ピクニックに何持ってく?バスケットの中身は【YURIEの週末ソトアソビ vol.2】

YURIE YURIE
ライフスタイル YURIE &mores ピクニック 公園
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

晴れた日の週末。都会で過ごすのもいいけれど、どこか自然の中にでかけてみませんか?趣味は旅とキャンプ、ソトアソビが大好きなYURIEが、楽しいソトアソビの世界にご案内します。今回はピクニックバスケットの中身、持ち物編です。どんなグッズがあれば楽しく快適に過ごせるか、私の経験からご紹介します!

YURIE 流ピクニックのポイント

カバンの中身〜カッティングボードをテーブル代わりに〜

ピクニックへ行く時に何を持って出かけますか?大荷物になりすぎないようスマートに。とはいえ快適にピクニックがしたいというのも本音…。私はバスケットとトートバッグ、多くても2つ以上にはならないようにまとめます。

敷物に水筒とランチボックス。限られた持ち物の中で何を持って行くのか?私がいつも持参するのは、1枚あると必ず使えるカッティングボード。

チーズをカットしたり、テーブル代わりにコップを置いたり、みんなで持ち寄ったものを盛り付けたり。何かと使える優秀アイテムなんです。

保存瓶はアイデア次第で色々使える

バスケットの中で大活躍しているのは、保存瓶。お家でつくったピクルスやサラダをサンドイッチと一緒にバスケットの中へ。食べる時にそのまま出しても可愛いし、持ち運んでいる間に中身が他の惣菜と混ざってしまったという心配もありません。

サイズ違いで持っていると、この大きい方にはあれを入れて、小さい方にはこれを入れよう…そう考えただけでも楽しいものです。

この日はコールスロー、ピクルス、チーズ、おやつのバナナチップスを保存瓶に入れてバスケットに入れました。クリップで密閉するのでお菓子が湿気ってしまう心配もありません。

 

プラスαの持ち物でより快適に

ここで紹介するものは、必ず持っていかなければいけないアイテムではないのですが、持っていくといつもよりワンランク上のピクニックが実現できそうです。

クッションを持参するにはかさばりすぎる。そんな時はクッションカバーのみを持参するのをお勧めします。日中は暖かくなるので上着を1枚脱いでクッションカバーにイン、即席クッションのできあがり。リラックスタイムのお供にバッチリです。

左隣のスープジャー。やや重たいアイテムですが、パンにサラダ。これにスープがつけばパーフェクトなランチタイムになること間違いなし。

一人でのんびりしたい時は、読みかけの本を持って行っても良い時間が過ごせそう。芝生にごろんと、お天気の良い日はお外で読書するのはとっても気持ちがいいんです。

記事をこうして書いている間も、明日のピクニックのことで頭がいっぱい。ウェットティッシュとゴミ袋もマストアイテム。忘れずポケットに忍ばせて。今週末は少し気合いを入れてピクニックへ出かけてみませんか。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • YURIE YURIE
  • もろんのん もろんのん
  • マイメロディ マイメロディ
  • もえのあずき もえのあずき
  • yui yui
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ