PINKとBLUEが心をくすぐる。「めでたいでんしゃ」でときめきローカル旅

PINKとBLUEが心をくすぐる。「めでたいでんしゃ」でときめきローカル旅

おでかけ 絶景 ショッピング 雑貨
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

南海電鉄・加太さかな線を走るビビットな色の電車がとってもかわいい!ピンクか水色の通称「めでたいでんしゃ」が和歌山市駅と加太駅の間(330円)を25分かけて走ります。フォトジェニックな車内は、座席やサンシェード、ドアに床に、そして天井にも、ときめく模様がいっぱい。隠れアイテムのハートを見つけたらHappy気分になること間違いなしです!

Summary

ショッキングピンクのキュートな電車で「ハートマーク」を見つけよう

ピンクの電車の車内はすべて特別仕様で、赤と白を基調にしたレトロモダンな雰囲気。窓には鯛のキャラクターが描かれ、サンシェードは網をイメージしたデザインです。そして座席には、鯛をモチーフにした3種類の布が使われています。

座席の模様をよく見ると、ハート模様のウロコがある鯛がいます。「ハートのウロコを見つけたらラッキーな出来事がある」という噂があるので、発見したらすかさず写真におさめましょう。

魚の形をした吊り輪は手ざわりのよい木製。2両の車両には、たったひとつだけハート形の吊り輪があるんです。この吊り輪を2人でつかむと、素敵なカップルになれるかも。

壁に掛かっている加太漁港名産の鯛をイメージした縁起物もこんなにキュート。淡嶋神社のご祈祷済なので、ふれるとめでたいことが起こるとか。ここにも、ハートのウロコを発見!


水色のめでたいでんしゃは、海をイメージしたさわやかな雰囲気

ピンク同様ビビッドな車体は、SNS映え間違いなし。窓の部分が目になっていて、魚のようになっているのがわかります。

加太の美しい海には、たくさんの魚が棲んでいます。水色の電車は、その加太の海のなかにいるような雰囲気。座席には海の生き物がデザインされ、吊り輪はカニや貝の形があしらわれ、吊りポスターも海をイメージしています。

車内に描かれた大きな魚と小さな魚。何気なく見ていると、扉が開く瞬間に、小魚が大きな魚に食べれらてしまいました。思わず動画で撮りたくなる面白い演出です。

水面をイメージした床に描かれたフィン。ここは必ず足を置きたいポイント。ほかにもサーフボードや桟橋のイラストがあって、決めポーズの写真が撮れる絶好の場所です。

窓にはいろいろな海の生き物が描かれています。撮り方を工夫すれば、クラゲが空に浮かんでいるように見えます。

乗車記念に、めでたいオリジナルグッズを!

加太さかな線新オリジナル前掛け 3000円
加太さかな線新オリジナル前掛け 3000円

ホームに立っている駅員さんの前掛けに注目!かっこいい「加太さかな線新オリジナル前掛け」は加太駅で購入できます。この加太駅は明治45年にできた歴史ある駅。駅舎の柱は線路のレールをリサイクルしたもので、窓は、今はもう作る人がいない波打ちガラス。こんな歴史も隠れたみどころです。

めでたいさいふ(上)700円 ガーゼタオル(下)700円
めでたいさいふ(上)700円 ガーゼタオル(下)700円

乗車記念グッズはほかにもあります。めでたいでんしゃのロゴが入った、「めでたいさいふ」「ガーゼタオル」はいかがでしょう。購入は駅員さんに声をかけてくださいね。ちなみにこのグッズは南海なんば駅でも買えます。

改札を出ると、待合の座布団のなかにひとつだけ、「めでたいクッション」があります。地元の人が幟をリフォームして縫ってくれた貴重な一点ものだそうです。

加太は鯛の一本釣りで知られる港町。鯛や海をテーマにした「めでたいでんしゃ」の車内を楽しみながら、加太の街へ出かけましょう。


■めでたいでんしゃ(南海電鉄お問い合わせ)
TEL:06-6643-1005(南海テレホンセンター/8時30分~18時30分)
営業時間:電車の運行時間(日によって異なる。詳細は「めでたいでんしゃ」特設サイト参照。)
定休日:無休

text:松田きこ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください