毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

作りたてがおいしい!老舗「上野風月堂 本店」の焼きたてカステラともちもちゴーフル

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 Eat カフェ スイーツ カステラ ドリンク
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

老舗菓子店「上野風月堂」といえば手みやげの定番ゴーフルが有名ですが、上野の本店には“作りたて”がおいしい新名物があるんです。それは歴史のある銘菓をモダンに進化させたスイーツというので、確かめに行ってきました!

Summary

老舗の風格がすごい!江戸時代から続く「上野風月堂」

上野松坂屋の向かいにある「上野風月堂 本店」。2017年に大幅リニューアルを行ない、ライブ感のあるオープンキッチンを設けたカフェがオープンしました。店の奥には江戸時代からの菓子道具の展示や松平定信が「風月堂」の名付け親といった史実展示があり、老舗の風格を感じます。

 

焼きたてが食べられるのは本店だけ!ゴーフルより歴史がある「東京カステラ」

新しくなったカフェの新名物が「焼きたて東京カステラ」と「ゴーフレーシュ」という2つのスイーツ。どちらも店内のオープンキッチンで作っていて、職人さんの手作業に見入ってしまいます!ふわ~っと甘い香りが漂ってきたら焼き上がりの合図。

実は「焼きたて東京カステラ」の元になっている「東京カステラ」は、清の最後の皇帝も愛したゴーフルより歴史がある商品。1個分ずつ型に入れて六面すべてに焼き色をつける、江戸時代からの伝統製法を守っている、知る人ぞ知る銘菓なんだそう。

その歴史ある「東京カステラ」を6cm角のミニサイズにしたのが新商品「焼きたて東京カステラ」。カステラはプレーン(300円)とイートイン限定のカラメリゼ(350円)の2種類。トッピングはホイップバター、小倉、ホイップクリーム、はちみつ(各80円)の4種類があります。

この日はスタッフおすすめのカラメリゼのカステラ、ホイップバター、小倉をセレクト。焼きたてのカステラはふわっとやわらさがありつつも、しっかり密度がある生地。コクのあるホイップバターと小倉をのせて食べると、おいしさにぐっと厚みが出てきます!パリパリしたカラメリゼの食感と香りもアクセントに。

「焼きたて東京カステラ」はテイクアウトもOK。トッピングは個別容器に入れてくれます。焼きたてのやわらかな食感を楽しむために賞味期限は翌日まで。家では軽く温めて食べるのがおすすめです。

 

冷やして食べる!もちもち生地と濃厚クリームの「ゴーフレーシュ」

もうひとつのカフェの新名物がこちら。“フレッシュなゴーフル”という意味を込めたオリジナルの「ゴーフレーシュ」です。シュガーバターとキャラメルの2種類の定番フレーバーに加えて、季節ごとに変わる限定フレーバー(各280円)が登場します。

「ゴーフレーシュ」も目の前のオープンキッチンで1枚ずつ焼き上げています。特殊な2枚の鉄板のあいだに生地をのせ、挟み焼きにするとプクッと膨れるのがおもしろい!

冷やした生地はしっとりもちもちの不思議な食感。たっぷり挟んだ濃厚なクリームと相まってクセになるおいしさです。日持ちのする従来のゴーフルとは違って、作りたてのフレッシュさを大切にしているので賞味期限は要冷蔵で翌日まで。

ドリンクを注文するなら、スイーツを引き立てる「ハンドドリップコーヒー」(580円)がおすすめ。世田谷の人気店「NOZY COFFEE(ノージーコーヒー)」で特別にブレンドした豆を、注文ごとに挽いていれる贅沢な1杯は、華やかで心地よい口当たりです。

本店でしか味わえない新名物スイーツは、気の利いた手みやげとしても喜ばれそう!ぜひ行ってみてくださいね。


◼︎上野風月堂 本店

住所:東京都台東区上野1-20-10
TEL:03-3831-3106
営業時間 :10時30分~19時30分
定休日 :無休(年末年始を除く)

Text:松本いく子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 五島夕夏 五島夕夏
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • YURIE YURIE
  • 6151 6151
  • kyoko_plus kyoko_plus
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ