包みたての海苔、たっぷりの具材。こんな愛にふれてしまったら、コンビニのおにぎりにはもう戻れないかもしれません…!

■ダイニング恩むすび
(だいにんぐおんむすび)

住所:埼玉県本庄市銀座1-9-23
TEL:0495-37-4412
営業時間:7~22時(ご飯がなくなり次第終了)
定休日:水曜

ベイシア本庄早稲田ゲート店

お買物はこちら!広―い店内、広―い駐車場。敷地内には人気回転寿司チェーン店や書店も併設。広いスーパーって楽しいよね。本庄に住んだら家族とのんびりショッピングを楽しみたいな~!

■ベイシア本庄早稲田ゲート店
(べいしあほんじょうわせだげーとてん)
住所:埼玉県本庄市早稲田の杜2-1-1
TEL:0495-27-7000
営業時間:9~20時
定休日:無休

ふれあいの里いずみ亭

こちらは絶景のなかにたたずむ素敵なおそば屋さん。打ちたてのおいしいおそばをいただけます!

注文したのは「とろろそば」780円と「野菜天ぷら大」300円。天ぷらとセットで約1000円なんて、安い…!

しかも、自然いっぱいの景色を眺めながら食べられるんです。最高じゃないですか?

おそばはコシがしっかりとある細めのタイプ。とろろが絡んでとってもおいしい!地元の方で賑わっていて、撮影中は常に満席状態でした。こんなに安くておいしいおそば屋さん、私も住んだら絶対来ちゃう~!

■ふれあいの里いずみ亭
(ふれあいのさといずみてい)

住所:埼玉県本庄市児玉町河内209-1
TEL:0495-78-0280
営業時間:11~15時(土・日曜、祝日は~19時、11~3月は~17時)※売切れ次第終了
定休日:木曜(祝日の場合は翌日)

日本神社

まるで秘境!? な山道を登って訪れたのは、勝ち運にご利益があるといわれる「日本神社」!

ご神徳は武運、国土守護、災難除けというこちらの神社、メダリストの方が参拝に来られていたり、「日本神社」の青達磨を贈られた “なでしこジャパン”が2011年のワールドカップを制したりと、世界レベルの“勝ち運”となっているらしく、本庄に住んだら絶対に来たい場所です。

青達磨がずらり。こちらの達磨は「日本神社」の入口あたりにある商店で授与することができます。青い達磨って新鮮~!

人生という勝負に勝ちたいので、しっかり祈っておきました。みなさんも、勝負事の前にはぜひ「日本神社」へ。

■日本神社
(にほんじんじゃ)

住所:埼玉県本庄市児玉町小平1578
TEL:0495-72-2656(八幡神社社務所)
営業時間:参拝自由
定休日:八幡神社社務所へ問合せ

29歳以下必見! 【U29】本庄市移住生活スタート応援金

おしゃれなカフェやコワーキングスペース、個性豊かな居酒屋さんに加え、緑豊かな公園もあってとっても住みやすそうな本庄市。しかも、今なら東京圏から本庄市に移住する29歳以下の方へ最大15万円を交付するという制度も!移住する時、最大で15万円も援助いただけるなんてとても助かる…!この機会に、本庄市への移住を考えてみてはいかがでしょうか?

■【U29】本庄市移住生活スタート応援金
本庄市移住生活スタート応援金は、東京圏から本庄市に移住する29歳以下の方へ、最大15万円を交付する制度です。

<交付対象者について>
以下の要件をすべて満たしている方が対象です。
・2022年4月1日以降に本庄市へ転入していること
・本庄市への転入直前において、東京圏(本庄市及び本庄市の生活圏を除く)に1年以上継続して居住していたこと
※「東京圏」とは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県を指します。
※「本庄市の生活圏」とは埼玉県熊谷市、深谷市、皆野町、長瀞町、美里町、神川町、上里町、寄居町を指します。
・本庄市への転入日において18歳から29歳までの年齢であること
・生徒及び学生でないこと
・転入した住宅が、申請者又はその配偶者の名義で契約された工事請負契約、不動産売買契約、賃貸借契約を伴って居住する住宅であること(ただし、申請者以外の第三者が名義人となって契約する賃貸借契約において、申請者が同居人として契約書上に記載されている場合はこの限りでない)
・転入した住宅が、公営住宅または社宅でないこと
・申請者又はその配偶者、もしくは転入した住宅に同居する者が、就業していること
・本庄市への転入日から2年以上、本庄市に継続して居住する意思があること
・申請者が日本人又は外国人であって永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者もしくは特別永住者のいずれかの在留資格を有すること
・申請者及びその属する世帯の全員が、暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力と関係を有する者でないこと

<交付額について>
・基本額
10万円
※申請者が単身での移住の場合又は申請者以外の世帯員に移住をする者がいない場合は5万円です。
・加算額
次のいずれかに該当する場合には、基本額に5万円を加算して交付します。
・申請日時点で中学生以下の子と同居している場合
・申請者が、東京圏(本庄市及び本庄市の生活圏を除く)に通勤している場合
※両方に該当している場合でも、加算額の上限は5万円です。

<申請方法について>
・必ず、本庄市への転入日の前日までに事前申込を行ってください。
・転入日から3カ月以内に本申請を行ってください。


text:小鳥遊しほ
photo:小松正樹

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。
●撮影時のみマスク着用なしで、感染症対策に十分配慮したうえで撮影を実施しています。

Sponsored:本庄市

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください