麻布でプチ海外生活気分!?輸入食材スーパーに大興奮

麻布でプチ海外生活気分!?輸入食材スーパーに大興奮

ショッピング フード チーズ 東京都 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

麻布といえば、言わずと知れたインターナショナルタウン。世界各国の大使館やインターナショナルスクールが並び、英語表記の看板や街を歩く人々など、街並みそのものが海外のよう。そんなエリアを象徴する、世界中の食材が集まったスーパーマーケット「ナショナル麻布」でプチ海外生活気分を味わってみましょう!

Summary

まるで海外のスーパーに来たみたい!見たことのない食材の数々にワクワク!

「ナショナル麻布」があるのは、広尾駅から歩いて2分ほどの好立地。グリーンを基調としたシックな外観と英語表記の看板で、お店に入る前から海外スーパーに来た気分を味わえます。

店内は一見、一般的なスーパーマーケットと変わらない風景…と思ったのもつかの間、陳列されている商品のラインナップはさすがインターナショナルタウン。日本のスーパーではめずらしいハーブの数々にはじまり、種類豊富なオートミール、世界各国のスパイスやアルコールなど、普通のスーパーでは見ることのない食材がたくさん!

今でこそスーパーでも数々の輸入品を目にしますが、「ナショナル麻布」は50年以上も前から世界中の食材を扱ってきているということもあり、商品の種類もほかのインターナショナルスーパーよりマニアックでその数も圧倒的。料理好きならイマジネーションを刺激されてあれこれ新しいレシピにチャレンジしたくなっちゃいますよ!

おうち女子会をしたくなっちゃう食材がいっぱい!

世界中の商品を仕入れているので、フォトジェニックな食材やパッケージも多いという印象。おうち女子会で外国のおしゃれな食材を揃えれば一目置かれるパーティになること間違いなし!

まず驚くべきはこのチーズコーナーの大きさ!この1列、手前から奥までずらっと世界中のチーズが並びます。サラダやピッツァ、そのほか伝統料理など、海外の食卓にチーズは欠かせないんだとか。日本ではあまり知られていないチーズが多く揃っており、もはやチーズ専門店と言ってもいいくらい。

1番人気は「フェタ」(1200円)というギリシャのチーズ。山羊のミルクでできていて、そのままサラダに乗せたり、油で揚げたりしても食べられるそう。口の中でホロホロとほどけるような食感で、一度食べたらやみつきに!

フェタだけでも10種類以上は揃っており、その人気ぶりが伺えます。いつものメニューもワンランクアップした味と見栄えになりますよ!

ドリンクも珍しいものがずらり。今回チョイスしたのは、赤のドット柄がキュートなスペイン産サングリア(649円)とベリーの味がギュッと詰まったアイルランド産シードル(350円)。ちょっとテーブルに置いておくだけでもなんだか画になりますね!


自分で作るできたてホヤホヤのピーナッツバターはやみつきに

「ナショナル麻布」に来たら一度は試していただきたいのが、その場で出来たてのピーナッツバター(489円)!袋入りのピーナッツを専用の機械に入れると、搾りたてホヤホヤのバターが出てくるのでカップでキャッチ。出来たてをひと口舐めてみると、ほんのり温くて、風味が口の中でしっかり広がり濃厚。ピーナッツのほかにもアーモンド、ハニーローストのバターも作ることができるので、全種類作って味比べするのも楽しいですよ。

海外旅行で、現地のスーパーでちょっと買い出し…「ナショナル麻布」はそんな気分を味わえる場所。普段は出合えない食材に料理好きは大興奮すること間違いなし!そんなおうちごはんを充実させてくれる、国際色豊かなスーパーマーケットにぜひ足を運んで、プチ海外生活気分を味わってみてください!

Text:柴山たき(エフェクト)


●記載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください