世田谷の新名所にできた「洞洞」のキュートな変わり種ドーナツ、その味わいやいかに!?

世田谷の新名所にできた「洞洞」のキュートな変わり種ドーナツ、その味わいやいかに!?

食・グルメ ドーナツ ギャラリーカフェ チーズ コーヒー 東京都
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

6年以上もかけて開発を続けていた「下北線路街」が、2022年5月に全面開業。それから約3ヶ月後、建築事務所の1階にオープンしたのがドーナツ専門店「洞洞(ほらほら)」です。1年以上もかけて開発したというドーナツ生地は「最高のふわふわ食感」。国産小麦の魅力を生かした味わいは、変わり種の具材とも相性抜群なんですよ!

Summary

ドーナツファンなら遠出してでも訪れてほしい下北線路街の「洞洞」

小田急線の線路が地下化したことで、再開発が進んでいる東北沢駅、下北沢駅、世田谷代田駅をつなぐ道。地上部分の全長約1.7kmが「下北線路街」として、ステキなお店が立ち並ぶ散歩道になっています。今回立ち寄ったのは、鎌倉通りと交差する場所にあるドーナツ専門店「洞洞」です。

こちらは下北線路街を象徴するスポットのひとつ。商店街をイメージした複合施設「BONUS TRACK」などの設計担当である建築家ユニット「ツバメアーキテクツ」の事務所1階です。イートインスペースはギャラリーにもなっていて、コンクリートや鉄骨がむき出しの無骨な空間だからこそ、色鮮やかな絵画が映えています。芸術作品の展示だけでなく、古着や陶器のポップアップストアが登場するほか、ワークショップなども開催される予定だそうです。

洞穴のようにひっそりとしながら、温かみもあるお店を目指して「洞洞」と名付けたという店主の佐藤七海さん。東京藝術大学の建築科を卒業し、デザイン事務所などを経て飲食業のインハウスデザイナーをしていたという異色の経歴の持ち主です。

店頭に並ぶドーナツは、1年ほどかけてレシピを研究開発したという自信作。さまざまな人気ドーナツを食べ比べながら、強力粉と薄力粉の組合わせ、発酵の温度や時間など、試行錯誤を重ねて「最高のふわふわ食感」にたどり着いたと言います。

バーナーで炙ったチーズの香りが大いに食欲を刺激する「エリンギチーズ」

まずはシンプルな味から楽しんでみようかと思っていたのですが……どうしても気になって「エリンギチーズ」420円をオーダーしました。オーダーを受けてから、プレーンなドーナツの上に、エリンギのソテーとモッツァレラチーズをのせ、なんと取り出したのはガスバーナー!

こんがりと焼き色がつくと同時に、よい香りがただよってきました。

ドーナツ界の常識を覆す摩訶不思議なビジュアル。ソーセージや卵を使ったお惣菜系のドーナツなら食べたことはありますが、エリンギ味を楽しむのは初体験でした。その味わいはというと……これまた驚きのおいしさ!

もっちりとしたチーズや弾力のあるエリンギを引き立てる、ふわふわのドーナツ生地。小麦の香りがやさしくて、それがまたエリンギの味わいをくっきり浮かび上がらせるんです。

ドーナツの作り方は企業秘密だそうですが「海外産の高級小麦だと香りが強すぎるため、2種類の国産小麦粉を絶妙にブレンドしている」と、こっそり教えていただきました。エリンギの味が際立つように、チーズもあえて風味が強くないものを選んでいるとか。さすが藝大で建築を学んでいただけあって、メニュー開発も緻密な計算をしているようです!

カボチャを練り込んだドーナツ生地にパンプキンホイップクリームを入れ、キャラメルソースで仕上げているという「パンプキン」420円など、ほかのメニューも変わり種ばかり。ドーナツ生地自体が小麦を生かしたナチュラルな風味なので、幅広い具材や味付けと相性抜群なのでしょう。

ふわふわの生地だからこそ果実の食感が際立つ「アップルシナモン」

写真左にあるのは作りかけの「アップルシナモン」420円。かわいらしい見た目に惹かれて、こちらもオーダーしてみました。この日、具材に使用していたのは「ふじ」という品種のリンゴ。シャキッとした食感を出すために、あえて硬めのものを選んでいるそう。オープンで軽く水分を飛ばし、リンゴシロップでコーティングしたドーナツにのせ、たっぷりとシナモンパウダーをかけたら完成です!

ふわふわなだけでなく、もっちり感、ふっくら感もある生地は、やはり素材の風味や食感を引き立てます。リンゴのシャキシャキとした食感をしっかりと際立たせていました。シナモンたっぷりで香りこそ華やかですが、味わいもリンゴ本来の甘さをしっかり感じるナチュラルテイストです。

果実らしい甘酸っぱさがたまらない「ラズベリーグレーズド」380円は「ホットコーヒー」400円と合わせて楽しみました。コーヒー豆は三軒茶屋にある人気店「OBSCURA COFFEE ROASTERS(オブスキュラ コーヒー ロースターズ)」から仕入れるなど、ドーナツに適したものを専門家のアドバイスを元にチョイスしているそうですよ!

今回は3個のドーナツを食べて大満足でしたが、油控えめの軽い食べ心地だったので罪悪感はゼロ。香りや食感は力強くて、味わいはヘルシーかつナチュラル。ちょっぴりジャンクフードの印象があったドーナツの固定概念を、みごとに覆してくれるお店でした!


■洞洞(ほらほら)
住所:東京都世田谷区代田2-36-19 HORABUILDING 1F
営業時間:12〜19時※金~日曜は〜21時(ドーナツがなくなり次第終了)
定休日:月曜


Text&Photo:柴山たき(effect)

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください