高速道路で江戸の町へ!鬼平犯科帳の町並みを闊歩しよう

高速道路で江戸の町へ!鬼平犯科帳の町並みを闊歩しよう

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
おでかけ テーマパーク ドライブ SAPA 和スイーツ・和菓子 町並み
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

東北自動車道上り線・羽生パーキングエリアには、瓦屋根の木造建築風の建物が軒を連ねるレトロな町並みが。そう、ここは池波正太郎氏の時代小説「鬼平犯科帳」の舞台となった江戸の町並みを再現したテーマパークみたいなPA。埼玉のパーキングエリアに江戸の町並みがあるのも異色ですが、そもそもなぜ鬼平?そんな気になるスポットにドライブしてきました!

Summary

パーキングエリアに入ると、そこは江戸の町

東北道上り線を走ると見えてくる「羽生PA」の文字。「休憩でもしようかな」と駐車場へと入っていくと、目に入るのが昔の江戸の町並みです。

ここは鬼平犯科帳の舞台となった江戸の町並みを再現したテーマパーク「鬼平江戸処」。普通にパーキングエリアを利用したくて入る人もきっと多いはずなので、突如現れたレトロ空間に「なんだここは!」と衝撃を受ける人も多いことでしょう。

埼玉県羽生市で、江戸の町並みを散策!

そもそもなぜ羽生市で鬼平なのかというと、江戸時代に羽生PAのそばに関所があったので、ここを江戸の入口として見立て、江戸庶民の人情味あふれる男の代表として「鬼平」こと長谷川平蔵に着目したからだそう。

鬼平江戸処では、鬼平が生まれた1745年から最も栄えた1829年までの江戸の町並みを再現し、人情味あふれたおもてなしを提供しています。

鬼平名物!これが本物の「一本うどん」

鬼平犯科帳にも出てくる「一本うどん」800円
鬼平犯科帳にも出てくる「一本うどん」800円

江戸の町散策で小腹が空いたら、当然食事も江戸グルメを。『鬼平犯科帳』にも出てくるお店「五鉄」では、かの有名な「一本うどん」を発見!名前のとおり、太くて長い一本のうどんが器に盛り付けられている一品です。見た目の迫力もさることながら、インパクトがあったのは、その重さ。

箸を持つ手がぷるぷるします。極太…!食感はもっちもち。麺が太すぎて、うどんを食べているのかお餅を食べているのかわからない感覚に…。一本を食べきる頃には、すっかりおなかがいっぱい。食べ応え十分です。

町並みを眺めながらスイーツを堪能

貨幣を模したクッキーが添えられた江戸ソフトクリーム390円(写真はバニラ)
貨幣を模したクッキーが添えられた江戸ソフトクリーム390円(写真はバニラ)

江戸の町並みでの食べ歩きも楽しみのひとつ。江戸ソフトクリームには、貨幣を模したクッキーが添えられています。町並みをバックに写真を撮ると、江戸時代と現代とが入り混じった雰囲気に。

定番のバニラのほか、季節限定フレーバーも随時販売されているそうです。

串くず餅こしあん290円
串くず餅こしあん290円

江戸の町にいるのだから、スイーツも和甘味を!という方は、串に刺さったくず餅をどうぞ。こちらも、年間通じて味わえるこしあんのほか、期間限定品が数種類販売されています。品の良いちょうどいい甘さで、パクパクいけちゃいます。

おみやげにもできる“江戸”も

九谷焼箸置き756円
九谷焼箸置き756円

店内の「みやげ処屋台連」では、鬼平江戸処のおみやげがいっぱい。かわいくて江戸らしいのは、九谷焼箸置き。花柄や手まり柄といった女子向けのもののほか、浮世絵柄も。

鬼平イラストの湯飲み1512円
鬼平イラストの湯飲み1512円

何の変哲もない高速道路に突然現われる江戸の町・鬼平江戸処。一般道からも入れるので、高速道路の利用者以外でも立ち寄れます。

鬼平を知っている人はもちろん、知らなくってもプチ江戸散策が誰でも楽しめるスポット。ぜひ江戸の町にタイムトリップしてみましょう!

text:卯岡若菜

  • 掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください