毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

創業85年、愛され続ける老舗ベーカリー「フロイン堂」の食パンが絶品すぎ!

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
兵庫県 Want 手土産 ベーカリー 食パン 専門店
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

ここのところ、空前のパンブーム!なかでも食パンは、専門店が続々増えている人気ぶりです。そんなブームのはるか昔から「フロイン堂」の食パンは大大大人気!創業当時からずっと変わらない、愛情のこもった食パンを提供し続けています。

Summary

神戸の老舗ベーカリーの看板商品はずばり「食パン」

阪急岡本駅から歩いて約2分。どこか懐かしい、ノスタルジックな店構えのベーカリーが「フロイン堂」です。現在2代目の竹内善之さんが、息子・隆さんと切り盛り。初代が1932年に創業した店では、今も変わらない製法でパンを作り続けています。

「フロイン堂」の始まりは、初代の従姉妹であるヨネさんが、ドイツ人のハリー・フロインドリーブさんと結婚されたことがきっかけ。そのご縁で、初代が神戸・北野にあるドイツパンの店「フロインドリーブ」で修行。ハリーさんに弟子入りしてパン作りを学び、神戸市東灘区岡本に「フロインドリーブ2号店」を構えました。

創業当時からこだわっているのは、パンの生地を手で捏ねることと、レンガの窯でパンを焼くこと。朝一番に、その日焼くパンの生地を手捏ねします。

厨房奥にある大きな桶で、全身を使いながら手捏ねする作業はとても大変!生地の食感や温度などを手で感じとりながら捏ねていきます。

捏ねあがった生地は、大きな作業台で分割し、丸めて食パンの型に入れていきます。その後、発酵して膨らんだ生地をドイツ式のレンガ窯へ。「この窯は強運なんですよ。戦争も阪神淡路大震災でも壊れなかったんです」と竹内さん。

さまざまな時代をくぐり抜けてきた年代物の一層式のレンガ窯は、火回りがよく、生地にじんわりと火入れができるため、独特の食感に焼き上がります。

食パンの焼き上がり時間を狙いたい!

焼きあがった食パンは、窯から出して山の部分にバターを塗ったら、厨房から店に運ばれます。棚に並んだ焼きたての食パンからは、パチパチとおいしそうな音!

焼きたての時間を見計らって、次々とお客さんが来店します。半分や、1/3サイズでも購入可能。焼きたてはもちろんですが、実は生地が落ち着いた翌朝もおいしいです!

食パン 1本810円、1/2サイズ405円、1/3サイズ270円
食パン 1本810円、1/2サイズ405円、1/3サイズ270円

食パンの焼き上がり時間は、月~木曜は14時、金・土曜は14時と16時の1日2回。予約は当日の朝9時から、来店か電話で。18時頃までに商品を取りに行くと良いそうです。

食パン以外のパンも人気

ぶどうドーナツ 1個150円
ぶどうドーナツ 1個150円
カレーパン 1個220円
カレーパン 1個220円

食パンのほかにも、「フロイン堂」では全11種のパンが揃います。食パンと同じ生地に粒餡を包んで揚げる「あんドーナツ」(180円)や、菓子パン生地で作る「ぶどうドーナツ」、大阪のインド料理店「ナビン」から取り寄せるルウを包んで揚げる「カレーパン」なども人気です。

ビスケット 5枚入り340円~
ビスケット 5枚入り340円~

また、パンを焼き終わったあと、同じレンガ窯でビスケットやバターケーキ(大830円、小570円)も焼かれます。こちらもまた風味豊かで、毎日のおやつにぴったり!

変わらない味で、愛され続ける「フロイン堂」。店の奥にちらりと見えるレンガ窯から出てくるパンをぜひ一度、ご賞味ください。

Text:いなだみほ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 下川友子 下川友子
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • yui yui
  • Masa Masa
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ