ハテの浜【絶景travelersがみつけた!パワーをもらえる絶景 vol.2】

ハテの浜【絶景travelersがみつけた!パワーをもらえる絶景 vol.2】

おでかけ &mores 絶景travelers 絶景でパワーを充電したい ビーチ 絶景
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

エメラルドグリーンの海に囲まれた、白い砂浜でできた砂洲、ハテの浜。 久米島からたった20〜30分で行ける小さなその島は、まるで天国!!日本とは思えない非日常的な360°パノラマの絶景が、日常の喧騒や疲れを忘れさせてくれます。

絶景のpoint

東洋一の美しさと言われる海の透明度に感激!

沖縄の離島、久米島の東側に位置するハテの浜は、砂浜だけの砂洲で、東洋一の美しさとも言われています。360°エメラルドグリーンの海と、どこまでも続く白い砂浜は、まるで天国のよう!忙しい日常を忘れさせてくれます。

どこを撮ってもフォトジェニック。透明度もバッチリです。

ハテの浜では泳ぐことはもちろん、貝殻やサンゴを見つけながらお散歩しているだけでも楽しく、平和で気持ちのよい時間を過ごせます。

 

まるでプールみたいにクリアな海は、ぷかぷか浮いているだけで気持ちいい!遠浅なのでファミリーにもオススメです。安全のため遊泳区域が限られているので、船の係員さんに聞いてルールをしっかり守りながら、安全に楽しみましょう。

  

まるで水族館!手軽にシュノーケリング体験を楽しむ

ハテの浜では、浜辺から潜ってそのままシュノーケリングができます。食パンやお麩を持って行ってエサをあげることが出来るので、魚達をより間近で見られます。

色とりどりのたくさんの魚達が目の前に来た時は、まるで水槽の中にいるかのような感覚です。

 

なお、シュノーケリングはライフジャケットの着用が必要です。ツアーに申し込むと船で借りられますが、念のため事前に問い合わせておくと安心です。

ツアー会社に申し込んで、無人島を満喫

ハテの浜へは、泊フィッシャリーナという港から船で約20〜30分ほどで、渡船会社を利用するのが一般的です。どの会社も基本的には予約制なので、事前の電話予約がおすすめ。会社によって、半日コースや1日コース、シュノーケルツアーが付いているものなど様々なので、自分に合った楽しみ方ができます。

※出港・帰港時刻は、干潮・満潮等で変更あり。各渡船会社へ予約時に要確認。

 

例)半日コース

9時      フィッシャリーナ集合・出発  

9時30分         ハテの浜到着

12時    ハテの浜出発

12時30分泊フィッシャリーナ 到着

 

船によっては、席の中央がガラスになっている場合もあります。途中、クマノミや海ガメがいるスポットやサンゴが多いスポットで止まってくれます。運がよければウミガメが見られることも!

 

また、ハテの浜は無人島で、基本的に何もないので飲み物や食べ物を持って行くことをオススメします。

※申し込むツアーによって、お弁当&飲み物が付いている場合があります。

 

日差しが強く、日影で休憩できるような場所もほとんどないので、日焼け止めも必須です!ちなみにトイレは、簡易トイレが1つありました。

 

とにかく何もないハテの浜。その不便さが、逆に贅沢に感じました!

みなさんもぜひ東洋一の無人島で、贅沢な時間を過ごしてみませんか。

 

撮影協力:はての浜観光サービス

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

まだある!絶景記事はこちら

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください