専門店の本気を感じた!パン好きも認めるおいしさ「SONKA」のフランスパン

専門店の本気を感じた!パン好きも認めるおいしさ「SONKA」のフランスパン

食・グルメ カフェ ランチ パン フランスパン 食パン
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

フランスパンって固くて食べにくい…。そんなフランスパンのイメージを覆すおいしさだと話題になっているのが、東京・新高円寺にあるフランスパン専門店「SONKA(ソンカ)」です。

Summary

テラコッタカラーの壁が目印。五日市街道沿いの小さなベーカリーカフェ

2014年にオープンしたフランスパン専門店「SONKA」はパン職人のご主人と奥様が営んでいます。新高円寺駅から五日市街道沿いをぶらぶら歩いて15分。週末になるとパン好きたちが行列をなす名店です!

お店に入ると、カウンター越しにご夫婦が笑顔でお出迎え。イス8席と小上がり席のカフェスペースには年季の入ったカセットデッキやスピーカーが置かれていて、友人宅のようなほっとなごめる雰囲気です。

皮がパリッパリ!小麦の味を最大限に引き出した渾身の1本

今回お目当ての「フランスパン」(250円)をさっそく購入!値札には「今の僕の全てです」とご主人の声が添えられています。30cmほどのフランスパンにはふっくら美しいクープ(切れ目)が入っていて、持った感じは軽やか。

切ってみるとおいしさを表すといわれる気泡がしっかり入っていました。ご主人曰く、フランスパンとは砂糖やバターを使わず、小麦、塩、水、酵母の最小限の材料で小麦の味を最大限に引き出したパン。そのまま食べてみると皮はパリッパリ、小麦の香りと甘みがダイレクトに感じられます!

作りたてサンドイッチはパンのおいしさを引き出す絶妙な焼き加減!

「SONKA」ではフランスパンを使用したサンドイッチも販売しています。その中から「生ハムとクリームチーズ」のランチセット(990円)を注文。
 
軽くトーストされたフランスパンは、そのままで食べるよりもよりサクッとした食感が際立ってこれまたおいしい!生ハムとクリームチーズの塩気と相まって、噛むほどに甘さが強くなるんです!

サンドイッチにはデザート系もあり、「あんバター」(420円)やシンプルにチョコだけを挟んだ「バゲットショコラ」(420円)が人気。土曜には「焼きそばフランス」(420円)などのお惣菜系も登場します。

そんな「SONKA」のサンドイッチはすべて注文ごとに作っていて「1時間以内に食べてほしい」そう。単に具材を挟むだけに思えますが、焼き具合を絶妙に調整する職人がなせる技ですね。

平日はフランスパン生地で作る珍しいフランス食パンも登場! 

「SONKA」にはパン好きを唸らせる商品が目白押し!お客様の要望で誕生した「フランス食パン」(450円)は平日のみ13時ごろに焼き上がるレア商品。フランスパンと同じ食材を使っていて、やわらかくもっちりした独特の食感が印象的です。

ご主人曰く「SONKA」が目指すのは本場フランスを気取るのではなく、日常に寄り添った町のパン屋さん。毎日フランスパンに真摯に向き合う姿勢からは、本気の職人魂が伝わってきます。一度食べたら近所に引っ越したい!と切望せずにいられないお店です。

 

Text:松本いく子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください