【撮影アドバイス付き!もろんのんがフォトグラファー目線で切り取る景色 vol.3】-橋編-

【撮影アドバイス付き!もろんのんがフォトグラファー目線で切り取る景色 vol.3】-橋編-

おでかけ &mores もろんのん 撮影法 プロの写真の撮り方を教わりたい フォトグラファー
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

こんにちは、トラベルフォトグラファーの@moron_nonです。夏に向かってますます暑くなる今の時期におすすめしたい、初夏の絶景橋スポットを紹介します!

Summary

涼しい緑と滝の中をお散歩できる、河津七滝(静岡県)

こちらは、静岡県の伊豆にある河津七滝(ななだる)の1つ釜滝。高さ22mもあるので、水しぶきが夏に嬉しいですね。こんな感じで約1.5kmの間に7つ滝があります。滝を「だる」と読むのは、「水が垂れる」が由来になっているそう。

7つの滝を巡る途中にある橋も、とても素敵なフォトスポット。橋は左右対称を意識して、人物を真ん中にして撮る日の丸構図で撮ると、きちっと感がでます。

2つの川が一つになって出会う、出会滝。どこの滝も水が澄んでいて驚くほど綺麗なラムネのような澄んだ色でした。

木漏れ日で溢れる苔でいっぱいの可愛い道もあったり。

また滝の近くに有る、「天城越え」で有名な、旧天城トンネルも見所ですので是非行ってみてください。

夕焼けが絶景の三鷹駅から西に少し歩いた場所にある、三鷹電車庫跨線橋(東京都)

太宰治のゆかりのまち、三鷹市にある陸橋。三鷹駅から西に徒歩8分くらいで到着します。ここはちょうど、東西に走る中央線の電車を眺めることができる、地元では有名な夕焼けスポットです。

横から撮って、金網の影がかかる様子などが美しい。

お気に入りなので、近くへ立ち寄ったときには、必ず来る大好きな場所です。

写真を撮るときには、通行人の邪魔にならないようにお気をつけくださいね。

この日は薄い雲がかかってしまい、夕陽は見られなかったのですが、それでもオレンジに色付きました。

橋から降りて、駅に戻る道で、少し橋を入れて撮るこのアングルも好きです。日没直後のマジックアワーだとシルエット気味になりドラマチックですね。


 日本にある橋で一番感動した、まっすぐに続く、角島大橋(山口県)

山口県の本州と角島をつなぐ角島大橋は2000年に開通し、自動車のCMなどでも有名な場所です。写真を撮るときには、できるだけ水平線を意識すると、すっきりします。

そんな橋の付近にある、イタリアンカフェ&レストラン「GABBIANO(ガッビアーノ)」でランチをいただきました。

ここのレストランからも角島を眺めることができるので、ドライブなどのひと休みの休憩スポットとしておすすめです。

店内にあった鏡で記念撮影をしました。

晴れた青空のときは、空の色が反射してこれだけ綺麗な海の青が出ます。

1枚目の画像も左右対称を意識して撮った一枚。

山口へ行った際には絶対に訪れて欲しい橋の絶景スポット第1位でした。

  • 掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください