嵐山駅がおしゃれスポットに!着物姿で散策したい「キモノフォレスト」

嵐山駅がおしゃれスポットに!着物姿で散策したい「キモノフォレスト」

おでかけ 絶景 伝統文化 ライトアップ 夜景
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

“嵐電”の愛称でおなじみ、京福電鉄嵐山本線嵐山駅の構内が、話題のおしゃれスポットに大変身。なかでも目玉は、京友禅の生地を使ったポール約600本が立ち並ぶ「キモノフォレスト」。その美しい世界は、着物姿で歩くのにぴったりです。

Summary

着物で歩きたい! 華やかな京友禅の小径

嵐電嵐山駅のホームや線路脇のいたるところに立ち並ぶ、色とりどりのポール。2013年7月のリニューアルで、嵐山駅に登場した「キモノフォレスト」です。

高さ約2mのポールに入っているのは、大正時代から続く老舗「亀田富染工場」の京友禅。全15種類の柄が、色違いで約600本、ずらりと並んだ様子は圧巻。

「キモノフォレスト」を手掛けたのは、世界で活躍するインテリアデザイナー・森田恭通(やすみち)氏。使用した京友禅の柄も、すべて同氏が厳選したものです。

小径の中央部には、パワースポットとして人気の「龍の愛宕池」も!水に手を浸せば、幸せになれるといわれています。

 

美しい景色を見ながら足湯タイム

嵐山駅のホームには、なんと足湯も完備されています。改札がないので、インフォメーションで利用料200円(タオル付)を払えば、誰でも利用できますよ。

熱めのお湯で足の先からポカポカと暖まりながら、京友禅の林を眺められる贅沢なロケーション!

足湯の前にちょこんと佇んでいるお地蔵さんを発見! この「ふれ愛地蔵」は、足湯での人々のふれあいと幸せを祈っているそう。おでこに彫られたハートをなでると幸せになれるのだとか!?

幻想的な夜のライトアップも必見

「キモノフォレスト」の魅力は昼だけではありません!毎日夕刻~21時に、ポールに埋め込まれたLEDが点灯します。

ライトに照らされた艶やかな京友禅の美しい光景は、まるで光の竹林のよう。光に誘われるように、夜でもたくさんの人が散策していました。

 

場所や角度を変えるだけで、さまざまな表情を見ることができます。駅にいるとは思えない、幻想的な空間が広がります。

昼の色鮮やかな京友禅が織り成す景色とは、また違った趣の夜のライトアップ。まるでファンタジーの世界に迷い込んだような感覚になれます。

嵐山駅付近にはたくさんのレンタル着物店があるので、手ぶらで訪れてもOK。「キモノフォレスト」で、美しい京友禅と着物のコラボレーションを楽しんでください。

Text:永元路夕(TRYOUT)
Photo:井上雅央(TRYOUT)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください