• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 梅雨は楽しむが勝ち!雨に負けないコーデ【東原妙子のおでかけコーディネートvol.3】

梅雨は楽しむが勝ち!雨に負けないコーデ【東原妙子のおでかけコーディネートvol.3】

東原妙子 東原妙子
ショッピング &mores 東原妙子 ファッション アクセサリー
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

ファッションエディターの東原妙子です。気がつけばもうすぐ6月。6月と言えば、梅雨ですね。着られる服が制限されてしまい、ついファッションも諦めがちだけれど、そんなときこそ雨の日でもでかけたくなるようなコーディネートを楽しみましょう!

コーデのワンポイント

足もとは、“長靴以外”の選択肢をもっておく

雨の日、真っ先に制限されるのが靴。もちろん、長靴は安心だし、最近は可愛いデザインが多いので、むしろお気に入りの一足を備えておくといいと思うのですが、カジュアルすぎる格好で出かけたくない日や、雨が途中でやんだときのことを考えると、長靴以外の選択肢も必要になってきます。そんな時、私はエナメルのフラットシューズを。台風や雪の日は別として、多少の雨なら濡れても汚れても拭けばOKだし、先のとがったポインテッドトゥならフラットでも脚がすらりと見えます。色は定番色でもいいのですが、きれい色ならそれだけで雨でも気分が明るくなりますよね。

 

軽いナイロンアウターを、レインコート代わりに

少し肌寒い雨の日は、いわゆるレインコートの代わりに、フードつきのナイロンジャケットを。そもそも天候に関係なく、この手の薄軽ナイロンアウターは、さっと羽織るだけでいつもの服をモダンに見せてくれて、大活躍のアイテム。写真のように、デニムにゆるっと着るのもいいですし、あえてフェミニンなワンピースと組み合わせてMIXコーディネートを楽しむのも好きです。また、きれいめなトレンチ型の撥水アウターなど、雨用アウターも今はバリエーションが豊富なので、一枚備えておくとオンオフ問わず重宝します。

 

カジュアルな日こそ、意識してどこかに女っぽさを

“濡れてもいい服”というと、どうしてもカジュアルになりがちなので、必ずコーディネートのどこかに女っぽさをプラスするようにしています。例えば、少し男の子っぽいナイロンジャケットを脱いだら、中は背中が大きく開いたカットソーを着ていて、そのギャップを楽しんだり。ボトムは、やはり暗めの色やデニムが多くなりがちなので、インナーでフェミニンなものを取り入れるのが簡単です。ちなみに今回は、最初に赤いバレエシューズを選んだので、トップスはボーダーでトリコロール配色にまとめて、フレンチマリンなイメージに。

 

“濡れてもOKなバッグ”が雨の日の強い味方

雨の日ならずとも愛用している、このトートバッグ。「STATE OF ESCAPE(ステイトオブエスケープ)」というブランドのものなのですが、本体はサーフィンのボディスーツにも使われている素材なんです。なので、とびきり軽くて、丈夫で、収納力も抜群。自宅の洗濯機で洗えて、おまけにデザインもこなれた感じとくれば、人気が高いのもうなずけます。もちろんこのブランド以外にも、ビニール素材やナイロン製など、雨に強くて、同時に見た目にも夏らしさを両立するバッグがたくさん出ているので、好みのタイプを探してみてください。

 

雨の日が待ち遠しくなる、そんなワクワクするようなコーディネートで、梅雨を乗り切ってくださいね!

もっとオシャレが叶う記事はこちら

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気の&mores

  • きょん。 きょん。
  • Masa Masa
  • 下川友子 下川友子
  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
  • 村上萌 村上萌
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ