三室戸寺あじさい園観賞のあとは、伊藤久右衛門の“紫陽花フェア”でかわいいスイーツ三昧

三室戸寺あじさい園観賞のあとは、伊藤久右衛門の“紫陽花フェア”でかわいいスイーツ三昧

食・グルメ NEWS パフェ カフェ スイーツ 京都府
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

江戸後期創業、京都宇治茶の老舗 「伊藤久右衛門」では2018年5月18日(金)からアジサイの季節に合わせた季節限定で、初の“紫陽花フェア”を開催中。SNSをにぎわせた話題の紫陽花パフェに次いで、新作の紫陽花パンナコッタも登場します。

Summary

三室戸寺あじさい園観賞の後には、SNSでも大注目の「紫陽花パフェ」でまったり

(紫陽花パフェ 1180円、提供期間:5月18日(金)~7月上旬)

伊藤久右衛門公式Twitterで150万PVもの反応があったという、鮮やかな青と紫の“紫陽花きんとん”が目を惹く紫陽花パフェ。イートイン限定です。

伊藤久右衛門本店・茶房の近くには、アジサイの名所、三室戸寺があり、梅雨の時期はたくさんの観光客で賑わいます。三室戸寺あじさい園(2018年は、6月1日(金)~7月8日(日)開園)で50種、1万株の紫陽花を観賞したあとは、伊藤久右衛門の「紫陽花パフェ」を食べながら美しいアジサイの余韻に浸りましょう。

新作「紫陽花パンナコッタ」はおみやげに

(紫陽花パンナコッタ1個540円、販売期間:6月1日(金)~7月4日(水))

初開催の“紫陽花フェア”に向けて、グランシェフ吉本氏によって考案された新作が、写真の「紫陽花パンナコッタ」。雨に濡れる紫陽花のようにキラキラのレモンゼリーをあしらい、中はミルクと抹茶の2種類の味が楽しめます。涼しげな見た目はもちろん、つるんとした口当たりが爽やか。こちらはテイクアウト限定なので、おみやげに。

ついつい億劫になりがちな梅雨の季節。こんな素敵な紫陽花スイーツを目当てにすれば、おでかけも楽しくなりそうです。

■紫陽花フェア
開催期間:5月18日(金)~7月上旬
開催場所:
●伊藤久右衛門【本店・茶房】(京都府宇治市莵道荒槙19-3)
交通:京阪宇治駅から徒歩5分またはJR宇治駅から徒歩15分
電話:0774-23-3955
営業時間:10時~18時30分(18時LO)

●伊藤久右衛門【JR宇治駅前店】京都府宇治市宇治宇文字16−1
交通:JR宇治駅から徒歩1分または京阪宇治駅から徒歩10分
電話:0774-22-0475
電話:10時30分~18時30分(18時LO)

Text:小西 尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください