とにかくトロけて、とにかく濃厚!GLACIELの生グラスって!?

とにかくトロけて、とにかく濃厚!GLACIELの生グラスって!?

食・グルメ アイスクリーム スイーツ カフェ 原宿・表参道のカフェ 東京都
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

表参道の路地にひっそりとたたずむ、「GLACIEL(グラッシェル)」はアイスクリームの専門店。北海道の有名な洋菓子店「ルタオ」がプロデュースしたお店です。この「グラッシェル」でひときわ注目を集めているのが、素材を最大限に活かした贅沢なアイスクリーム「生グラス」。これまでのアイスクリームとはまったく違う、口に入れた瞬間に舌の上でトロけていく食感と、旬な素材を使った濃厚なテイストに、リピートする人が続出中なんです。

Summary

パティシエが厳選した素材で作る「生グラス」はとにかく新鮮!

「生グラス」のグラスとは、フランス語でアイスクリームを意味します。“生”がつくほど新鮮な、お店で作りたてを楽しめる「グラッシェル」の「生グラス」は、パティシエが直接生産者の元を訪れて厳選した素材で作られていて、しっかりとした素材本来の味が楽しめると評判です。

ラインナップは12種類!こだわり食材の味がギュッと詰まった濃厚な味わい

「グラッシェル」では「ピスターシュ」や「チョコチップ」、苺とバニラを使った「フレーズバニーユ」などの常時12種類の「生グラス」がお店に並びます。

一番人気の「ピスターシュ」は、フランス産のピスタチオをお店で丁寧にペースト状にして作られるというこだわりよう。また、2年に1度しか手に入らない希少価値の高い抹茶をふんだんに使用した「宇治抹茶」も濃厚な抹茶の香りがおすすめ。このような素材へのこだわりが「生グラス」の濃厚な味わいの秘密です。

「どれも美味しそうで、ひとつに絞れない!」というよくばりさんには、2つの味を楽しめるダブル(594円〜)がおすすめ。季節により旬の素材を使った限定フレーバーも楽しめるので要チェック。

まるで花束!食感の変化が楽しいアイスケーキ「バルーンドフリュイ」

「グラッシェル」ではアイスクリームを使ったデコレーションケーキも人気です。なかでも花束のように華やかな「バルーンドフリュイ」(4104円)は、日本経済新聞が発表したアイスケーキのランキングで全国1位を獲得したこともあるロングセラー商品。

ケーキは、ベリーソースでコーティングされたバニラアイスを土台に、いちごとバニラのマーブルアイスを覆うようにして5種類の丸いシャーベットがトッピングされています。さまざまなアイスクリームを使うことによる味わいと食感の変化に、食べ進めるのが楽しみな一品です。

パティシエが全国から厳選した食材を使った12種類の「生グラス」。口に入れた瞬間に広がる濃厚な味わいと、トロける食感はまさに口福そのもの! “生”ものですのでお早めに召し上がれ。アイスの概念を覆されますよ!

text:松本峻朔(エフェクト)

●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。変更されることがありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください