緑に癒されながら旬を味わう。「庭のホテル」のプチ贅沢ランチ

緑に癒されながら旬を味わう。「庭のホテル」のプチ贅沢ランチ

食・グルメ ランチ 和食 レストラン レストラン予約 ディナー
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

「日本料理 縁(ゆくり)」は、伝統とモダンが融合した「庭のホテル 東京」にある、懐石料理レストラン。四季折々の景色を満喫できる中庭を眺めながら、旬の素材をたっぷり使った懐石料理を味わえます。ちょっと贅沢な和のランチを楽しみに出かけてみませんか?

Summary

「庭のホテル」で過ごす癒しのランチタイム

「日本料理 縁」の「縁」は“ゆくり”と読み、古語で“人の縁”を意味しています。人と人とが出会い、縁を結び、ゆっくりとくつろいでほしい、との願いを込めて名付けられたのだそう。

ホテルのエントランスの木立を抜け、石畳を進んでいくと見えてくる、瓦屋根が印象的な離れが「日本料理 縁」。建物の手前には緑あふれる庭が広がり、都内とは思えないほど、ほっとくつろげる静けさです。

床から天井までの大きなガラス窓からは中庭の景色が楽しめます。店内は照明に和紙を使ったり、格子を壁にあしらったり、日本の伝統美を随所に取り入れた和モダンな空間。すべてテーブル席で、リラックスして食事を満喫できます。

バラエティ豊かな料理が楽しめる懐石膳

懐石膳「奏(かなで)」 4000円(税・サービス料込)
懐石膳「奏(かなで)」 4000円(税・サービス料込)

ランチは3種類のコースから選べます。なかでもイチオシは懐石膳「奏(かなで)」。普段のランチに比べると少々お高めの印象かもしれませんが、産地直送の魚介や野菜などが丁寧に調理されていて、素材のクオリティとメニューの充実度は抜群。満足すること間違いなしです!

着物姿のスタッフがテーブルまで料理を運んできてくれます。しっとりと上品な雰囲気もステキですよね。

ひと皿ごとに愛情を感じるおもてなし

懐石膳「奏(かなで)」は、先付、前菜、お造り、焼物、煮物、揚物、食事、本日のデザートで構成されています。味わいや食感が異なる料理を少しずつ味わえるのも魅力です。

メニューは月替わりで、夏はアユやハモ、秋はもみじ鯛やカマスなどが並ぶことも。

こちらは先付と5品の前菜の一例。板の上に置かれた前菜は、食べやすい小さめサイズ。

お造り、焼物、煮物、揚物はそれぞれ小鉢に盛り付けられ、ワンプレートで提供されます。料理に合わせて器も変えているそう。

ひとつひとつの料理の味はもちろん、上品ながら、親しみやすい雰囲気も魅力のひとつ。“本格的な懐石料理は初めて”という方は「日本料理 縁」で、懐石料理デビューしてみませんか?

text、photo:粟屋千春

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください