泊まれる本屋として話題の「BOOK AND BED TOKYO」が新宿にオープン

泊まれる本屋として話題の「BOOK AND BED TOKYO」が新宿にオープン

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 おでかけ NEWS ステイ ホステル
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

そのまま眠るまで本が読める!そんな本好きにはたまらない施設が登場。“泊まれる本屋(R)”をコンセプトとした「BOOK AND BED TOKYO(ブック アンドベッド トウキョウ) 新宿店」が、2018年5月22日(火)にオープンしました。

Summary

客室は本棚の中!蔵書も幅広いジャンルをカバー

国内5店舗目となる「ブック アンドベッド トウキョウ 新宿店」は、その名の通り、本に囲まれた空間で宿泊ができるユニークなホステル。 

蔵書数2500冊の館内には、客室も兼ねた大きな本棚を設置。日本語の本はもちろん、英語の本や日本の旅行ガイドも充実しています。

 

2人用も!4種類からニーズに合わせてベッドを選ぼう

ベッドはSingle(シングル)、Comfort Single(コンフォートシングル)、Double(ダブル)、Superior room(スーペリアルーム)の4種類。

気になる料金は、Single(1名/室)5800円~(税抜)、Double (2名/室まで) 1万円~(税抜)。本棚のなかに組み込まれたような構造は、どこか秘密の部屋のようでワクワクしませんか? ※写真はDoubleの部屋

やや大きめのComfort Single (1名/室) 5300円(税抜)や、Superior room(2名/室まで)1万2000円(税抜)で少し優雅に過ごすのもあり!※写真はSuperior room

館内は、共同のトイレやシャワールーム、Wi-Fiも完備されています。

 

宿泊なしのデイタイム利用も可能!

13~20時のデイタイムの利用料金は、1時間500円(税抜)~。別料金(840円/1時間)を支払えば、ベッド利用もOK。少し時間が空いた昼間に利用できるのもうれしい! 

なお、どの部屋も土日祝前日やハイシーズンなどは価格の変動があるため、事前確認が必要です。また、館内販売やデイタイム料金支払いは、交通系ICの利用ができるものの、そのほかの支払いはクレジットカードのみなので、こちらも注意を。

 

ほっとひと息!ドリンクやフードを提供するカフェを併設

5月23日(水)には併設するカフェもオープン。ブラックラテなど「黒」を基調としたドリンクやフードを提供し、営業は11~20時まで。宿泊者以外の利用やテイクアウトもできますよ。 

大好きな本をいつまでも読んでいられる空間で、いつの間にか眠りに…。そんなゆったりと流れるくつろぎの時を楽しんで。

 

■BOOK AND BED TOKYO 新宿店
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-27-5 歌舞伎町APMビル8F
交通:JR「新宿駅」東口から徒歩6分、西武鉄道「西武新宿駅」から徒歩2分、地下鉄「新宿三丁目駅」から徒歩10分
時間:【宿泊】チェックイン16~23時まで/チェックアウト翌11時まで 【デイタイム利用】13~20時
定休日:無休


Photo:BOOK AND BED TOKYO 2018
Text: 伊藤 智子 

  • 掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください