GWは美術館の庭園でピクニック!普段は入れない敷地も開放

GWは美術館の庭園でピクニック!普段は入れない敷地も開放

イベント NEWS 美術館 庭・庭園 オープンエア カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

さわやかな青空の下、美術館の庭園でピクニック気分を楽しめる企画が登場! 千葉県佐倉市にある「DIC川村記念美術館」の庭園に、無農薬野菜の弁当や窯焼きピザの店などがGW限定で出店します。

Summary

庭園テラスに集う移動カフェ

庭園テラスには、本格薪窯で焼いた、おいしい焼きたてピッツァを提供する「ピッツァ・フォルノ」や、無農薬野菜を使ったお弁当を提供する「mam [マム]」など計7店舗が出店。

出店日時は2018年4月21日(土)~5月6日(日)までの土・日・祝日、10時30分~16時頃を予定(売切れ次第閉店)。そのほかにも手作りハンバーガーの店「Small Axe」や自家焙煎珈琲の移動カフェ「モバイルカフェ福笑屋(ふくみや)」が登場します。

なお、出店日時は店舗ごとに異なり、悪天候の場合やスケジュールが変更される場合もあるのでご了承を。

普段は見られない、敷地内の特別開放も

また、2018年4月21日(土)~5月6日(日)までの土・日・祝日は、通常は入ることができない研究所の敷地内が一般開放されます。

300mにわたり植え込まれているクルメツツジ、池越しに見る美術館は普段とまた違った風景!新緑にあふれるリラックスできる空間が広がります。

開催中の「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画」展に関連したメニューの提供も

また、美術館内では現在『ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画』展を開催中(入館料は一般1300円)。8月26日(日)までの会期中、レストランと茶席にて特別メニューが用意されます。

庭園にあるレストラン「ベルヴェデーレ」では、1日20食限定で「ブリジット・ライリー」の絵画をイメージしたランチコースを提供。美しく彩られた料理からは、ライリーの世界観があふれています。

館内展示室の奥にある茶席では、ライリーの絵画から受けた印象を形にしたという茶菓子を数量限定で。絵画展同様に、錦玉の繊細な美しさにも感動を覚えます。

GWはリフレッシュを兼ねてDIC川村記念美術館へおでかけしてみませんか?

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください