ぐぅかわ!くるりんぱしたハリネズミに非日常な癒され体験

ぐぅかわ!くるりんぱしたハリネズミに非日常な癒され体験

おでかけ 体験 ペット どうぶつに会える リラックス リフレッシュ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

新京極通の真ん中、六角公園前にかわいいハリネズミとふれあえるお店があります。チクチクするイメージのハリネズミですが、ふだんはとっても友好的。ペットで飼う人も多いんです。Tom's Mr.Hedgie(トムズミスターヘッジ)は、たくさんの色のハリネズミたちが住むお店で、ふれあい体験ができるほか、ハリネズミや飼育セットの購入もできます。

Summary

まずはお店のシステムをご紹介

お店があるのは、買い物客やおみやげを買う旅行客でにぎわう新京極の六角広場前。

2階へと上がる入口や壁には、ハリネズミたちのかわいらしい姿を撮影した写真がたくさん!料金は平日20分700 円〜、土日・祝日は20分800円〜。

店内はカフェのような明るくてかわいらしい内装になっています。よく見ると、透明のアクリルルームがたくさんあり、ハリネズミたちがスタンバイ。まずは受付で滞在時間を決めて、ハリネズミとのふれあい方などの説明を受けます。今回は20分滞在して700円のコースを選択。

ごくごくハリネズミらしい、ノーマルカラーの子をご指名!お店には常時50匹のハリネズミがいて、ふれあい体験の子は、バックヤードからやってきます。針が怖い方向けに手袋もちゃんと用意されています。手袋をする場合も、まずは手の消毒から。

店長直伝!ハリネズミの抱きかかえ方のコツ

ハリネズミは視力がとても弱い動物。背中から触られるとびっくりして、毛を逆立ててしまいます。足元にそっと手を入れるようにして抱きかかえるのがコツ。

針が怖くて落としてしまうと、ハリネズミにはダメージがとても大きいんです。少しでも怖いなと思う方は必ず手袋を着用して。

そっと持ち上げると、お腹のぬくもりが伝わってきます。針のような毛も全然痛くありません。例えるなら、豚毛のヘアブラシの毛先よりも柔らかい印象。

つぶらな瞳がかわいすぎます。忙しい日常を忘れるひととき。

ハリネズミのカラダの色には、たくさんの種類が 

皮膚がピンクで、目の色は黒く、白い針にシナモン色のバンド(針の色)なのは「CINNAMON」。皮膚がグレーがかったピンクで、目の色は黒く、白い針に茶色のバンドなのは「BROWN」。色の違いで種類がわかります。

白い針に薄い茶色のバンド、白っぽいマスク、ピンクの鼻、赤目なのは、「APRICOT」。ほかにも、カラダに不規則なぶち模様があったり、上半身と下半身の色が違う「PIED」などいろいろ。ペットとして飼いたいと考えている人は、気になる色のハリネズミを指名してふれあうこともできますよ。

モグモグが見られる餌やり体験

ハリネズミのおやつは「ミルワーム」。動いている生きた虫です…!でも大丈夫。ちゃんとピンセットも貸してもらえます。ミルワームは3匹入っていて150円。40分以上のコースにはミルワームが付いています。

おとなしくじっとしていたハリネズミも、ミルワームを見た瞬間、パクリ!ミルワームは栄養価が高いので、1日にあげる量としては3匹くらいが適量です。

表情豊かで愛嬌のある顔がかわいいハリネズミは、とても警戒心の強い臆病な生き物。ノーフラッシュで撮影したり、そっとふれあったりと、ハリネズミにもやさしい癒しの時間を過ごしましょう。

text&photo:小西尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る
GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください