気分はまるで文学少女!老舗喫茶店で味わうレトロかわいいクリームソーダ

気分はまるで文学少女!老舗喫茶店で味わうレトロかわいいクリームソーダ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
食・グルメ カフェ 喫茶店 ドリンク クリームソーダ ホットドッグ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

映画や小説のレトロな喫茶店シーンでよく登場する、古書店街・神保町のクリームソーダ。憧れのクリームソーダはどんな味がするの?と思い立ち訪れたのは、数ある神保町の喫茶店の中でも老舗中の老舗「さぼうる」。古本を片手に行けば、気分はすっかり文学少女です。

Summary

透き通るソーダに浮かぶバニラアイス。レトロなフォルムにキュン!

「さぼうる」は創業して63年。この店で昔から愛されてきたのが写真のカラフルなクリームソーダです。定番のメロン、いちご、ブルーハワイ、レモンのほかに、新たにオレンジとブドウを増やしたそうで、全6色のラインナップ。

今回は迷ったあげく「クリームソーダ」(650円)のブルーハワイをチョイス。そして待ちに待ったクリームソーダとご対面です!キラキラ透き通るソーダに浮かぶ、真っ白なバニラアイスが最高にキュート。老舗のレトロな空間にこそしっくり映えるフォルムです。

ソーダとバニラアイスを堪能。次第に溶け合いまろやかな味わいに

まずはストローをグラスの底に差し込み、透き通る美しいソーダだけを堪能。そして少しずつバニラアイスを崩します。きれいなグラデーションをキープしつつも、次第にソーダがバニラと溶け合って乳白色に変わっていきます。んー、まろやかになっておいしい!

「さぼうる」で使っている氷は、昔も現在も氷専門店から仕入れているそう。時間が経っても溶けにくいので、クリームソーダをゆっくり楽しめるというわけ。さすが老舗のクリームソーダ!

クリームソーダのあとはチーズドッグでお腹を満たす!

クリームソーダを堪能したあとは「チーズドッグ」(350円)をぜひ注文してみて!ホットケーキ生地にチーズが入っていてほどよい塩気。オーダーできるのは平日14時からと土曜11時からです。

このチーズドッグ、聞けば日本橋高島屋のある店から焼き型ごと譲り受けたメニューなんだそう。老舗同士のご縁ですね。軽食はほかにもトーストやサンドイッチなどがあります。

トーテムポールや民族お面…山小屋みたいな店内も必見

身も心も満たされ、ふぅーっとひと息。あらためて店内をよく眺めてみると、丸太やレンガで作られた空間は山小屋のよう。古い民芸品も所狭しと飾られていて個性的です。そんな空間にいると、なんだか昭和にタイムスリップしたような気分。

「さぼうる」の場所は神保町駅7番出口からすぐ。入口では赤い公衆電話とトーテムポールが出迎えてくれます。喫茶のイメージが強いのですが、23時までバーの営業もしているそうですよ。

ちなみに隣接しているさぼうる2(ツー)では、学生のお腹を満足させる、安い・多い・うまい・早いがそろったスパゲティやハンバーグ定食が楽しめるので、こちらは別の機会にぜひ!

text:松本いく子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください