冬眠から覚めたコンラッドベアと季節を旅するスイーツブッフェ

冬眠から覚めたコンラッドベアと季節を旅するスイーツブッフェ

食・グルメ NEWS スイーツビュッフェ ケーキ タルト マカロン
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2018年5月11日(金)~8月26日(日)までの金・土・日・祝日限定で、コンラッド大阪40階『アトモス・ダイニング』でスイーツブッフェが開催されます。「コンラッドベア・イン・ジャーニー」と題したスイーツブッフェでは、ホテルのマスコット“コンラッドベア”が四季を旅してさまざまなスイーツと出会うシーンをブッフェ台の上に表現しています。

Summary

冬眠から目覚めたコンラッドベアの足跡が残るチーズケーキ

コンラッドベアの旅は、冬眠から目覚めたベアが洞穴から出てくるところから始まります。ココナッツの雪の上にベアの足跡が残る「ココナッツ足跡カップケーキ」は、軽いシフォンケーキ。

温かな日差しに吸い寄せられて向かったその先には、太陽のような「NYベアチーズケーキ」が。ニューヨークで出逢った本場のレシピをアレンジしたクリーミーでムースのようなチーズケーキです。

季節は春。色あざやかなフルーツの競演

ポカポカ陽気に咲きはじめる花のように華やいだ春のテーブル。艶やかな赤のグラサージュが甘酸っぱい「チェリームースケーキ」。春の心躍る気分を表現しています。

ベアが大好きな「ヴィクトリア蜂蜜ケーキ」。新鮮な国産いちごのジャムをサンドしたバターケーキに、蜂蜜の濃厚なクリームをたっぷりとコーティング。
アーモンドの蜂をトッピングしたドーム状のケーキは、かわいくって、とってもリッチな味わい!

また、「春のルバーブ&レモンミルフィーユ」は、甘酸っぱいルバーブのコンポートとレモン風味のクリームをサクサクのミルフィーユ生地で挟んだ、さっぱりとした爽やかな甘さとミルフィーユの口当たりが最高。周りにあるバニラチェリーマカロンやパッションフルーツマカロンももちろん食べられますよ!

気球に乗って、さわやかな夏のスイーツへ

満たされたベアと一緒に気球に乗って向かうのは、夏のブッフェ台。目にも涼しいグラススイーツの「メロンゼリー」や、「トロピカルフルーツタルト」などフレッシュな味わいを楽しんで。

初夏のピクニックをイメージした「チョコのピクニックバスケット」を持って、向かう先にはヴァローナ社のダークチョコレートを使用してビターに仕上げた「チョコレートフォレストロールケーキ」が。

さらに、セイボリー(食後に出る甘くない軽食)として、サーモン使った「サーモンのビーツ風味」や「マグロのマリネとバジルのクスクス」、「蜂蜜風味のポークロイン」なども並びます。

スイーツの旅のプロデューサー「ファビオ」をご紹介

このスイーツブッフェを企画したのは、2018年2月にコンラッド大阪のエグゼクティブ・ペストリーシェフに就任したファビオ・バルディ。日本でも人気の高いパリの「ラデュレ」で経験を積み、直近は香港の三ツ星レストランでエグゼクティブ・ペストリーシェフを務めるなど、華やかな経歴の保持者。
以前から日本の四季の美しさに憧れを抱いていたファビオは、ホテルのマスコット“コンラッドベア”が日本の四季を巡る旅の中で出会うスイーツの数々をゲストと一緒に楽しむ「コンラッドベア・イン・ジャーニー」をテーマにしたブッフェを生み出しました。

魅力的すぎるスイーツブッフェ。今後、秋から冬にかけての第2弾もおこなわれるそうです。見た目のかわいさも味も超一級のコンラッドのスイーツブッフェ。かわいらしいコンラットベアと幸せなスイーツたちに日頃の疲れを癒してもらいましょう!

■スイーツブッフェ「コンラッドベア・イン・ジャーニー」
開催期間:2018年5月11日(金)~8月26日(日)の金・土・日・祝日限定
開催場所:コンラッド大阪 「アトモス・ダイニング」(大阪府大阪市北区中之島3-2-4 コンラッド大阪40階)
交通:大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」4番出口、京阪中之島線「渡辺橋駅」12番出口 直結
時間:15時~17時の90分制(予約は15時~、15時15分~、15時30分~)
料金:4600円
問合せ:06-6222-0111(代表)

text:小西尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください