うにと牛肉が舌の上でトロける!異国情緒あふれるバルで最高の肉体験

うにと牛肉が舌の上でトロける!異国情緒あふれるバルで最高の肉体験

食・グルメ 肉料理 バル エスニック 隠れ家レストラン ウニ部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

三軒茶屋駅から徒歩5分。路地を曲がった先にたたずむ肉バル「MOSS Dining Bar(モスダイニングバー)」では、まるで異国のようなエスニック空間の中でおいしい肉料理を楽しむことができます。なかでもインパクト抜群なのが、「塩水ウニの肉巻き」。とろける口あたりと濃厚な味わいがお口に広がる、生うにと牛肉のコラボレーションは、とってもぜいたくな逸品です!

Summary

贅の極み!塩水ウニの肉巻きがトロけるおいしさ

こちらが「塩水ウニの肉巻き」(2200円)。北海道産のウニをしそと共に牛肉で巻いた一品です。食べる直前に目の前で炙られる様子に、思わずよだれが…。お好みで岩塩、もしくは濃厚で生うにに合う甘露醤油でいただきましょう。

トロける肉の旨みと、ウニの濃厚な味わいが絡まり、そこへしそのさわやかな香りがアクセントになっています。ぜいたくな見た目、口に入れたときの食感、そして噛むほどにあふれだす牛肉とうにの濃厚な旨みに、もうトロけます!

 

食べ応え抜群!肉の旨みを堪能するおすすめメニュー

オリジナルメニュー「三茶喰い」(400円~)も注目の一品!その時期に最もおいしい牛肉を薄くスライスし、目の前で炙もらったあと、自家製の玉ネギソースとにんじんソースを和えたキャベツを包んでいただきます。

しっかりと旨みが凝縮された牛肉そのものの味わいと、ほどよく残された脂に、さっぱりと味付けされたキャベツが相性抜群!キャベツもたっぷり食べられるので、野菜が不足しがちな人にはうれしいメニューですね。

その他にも半生ジューシーな「日山牛のレアステーキ」や、食べごたえのある「牛肉の塊肉」など、肉好きは大注目のメニューがたくさん!とことん肉づくしなラインナップです。

  

まるで海外気分?エスニックな空間は写真映え間違いなし

メニューはさることながら、同じく注目したいのが店内の内装。いたるところに異国感溢れるアート作品や小物が飾られています。色鮮やかな店内には、思わずカメラを向けたくなるものインテリアがたくさん!

お店の奥にはテント風の隠れ家のような空間もあります。色とりどりの照明に照らされる非日常的な雰囲気は、誕生日会などの特別な日にぜひ使ってみたいところ。サプライズでこんな場所に連れてきてあげれば、お友達も喜んでくれそう!

中東で喫されている水タバコ「シーシャ」が吸えるのもポイント。エスニックな空間と相まって、非日常気分を味わえます。

  

心奪われる、うにと牛肉のトロけるコラボに、さっぱりキャベツを包んだジューシーなお肉。「MOSS Dining Bar」には、魅惑的な肉料理が盛りだくさん!エスニックな非日常的な空間の中で、ぜいたくに肉料理を堪能してみない?

 

Text:中村佑衣

  • 記載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください