カラフルかわいい駄菓子がたくさん!川越小江戸・菓子屋横丁

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
埼玉県 ショッピング 和スイーツ・和菓子 おみやげ 古い町並み お菓子
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

埼玉県川越、小江戸にある菓子屋横丁。和の風情あふれる通りに、歴史がありそうな菓子店が立ち並んでいます。昔懐かしいカラフルな駄菓子あり、店頭に並んでいる様子は見ているだけでも楽しい。素朴なおいしさが魅力のお菓子を探しに行ってきました。

Summary

お菓子屋さんが立ち並ぶ「菓子屋横丁」

菓子屋横丁はJR川越駅の北側、車で約10分程度の場所にある通り。四角形にぐるりと一周回れる通りの両側に、お菓子屋さんを中心としたお店が20軒程度も立ち並んでいる地元の有名スポットです。

手作りにこだわるクマ最中入りのぜんざい

「甚くん」のぜんざい500円。抹茶付きは950円
「甚くん」のぜんざい500円。抹茶付きは950円

まず、訪れたのは甘味処「クマ甚」。ここで味わうのは、素材と手作りにこだわったクマ甚の名物、「甚くん」のぜんざいです。

「クマ甚」の店名にちなみ、「甚くん」と名づけられたクマ型のオリジナル最中が、ぜんざいの中にドッカリと鎮座しています。見た目だけでなく、もち米100%の「最中」と北海道産大納言を使って手作りされる「餡」を使用して味も上質。

カラフルな飴がたくさん!工場見学も楽しい

できたての飴各種220円
できたての飴各種220円

その昔、菓子屋横丁は「飴屋横丁」と呼ばれるほど、飴屋が軒を連ねていた場所として知られています。

戦後以降、衰退してしまった「組アメ」を今も作っているのが、「玉力製菓」。ここは、お店の外から実際に飴を作っているところを見学できるのも魅力です。

形を作り終えると、驚くほど速く作業が進められていきます。この日作っていたのは「さくら草」です。できたての飴は、まだほのかにあたたかさが感じられ、素朴でやさしい甘み。

店内には、さまざまな組アメのほか、薬草入りののど飴や、棒付きのくるくる飴も。見た目も華やかで、見ていてウキウキしてくる飴がたくさんありました。

素朴な味わいが魅力の駄菓子

手作りの紫いもまんじゅう110円
手作りの紫いもまんじゅう110円

お次に訪れたのが「稲葉屋本舗」。川越の名産である紫いもを使った素朴なお菓子が販売されていました。店頭で蒸されている紫いもまんじゅうは、ほかほかで自然な紫いもの甘みが感じられておいしい!

いもようかん150円
いもようかん150円

自然な甘みのいもようかんは串に刺さっているので食べやすい。稲葉屋本舗の店内には、メーカーが発売している駄菓子が並んだ、昔ながらの駄菓子屋ゾーンも。10円や50円で買える駄菓子は、何歳になっても楽しいですね。

ピーナッツ入り小花豆350円
ピーナッツ入り小花豆350円

こちらは同じ駄菓子でも、昔からある素朴なお菓子。「菓匠かとう」では、ポン菓子やボーロ、かるめなど、シンプルな材料で作られたお菓子がズラリ。

散策しているとついつい手が出てしまう、素朴でかわいいお菓子がいっぱいの川越・菓子屋横丁。情緒あふれる通りを散策しながら、昔懐かしいお菓子を探しにお出かけしてみましょう。

text:卯岡若菜

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • きょん。 きょん。
  • あや猫 あや猫
  • マイメロディ マイメロディ
  • 下川友子 下川友子
  • kyoko_plus kyoko_plus
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ