白身魚フライ、西京焼き、穴子がバーガーに!?中目黒のフィッシュバーガー専門店

白身魚フライ、西京焼き、穴子がバーガーに!?中目黒のフィッシュバーガー専門店

食・グルメ ハンバーガー 揚げ物 シェイク 東京都 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2017年に高架下が生まれ変わり、より賑わいを見せている中目黒。そんなエリアに新風を吹き込むバーガー店「deli fu cious(デリファシャス)」のフィッシュバーガーが話題になっています。腕を振るうのは、銀座で有名グルメガイドの2つ星を獲得した寿司屋「青空(はるたか)」ほか、数々の名店で10年以上にわたって修行を積んできた寿司職人、工藤さん。そんな、生粋の寿司職人が提供する、驚きの和風フィッシュバーガーとは!?

Summary

遊び心いっぱいの店内

中目黒駅から徒歩8分程の場所にある「deli fu cious」。地元の方はもちろん、海外からも“日本らしい”バーガーを求めて、食べに来るお客さんも多いのだそうです。

店内には、和風の掛け軸や、お面、サボテンのオブジェなどが飾られていて、とっても賑やか。ここでは、一体どんなフィッシュバーガーをいただけるのでしょうか。期待が高まります!

 

見栄え、食感、そして味わい…すべてが揃った絶品フィッシュバーガー

フィッシュバーガーは、全て注文を受けてから作られます。写真は「昆布〆フィッシュバーガー」(1000円)。一口ほおばると、サクサクの衣に包まれた旨みたっぷりの白身魚の味わいがたまりません!使用する魚はすべて築地から仕入れていて、時期によって種類は変わるそう。

白身魚は、一度皮を手剥きして塩じめにしたあと、2日間昆布じめにし、うまみを引き出しているのだとか。これだけでもとても手間がかかっていますね。

白身魚のパティは、一番だしと裏ごしした豆腐を合わせたソースや、ほのかにごま油の香りが食欲をそそるキャベツ、たくあんにもよく合っています。深みのある魚の味わいに、これまで体感したことがない食材の組み合わせ、この絶妙なバランスがたまりません!

ネーミングセンスが光る「西京焼きの最強バーガー」(1200円)。西京焼きときんぴらごぼうという和の食材に、濃厚なチーズソースが深みを加えます。

香ばしく、ふわっとした食感が魅力のバンズは、上にロゴが焼印されてとってもキュートですね!パンは、すべての食材を一緒にほおばったときの味わいや食感を重視して、高田馬場にある人気店「馬場FLAT」にオーダーしているそう。

穴子をまるまる一本使用した「活け〆煮穴子の天ぷらドッグ」(1200円)もぜひ注文したいメニューの1つです。サクサクの天ぷらと、きゅうりのシャキシャキした食感がやみつきになりそう。

 

ほかにも寿司職人ならではの気になるメニューがたくさん!

他にも、甘口、辛口、南蛮ソースからソースを選べる「アジフライバーガー」(1000円)や、だし巻卵きが丸々一本入った「出汁巻き卵ドッグ」(800円)など気になるメニューがたくさん。写真の玄米茶シェイクは、玄米のほろ苦さが効いていて、和風のフィッシュバーガーと相性抜群ですよ!

寿司職人が作る本格和風フィッシュバーガー。ここでしか味わえない食材の見事な調和は全メニュー制覇したくなるおいしさ!中目黒までわざわざ足を運ぶ価値ありですよ。


■deli fu cious

住所:東京都目黒区東山1-9-13
TEL:03-6874-0412
営業時間:12〜21時
定休日:水曜

Text:立岡美佐子(エフェクト)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください