歴史ある河越抹茶はほろ苦さが絶妙!川越に行ったらマストで食べたい抹茶パンケーキ

歴史ある河越抹茶はほろ苦さが絶妙!川越に行ったらマストで食べたい抹茶パンケーキ

食・グルメ 川越のカフェ 抹茶パンケーキ 抹茶 パンケーキ スイーツ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

「天下の茶どころの一つ」と南北朝時代の書物にも登場する歴史ある河越茶。「武蔵河越」は天下の茶所として名を挙げたといいます。他の産地の抹茶と比べて、川越で育つ=厳しい冬を超えるため、旨みがギュッとつまり、まろやかで甘みとコクがある茶葉が育ちます。川越市内にはこの河越抹茶を使ったスイーツや蕎麦などを楽しめるお店が20軒以上あります。その中でも河越抹茶をふんだんに使ったACカフェの人気スイーツ「河越抹茶パンケーキ」を目指して小江戸川越へお出かけです!

Summary

パンケーキのふわふわ食感と小豆、バニラのバランスが絶妙!

河越抹茶パンケーキ(川越店限定)600円(セット900円)
河越抹茶パンケーキ(川越店限定)600円(セット900円)

フワフワに焼いた薄めのパンケーキに、つぶつぶの食感と程よい甘さの小豆、生クリームとバニラアイスの絶妙なバランス。深いコクのある河越抹茶のパウダーがたっぷりとかかっています。

パンケーキは15cmほどの大きさがありボリューム感もばっちり。抹茶がアイスやクリームの味わいを引き立て、口の中で溶けて、あっという間に完食してしまいます。

ほかにも、数種類のケーキを常時提供しています。春の新メニューは桜のモンブラン500円(セット800円)。季節ごとに新たなメニューが増えていくのも楽しみです。

一杯一杯、サイフォンでいれる香り高いコーヒー

実は店内に入って最初に気になったのは、コーヒーのいい香り!そして目を引くのは電気式のサイフォン。ぽこぽこと沸騰した湯がコーヒーに向かって上がる様子は、なんだか実験みたいで見飽きません。

1杯用から3杯用までの大きさが違うサイフォンが並び、オーダーが入ってから丁寧にいれるコーヒーの待ち時間すら心地よく感じます。

サイフォンで入れるコーヒーは素人でも味の違いがわかるほど、入れる人の技で味がまったく変わるといいます。コーヒーを入れるスタッフは一定の味を出せるよう研修して、店内で何杯も練習しOKがでたスタッフのみがサイフォンを扱うことができます。

オーナーのコーヒー好きがこうじて、一年かけて作ったACオリジナルブレンド500円は酸味をおさえたスッキリした味わいです。

川越でゆったりと寛げるカフェ。目印は格子戸と赤い看板!

川越に店を構えて3年目を迎えたACカフェは、創業明治6年のエネルギー関係会社の5代目社長が事業多角化をするためにスタートしたカフェ。

和と洋を融合する店を作りたい! モノも人も、活動するにはエネルギーが必要ということで、食にこだわった店にしたかったとスタートしたそうです。

海外旅行者も多くなっているので、全席コンセント一口、USB付きなど旅行者にとって嬉しいサービス満載です。

ACカフェは蔵づくりの町並みが残るメイン通りにあり、2階に掲げている赤い看板が目印。一階は「どんぐり共和国」の大きなトトロが入口階段の前でお出迎えしてくれます。

これからも季節ごとのメニューや抹茶を使った新しいメニューを出していきたいと意欲満々。再訪するのが楽しみなカフェを小江戸川越で見つけました!

text:下西由紀子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください