京都水族館で夏休みの3日間限定、ホタルが主役のイベント開催!

京都水族館で夏休みの3日間限定、ホタルが主役のイベント開催!

イベント NEWS 水族館 期間限定 京都府 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2018年7月14日(土)~7月16日(祝・月)の3日間、京都市下京区にある京都水族館にて100匹のホタルを展示するイベント「なつとほたるとすいぞくかん」を開催。イベントの開催期間中は営業時間を20時まで延長します。

Summary

ホタルの光を100個の小瓶に閉じ込めて

水田に多く生息し、1分間に30〜40回ほど光を点滅させる「ヘイケボタル」。18時以降、館内「京の海」エリアでは、ホタルたちが柔らかい光を放つ小瓶を100個展示!普段は間近に見ることのできないホタルを、さまざまな角度からじっくりと観察することができます。

ランタンの光で浮かびあがる「京のほたることば」

「京の海」エリアでは、ホタルの生態や特徴を「ホタルは光る、そして鳴かない」「声に出さないメッセージ聞こえへん?」などの京ことばで解説。透明の箱に書かれたホタルからのメッセージが、ランタンの光で浮かびあがり、館内に幻想的な雰囲気を漂わせます。

ペア限定!体験プログラム「ほたると恋のものがたり」

「京の里山」2階テラスでは、19時~19時30分の間、下村 実館長によるホタルの「ほたると恋のものがたり」のプチ講演会が。ホタルの生態について解説するほか、ホタルの光をヒトの恋心に例えた和歌の話など、さまざまな視点からホタルの魅力について語られます。夜風が心地よいテラス席で行われる、18歳以上のペア限定のプログラムは、ぜひカップルで。
(18歳以上の1組2名で要予約。1日5組限定。1名につき入場料のほかに500円必要)

暗がりで光る「ほたるのひかりソーダ」を限定販売

イベント開催期間限定で販売されるのは、ホタルの光をイメージした光る氷が入ったオレンジ味のソーダ。暗がりで楽しみたい、夏の夜にぴったりのソーダです。ハーベストカフェにて1杯600円で販売。

夏の夜、水族館で催される3日間だけのホタルのイベント。寿命の短いホタルは、ほんのひとときだけ姿を見せてくれる夏の風物詩。今年の夏の思い出のひとつにいかが。


■「なつとほたるとすいぞくかん」

開催期間:2018年7月14日(土)~7月16 日(祝・月)
開催場所:京都水族館(京都市下京区観喜寺町35-1)
交通:JR京都駅→徒歩15分
受付時間:10~20時(通常は18時まで)
料金:2050円
※体験プログラム「ほたると恋のものがたり」は別途500円が必要

Text:小西 尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください